.

藤井寺市立藤井寺小学校

ムリだときめつけ、あきらめたりしない。たくましい藤小の勇者たち 校長

7月13日(金)

カレーライス(5年4組)

5年4組のみなさんありがとう!とても美味しいカレーライスでした。調理実習で協力して作ったそうです。ちゃんと持ってきてくれるなんて・・・こころのこもった料理は人を感動させます。感動しました。今日から懇談が始まっています。暑いので空調のきいた会議室を保護者のみなさまに開放しています。兄弟姉妹の懇談の待ち時間等に遠慮なくご活用ください。

7月13日(金)

非行防止教室(6年生)

羽曳野警察著の名物警察官の木田さまをお招きし6年生のみなさんを対象に非行防止教室が開催されました。小学生ということで手品などのまじえながらの楽しいお話ですが、お話していただいている内容はかなりのインパクトがあります。今日は暑かったので空調のきいた多目的室での学習は快適でしたね。将来悪いことをして留置場や刑務所に入らないようにしてくださいね。木田さまのお話は一流の噺家(はなしか)並みでした。ありがとうございました。

7月13日(金)

2年生安全見守り学習

いつも子どもたちの見守り活動をしていただいている田中さん、林さん、井本さん、岡本さんをお招きして2年生のみなさんにお話をしていただきました。どんな思いでこの活動を続けておられるのか、そのきっかけや嬉しいこと、子どもたちへのメッセージなどをまじえてお話をしていただきました。子どもたちは登下校のコースごとにわかれて日頃お世話になっている見守り隊の方からお話を聞くことができました。暑い中、ありがとうございました、見守り隊の方々のご紹介は夏休みにこのHPで紹介させていただきたいと思っています。よろしくお願いします。

7月12日(木)

6年生 花いっぱいプロジェクト 駅前広場 定植完了!

7月12日、6年生全員が駅前に集まり、自分たちで育てた花の苗を駅前サークルベンチや駅周辺の歩道に置くプランターに定植作業を行いました。藤井寺市都市整備部や富田林土木工事事務所、藤井寺駅周辺まちづくり協議会、そして保護者のみなさんに協力していただき、無事終了しました。駅前周辺には、子どもたちが植えたペチュニアなどのかわいい花で、色鮮やかな温かい街並みになった気がします。また駅前周辺で仕事をされている方々も、子どもたちが定植したプランターの水やり協力を温かく引き受けて下さり、ありがとうございました。この活動を通して、子どもたちもよりよいまちづくりに貢献でき、自分たちにできることを考えるよいきっかけになりました。(文責 教頭)

7月12日(木)

いったい何メートル?(4年2組)

「校長先生、私たち4年2組は長い和飾りを作成しました。スゴイので見に来てください。」探偵ナイトスクープの爆笑小ネタ集の依頼のような内容ですがいったいどんなものなのか楽しみです。教室に入るとすでに全員が着席していました。代表の今井さんが「今日はお忙しいところ4年2組に来ていただきありがとうございました。私たちで和飾りを作ったのでみてください。」予想以上の丁寧なお迎えに恐縮です。早速みなさん手際よく和飾りを伸ばしていきます。一定の間隔毎にスティックのりをもった補修班のメンバーがいて伸ばしている途中で切れてしまっても驚くほどの素早さとチームワークで補修していきます。4年2組の教室から廊下を横断し階段をくだり、北館の途中まで伸びていきました。スゴすぎます。何と私の手の長さで35ヒロありました。ということは1.5m×35ヒロ=52.5m。みなさん日頃ちゃんと勉強してるのか心配になるほどでした。

7月12日(木)

着衣水泳(2年生)

今日は1年生と2年生が服を着たままの着衣水泳に挑戦しました。いつもと同じ動きをしてみますが服が体にへばりつき水中で思うように動くことができません。これはいざという時のためにパニックにならないようにするためのトレーニングです。今日も藤幼の子どもたちがやってきてくれました。きちんとサンダルを揃えてくれています。さすが!みんなガンバレ~

7月12日(木)

絵本の読み聞かせ(1年生)

