藤井寺南小学校の歴史

年・月 内       容
昭 和
1960. 4




1962. 7

1963. 9
     10

(35)




(37)

(38)
1964.10




(39)
1966. 2

(41)


     11
1967. 3
1968. 1
     10
1970. 4


      6
(42)
(43)

(45)
1971. 9
1977. 4
1979.10
1981. 4
1983. 8
(46)
(52)
(54)
(56)
(58)
藤井寺小学校より分離して、美陵町立中学校移転跡地(現藤井寺西小学校地)に
 
「美陵町立藤井寺南小学校」が開校する。
   藤井寺小学校区より近鉄南大阪線以南区域を分離し、新築移転した町立中学校跡
  地校舎を使用する。従来の藤井寺小学校野中分校は、同時に本校の分校として発足
  し、1〜4年の野中地区児童を収容する。
プールが竣工する。竣工祝賀会を開校3周年記念式典と共に町主催で行う。
校歌を制定、記念式典で発表される。
・学校統合のため、藤井寺南小学校、同野中分校が廃止される。
美陵町立仮称美陵小学校設置。同月、「美陵町立藤井寺南小学校」と校名を変更。
 従来の本校は
「南分教場」、野中分校は「野中分教場」となる。
・美陵町藤井寺337番地(現在地)に、新設校舎の第1期工事竣工する(現本館)。
   これに伴い、「野中分教場」廃校式を行う。南分教場より新校舎へ、野中分教場
  より新校舎及び南分教場校舎へ移転。
        ※この年10月に東京オリンピック開催。
   
10月20日、新校舎の使用を開始する。この日を記念して、昭和41年度より学校
  創立記念日
10月20に変更制定する。(それまでは10月1日)
第2期工事竣工する(現南館)。                      
   3月5日より全学年が新設校舎の使用を開始。これに伴い、「南分教場」は廃校
  となる。開校以来、
初めて現在地の校舎で全学年が揃う。
・市制施行に伴い、「藤井寺市立藤井寺南小学校」と改称。  ※11月1日、藤井寺市誕生。
体育館が竣工する。
校舎増築竣工する(旧西館)。
・花と緑の推進校となる。教材の森、藤棚、その他、中庭の整備を行う。
・本校より分離して「藤井寺西小学校」が開校する。これにより
本校通学区域変更
  《西古室1丁目、藤井寺1・2・4丁目、東藤井寺町、春日丘1〜3丁目、
   春日丘公団住宅
(現春日丘新町)の区域を分離。》
プールが竣工する。(25mプール 及び小プール)     ※この年大阪で日本万国博覧会開催。 
給食配膳室が竣工する。同年10月1日より給食開始
・養護学級(現支援学級)を開設する。
創立20周年記念事業を行う。(記念式典・記念碑建立・記念誌発行・記念運動会)
・諸費徴集の銀行振込制度開始。
・校門(東門・南門)の拡張整備工事を行う。
平 成
1989. 9
1993. 8
1994. 8
1995. 8
1997. 9
1998.10
1999.10
2001. 8
2006. 3
(1)
(5)
(6)
(7)
(9)
(10)
(11)
(13)
(18)
2009.10
2012. 2
2016. 4

2017.10

2018. 3
(21)
(24)
(28)

(29)

(30)
創立30周年記念事業を行う。(飼育舎の建設、航空写真下敷き配付 等)
・全館の窓,扉のアルミサッシ化工事を行う。
・全館の電気配線,TV配線及び各室照明等の全面改修工事を行う。
・校舎大規模改修工事を行う。(本館・西館の内外壁及び各教室の黒板等の改修) 
・西館3階に
パソコン教室が完成する。
南館の耐震補強大規模改修工事が完了する。(1・2階耐震壁、トイレ改修 他)
創立40周年記念事業を行う。(築山整備、航空写真下敷と記念タオルの配付 等)
・体育館の照明・電気配線の全面改修工事が完了する。
・西館前にビオトープが完成する。
創立50周年記念事業を行う。(記念式典、航空写真撮影、記念CD制作 等)
体育館の耐震補強工事が完了する。
・本館耐震補強工事及び西館建て替え工事を開始する。(本館1階に
相談室設置。本館
 3階第1図書室を
メディアルーム〈情報教育教室〉に改修。)
本館耐震補強工事及び西館建て替え工事が完了する。(西館に集中下足室を新設。
 出入口の前庭となる中庭を舗装・改修。)
・運動場の登下校通路の整備を行う。

「年表で見る藤井寺市のあゆみ」へ   

トップへ   学校のご案内