絵本の読み聞かせのために暑い中、今日も4人のブックママさんがやってきてくれました。1年生にとって入学してから絵本の読み聞かせははじめての体験です。「机を後ろにさげて、静かにすわりましょう」というところから入っていくことになりますねぇ。とブックママさんたちと階段を上がりながら話していましたが、いざ教室に到着してみるとその必要は全くありませんでした。子どもたちはすっかり準備を整えいつでも聞く姿勢ができ上がっていました。担任の先生方、ご苦労さまです。みなさんも偉かったね。幼稚園や保育所、おうちの経験から読み聞かせが大好きな児童が多いように感じました。素晴らしい食いつき方です。ブックママさん達の技術も大きいと思います。廊下には七夕から飾っている笹があります。願いは叶ったかな。

7月11日(水)

白い蝉

1時間目の授業が始まってしばらくした頃、コンコン、校長室のドアをノックする音が聞こえ4年生の黒岩さんと松並さんが静かに訪ねてきました。「あのぉ、幼門の鍵を貸してもらうことってできますか。」「どうしたの?」「校長先生、これ」と見せてくれたのは幼虫から羽化したばかりの白い蝉(セミ)でした。どうやら登校途中にアスファルトの上に転がっていたのをほっておけなくて連れてきたようです。羽化に失敗し木から落下したのかもしれません。「桜の木にとまらせてあげたいのです」「では一緒にいきましょう。担任の先生は知っていますか」「はい」三人で最適な桜の木を探しました。弱っている白い蝉はもはや自力では木にとまることはできません。かといって木の下にはたくさんのアリがいます。その後5~10分程度探していると、比較的平らで高さがあり、アリもこない良い場所がありました。「あとはこの子の生命力にかけるしかないよね」と話していると担任の五島先生がやってきました。三人が夢中になって白い蝉を逃がす場所を探している間、五島先生は帰りの遅い二人を心配して校内を探し回っていたようです。五島先生ごめんなさい

7月10日(火)

つどうホール体験学習(6年2組)

担任の古澤先生、生活指導の藤井先生とともに6年2組のメンバーがつどうホールに行きました。年配の先輩方と楽しく過ごすためにはどんなことを企画すればいいのかを実行委員を中心にほとんど先生の手を借りず一生懸命考えてくれたと聞いています。その甲斐あって感動的な素晴らしい交流ができましたと帰ってきた二人の先生方から報告をうけました。すごろくやカードゲーム、ボウリングなど手作りです。最後は「上を向いて歩こう」を合唱したそうです。お疲れ様。さすが6年2組。

7月10日(火)

飼育委員

お昼休みの時間を利用して飼育委員のミーティングが行われました。みなさん修行僧の話を聞いています。「かぶと虫の森」の運営の依頼です。ドヤTも運営に参加してくれます。雨の日も風の日もウサギたちのお世話、本当にありがとう。かぶと虫もよろしくお願いします。

7月10日(火)

プールの水深を変えています

プールは各学年2時間の枠がとられています。昨日は4,5,6年生のプールがありました。おおむね高学年の日と低学年の日にわかれています。主な理由はプールの水深の違いです。1年生をはじめ低学年では先生方がプールの水を抜き水深を浅くしてくれています。また先生方が気をつけてくれているのが、水を抜く⇒水を入れる⇒水を抜くの作業のさじ加減です。水も大切な資源です。できるだけ無駄が少なくなるよう心がけてくれています。今日は2年生が3,4時間目、3年生が5,6時間目にありました。泳ぎ込みも行われみなさんがんばっていましたよ。見学の子どもたちは日陰のベンチに座ることができます。

7月10日(火)

児童集会

朝から強い日差しが照り付けます。今日の児童集会は美化緑化委員会が担当してくれました。正しいほうきの使い方、チリトリの使い方、雑巾のしぼり方、机の運び方など悪い例や高学年・低学年の場合などこまかく寸劇で説明してくれました。よくわかりましたよ。ありがとう。集会が終わってから修行僧のところに飼育委員のみなさんが集まっていました。「かぶと虫の森」についてのお話です。私からは西日本豪雨についてお話させていただきました。終業式まで登校する日は今日を入れてあと8日です。

7月9日(月)

かぶと虫の森

かぶと虫飼育でお世話になっている中村さんの協力により「藤小かぶと虫の森」がオープンする予定です。場所は職員室前です。委員会を中心として成虫⇒卵⇒幼虫⇒サナギ⇒成虫への観察とお世話をしていきます。楽しみにしておいてください。ところで現金すくいのドヤ顔スプリンターでおなじみの藤井先生はアトラスオオカブトムシの飼育に成功しているそうです。アトラスオオカブトムシはネパールやフィリピン・インドネシアなどの熱帯地方が原産の3本の角が大きな特徴の巨大カブトムシです。もちろんペット飼育の心得とマナーを守っています。詳しくは藤井先生に聞いてね。

7月6日(金)

四季を感じる

もうすぐ梅雨がおわります。本格的な夏のはじまりです。みなさんは四季の移り変わりを何で感じていますか。気温ですか。咲く花や木々ですか。食べ物ですか。私は校長室に居ながら四季を感じることができます。支援ボランティアの八木先生の作品です。ステキでしょ。機会があれば見に来てください。もうすぐ夏がやってきます。

7月6日(金)

大雨

全国的にみてすでに大きな被害が発生しているところもある今回の大雨。本校でも7時20分に打合せをおこない、教職員によるコース毎の登校指導が行われました。ただ交通状況もあり半分ほどの先生方での対応になりました。藤井寺市では台風にともなう警報と特別警報が発令された場合休校となります。これは市町村により対応は異なります。近隣の市町村でも土砂災害の危険性があるところは台風に関係なく警報発令で休校措置をとっているところがあります。藤井寺市は石川・大和川囲まれていますが、これは警報に関係なく危険水位に近づいた場合に独自の判断基準があります。ちなみに本日の最高水位は危険水位の4m下でした。また仮に避難勧告が発令された場合、課業中であれば子どもたちを学校で保護するという考えで進んでいきます。その場合、保護者引き渡しとなります。課業前であれば特別警報に準ずるという考えで行動します。さて今日・明日・明後日に大雨の可能性があり本校では藤井先生アナウンスによる放送集会を実施しました。放送内容も藤井先生が考えてくれました。以下放送集会の内容です。少し長いですがご一読ください。「これから先生から大切なことをお話します。全員話が聞けるようになっていますか?皆さんの住む藤井寺市では昨日から現在にかけても雨が降り続いています。大雨の警報、洪水の警報は注意報となって今も発令されています。この先何日間かは雨が降る予報も出ています。また大阪府の別の場所では避難をしている場所もあります。今からお話しすることを聞いて自分の安全に気をつけましょう。 ①大雨による特に危険な場所について 大雨でみなさんの校区内にある溝、川、池なども大変水の量が増えています。場所によっては流れが速い場所、水があふれている場所もあり、大変危険です。水が増えている場所には絶対に近づかないようにしましょう。おもしろそうだと思って、自分たちから近づいたり、物を投げ込んだりすることも絶対にしてはいけません。また、雨の水が土にしみこみ、土砂崩れもおきやすくなっています。上から何かが崩れ落ちることも考えられます。そのような場所にも近づかないようにして下さい。 ②いつもより『しっかり周りを見て行動する』ということです。大雨の日は雨の音や目の前の傘のせいで車の音や周りの音に気が付きにくかったり、道路が滑りやすく大変危険だったりします。下校中は、・横並びに歩いて、おしゃべりに夢中になることがないようにしましょう。・傘を目の上まで持ち上げ、歩くようにしましょう。・水たまりをよけるときなども、車や自転車などに注意です。今日は皆さんが帰る時に先生たちがそれぞれのポイントに立ったり、まわったりしています。何か気になることがあれば声をかけてください。 ③放課後の過ごし方とこの週末のお話です。 今日の下校中、放課後、それから明日、あさって(土曜、日曜)は天気によっては、必要な時以外は外出をせず、できるだけ大人の人と行動を一緒にしたり、相談しながら行動するようにしましょう。 以上3つのお話をします。担任の先生ともお話をし、安全にこの週末を過ごすように心がけてください!以上でお話を終わります。」大雨にも関わらず飼育係りはウサギ達のために活動してくれています。ご苦労さまです。ありがとう。

7月5日(木)

歯磨き指導(3年生)

歯科医師の奥野先生・歯科衛生士の長瀬先生、竹田先生を講師に招き、3年生のみなさん対象に歯磨き教室が開催されました。歯を紫色に染め、歯の歯垢の様子も確認できましたね。また歯と歯の間にはたくさんの歯周病菌がいることも顕微鏡画像のモニター映像で確認することができました。毎日のブラッシングの大切さがわかったと思います。食事あとの歯磨きをサボると必ず虫歯菌や歯周病菌が倍増し歯だけでなく身体のあちこちおかしくなってくるそうです。こわいですねぇ。これからもしっかりと歯磨きをしてくださいね。

7月5日(木)

精気を吸い取られてしまいそう(1年1組)

1時間目に1年1組のひらがなのテスト監督を私がすることになりました。これまでのキャリアの中で中学生・高校生・大学生そして小学6年生の授業をしてきましたが、小学1年生の授業を受け持つのは生まれて初めての経験です。怖ろしい体験でした。なんというエネルギーとパワーでしょうか。34コの強烈なエネルギーがそれぞれ別の方向へとすすんでいきます。そしてこの子たちはかわいい顔してディメンターのように私の精気を吸い取っていきました。写真はようやく落ち着いてテストを受けている様子です。あぁ、疲れた。(7/6、追伸、昨日(7/5)の夜、このHPの文章を読み返していて「怖ろしい体験」「ディメンター」「疲れた」という言葉は誤解を招きそうなので釈明させてくださいね。その時間、うれしいことに子どもたちは15人ほどが同時に私に話しかけてくれました。聖徳太子ではないのでその対応に少し憔悴(しょうすい)してしまいましたが、疲れたというのも大変心地良い疲れですのでご安心ください。子どもたちも大変おりこうさんでしたよ。以上です。よろしくお願いいたします。)

7月5日(木)

絵本の読み聞かせ(2年生)

朝からすがすがしいといえばブックママさんによる絵本の読み聞かせもそうです。いつもはしっとりと落ち着いたムードのなかでの読み聞かせですが、今日の雰囲気は少し違います。各クラスからたくさんの笑い声が聞こえてきました。今日もありがとうございました。

7月5日(木)

朝のあいさつ(4年2組)

「おはようございます」朝から子どもたちの元気な声が聞こえてきます。4年2組のメンバーが正門でのあいさつ運動に参加してくれていました。あいにくの天気ですが今日も一日すがすがしい気持ちでスタートすることができました。ありがとうね。

7月4日(水)

国語の授業(1年2組)

中屋先生が担任の1年2組にお邪魔しました。今日は藤井寺市立小学校教育研究会国語部の研究授業です。国語部の今年度の研究テーマは「伝え合う力を高める、楽しい授業をめざして」です。今回の授業では子どもたちがつまずきやすい「は」と「わ」、「を」と「お」、「へ」と「え」の使い方について学習していきました。人の話をしっかりきいて一生懸命に自分の意見を説明し、先生や周りの仲間に伝えようとする姿はなかなか感動的です。間違っても大丈夫。間違いなんてないかもしれない。これからも今日のように自分の意見をしっかり伝えてくれたらと思います。2組のみなさん、中屋先生、お疲れさまでした。

7月4日(水)

虎の爪痕(とらのつめあと)

お昼休み、校長室のドアをノックする音が聞こえ次の瞬間二人の女子児童が駆け込んできました。「校長先生、大変です!虎の爪痕があります。」「えっ!すぐに案内してください」本当であれば緊急事態ですが、現場をみるまではタヌキか何かの足跡を想像していました。運動場を横断し東館1F家庭科室の前にきました。たしかに動物の足跡のような跡が残っています。何でしょうか。猫の足跡にしては大きいような虎の爪痕にしては小さいような、くぼみを補修した跡のような・・・。また調査することが一つふえました。報告、感謝する。ご苦労さま。

7月3日(火)

プール(3年生)

5、6時間目の3年生のプールが始まる前に生活指導担当の藤井先生が10分ほどの時間をかけてプール専用アミを使用し何かをすくっています。すくえるのは苔のかけらや小さなゴミ、小さな虫の死がいばかりです。今日も目的の現金はすくえなかったようです。残念。3年生はビート板を使ってのバタ足の練習を中心に授業が組み立てられていました。最後にみなさんの大好きなリバープール。明日から雨の予報です。プールにはいれるかな。(本人了解済)

7月3日(火)

プール(2年生・藤井寺幼稚園)

日に日に真っ黒に日焼けしていく私を見て「ちゃんと仕事してるの?」とうちの奥さんは言います。学校をサボって魚釣りに行っているのではと疑っているのかもしれません。今日は藤井寺幼稚園の仲間たちもプールにやってきてくれました。三浦園長代理の話をしっかり聞いて約束事を守っている姿は本当に愛らしいと感じてしまいます。今日もプールを楽しんでくれたかな。2年生のみなさんも蹴のびからストリームラインができてきました。

7月3日(火)

~サッカーによせて~

~サッカーによせて~谷川俊太郎「けっとばされてきたものはけり返せばいいのだ ける一瞬にきみが自分にたしかめるもの ける一瞬にきみが誰かにゆだねるもの それはすでに言葉ではない 泥にまみれろ 汗にまみれろ そこにしか憎しみが愛へと変わる奇跡はない 一瞬が歴史へとつながる奇跡はない からだがからだとぶつかりあい 大地が空とまざりあう そこでしかほんとの心は育たない 希望はいつも泥まみれなものだ 希望はいつも汗まみれなものだ けっとばされてきたものは力いっぱいけり返せ」サッカー日本代表のベルギーとの試合、負けはしたものの本当に素晴らしかったなぁ。

7月3日(火)

チャレンジ・スピリット

今日の全校朝会は朝から強い日差しが照りつける運動場で行われました。風紀委員の代表3人からボールの扱い方について説明と注意がありました。炎天下ということでできるだけ短時間の集会になるよう心がけました。以下、私からの話です。「みなさんはチャレンジ・スピリットという言葉を知っていますか。挑戦する心、前向きにやってみる気持ちという意味があります。校長先生はこの1学期にたくさんのチャレンジ・スピリットをみることができました。一生懸命縄跳びを練習し新しい技に挑戦した仲間、鉄棒でできない逆上がりに懸命に取り組んだ仲間、勉強でわからなかったところを毎朝先生に聞きに来た仲間など本当に素晴らしかったと思います。難しい問題や課題に「できない」「ムリ」という言葉を簡単に言わない仲間たちがそこにいました。できなかったことができるようになる。そのために必要なことは「努力」「簡単にあきらめない」「自分の可能性を信じる」ことだと思います。夏休みまで登校する日は今日をいれてあと13日。チャレンジ・スピリットをもって過ごしてください。」

7月2日(月)

プール(5.6年生)

最近プールの授業において陸上監視をする場合が多いので、なかなか教室に足を運ぶことができませんが、みなさん暑い中本当によく頑張っていると先生方から聞いています。今日のプールは5,6年生。平泳ぎ(ブレスト)を中心に学習がすすめられていきます。体育の授業をみていると保健体育科の血が騒ぎますがじっと我慢の陸上監視です。でもさすがに上級生です。動きに無駄がすくなく落ち着いて授業を受けることができていました。

7月2日(月)

集団下校訓練(全学年)

金曜日に集団下校訓練が行われました。下校コースごとに教室や体育館に集合し、諸注意のあとコースごとにまとまって下校します。ここで人数はもちろん、放課後児童会への参加なども確認していくので一回目の今回は時間をかけて丁寧に確認していきます。また、今回は大阪北部地震をうけて、事前に先生方が確認しておいた下校コースでの危険場所や保護者の皆さまからご指摘いただいた場所をはじめいざ地震が起きた時の対応などについても確認していきました。いつも以上に時間をかけましたが実りある訓練になったのではと思います。

6月28日(木)

藤井寺市こどもの安全確保推進会議

大教大付属池田小学校の事件が起こったのが平成13年。今から17年前になります。この事件をうけて毎年6月が子どもの安全確保推進月間に指定されています。多田教育長のご挨拶のあと、私たち藤小の子どもたちにも毎年ご講演いただいている羽曳野警察の木田係長様、スクールガードリーダーの越智様から「藤井寺市のこどもたちを守るために」というテーマでのお話を聞くことができました。内容についてはまた、PTAの会議などで伝達していきますね。本校からは地域を代表していつも見守り活動をしていただいている山田様と田中様にも参加していただきました。藤小にとっては大変心強い応援団です。いつもありがとうございます。

6月28日(木)

教育実習研究授業(3年2組)

およそ1ヵ月にわたって実施された野元先生の教育実習が明日で終了します。今日はその成果を試す研究授業。担任の吉本先生や学年の先生方の指導のもと、この1ヵ月で子どもたちとの絆も築けたことが授業をみていて感じることができました。2組のみなさん、ご協力ありがとうございました。授業後の研究討議会で「実習の間、子どもたちと接していて気の抜ける時間帯がほとんどなく、教師という仕事の大変さがよくわかる1ヵ月でした。そんな大変な仕事でも先生方がこの仕事を選んでそして辞めない理由もわかった気がします」という野元先生の言葉が印象的でした。実習お疲れ様でした。

6月28日(木)

幼稚園・保育所交流(5年生)

先生方の力も少しだけ借りながら、5年生の幼稚園・保育所交流実行委員のメンバーが企画運営・司会進行を担当してくれています。少し遅れての参加でしたが体育館に入って子どもたちの圧倒的に楽しそうな雰囲気のためか私も30秒で楽しくなってきました。新聞紙じゃんけんやフラフープくぐりなど力を合わせて楽しんでくれていました。来年はお互い6年生と1年生としてペア学年になります。よろしくね。

6月28日(木)

算数の授業(2年3組)

黒板の上にはカラフルで楽しく温かい学級目標が掲げられていました。このクラスの担任は須田先生です。算数の授業を参観させていただきました。この授業のめあては「テープのながさをくわしくしらべよう」です。これまで1㎝単位のマスの簡易定規での計測でしたがこの日はじめてミリ単位も計測できる30㎝の定規が担任から配られました。子どもたちは本当に嬉しそうにミリ単位のものまで計測していました。また世界が広がりましたね。

6月28日(木)

プールの授業(1年生)

1年生のプールの授業です。気温も水温もあがってきました。楽しみながらも色んなことを学んでほしいと思います。4枚目の写真は「大巨人とこびとたち」ではありません。「ムーミンパパとニョロニョロ」でもありません。藤小で一番大きい心優しきハグTと1年生の子どもたちです。

6月28日(木)

朝のあいさつ運動・登校時見守り活動と絵本の読み聞かせ

水曜日から「朝のあいさつ運動・登校時見守り活動」が始まっています。4年生からのスタートです。この取り組みが始まって4年目になるそうですが、朝のお忙しい時間帯にありがとうございます。すぐに結果がでるようなものでもなく地道な取り組みですがどうぞよろしくお願いします。さて、今日は木曜日。ブックママさんたちによる絵本の読み聞かせです。3年生の子どもたちとともに参加させていただくことができました。子どもたちが作成した風鈴の音色が良い意味でのバックミュージックになり、ほとんどの子どもたちや先生方もひとときの間、暑さを忘れて物語の世界に入りこむことができたようです。

6月27日(水)

地区研(4年4組)

今日は地区研(南河内地区小学校教育研究会)の日です。教科ごとに部があり研究授業や討議会などを通して教員の授業力向上を南河内地区として目指しています。その中の算数部の授業が4年4組を舞台として行われました。授業者は松村先生です。たくさんの先生方が見守る中での授業は子どもたちにとっても授業者の松村先生にとっても大変なことですが、後の討議会では松村先生の授業、そして4組のみなさんの学ぶ姿勢と算数を楽しむ態度が大きく評価されていました。大変良くがんばりました。

6月27日(水)

市教委訪問指導(ひまわり)

今日は藤井寺市教育委員会の訪問指導です。本校にお越しいただいたのは担当指導主事の豊崎先生です。子どもたちは順番を守りまわりの手助けをしチャレンジしていくことを目標に暑い中、楽しみながら頑張っていました。ひまわりの先生方はいつも温かく子どもたちを見守ってくれています。子どもたちがお互いの良さやちがいに気づき、認め合う心や仲間を思いやる心が育ってほしいと願ってくれています。それでも新しい情報や指導方法などを第三者的視点でアドバイスや指導をいただけること、それを藤小らしく実践していくことは大切です。豊崎先生、ありがとうございました。

6月27日(水)

インタビューⅡ(4年4組)

石井さん、松下さんが校長室にやってきました。この二人も事前にアポイントメントをとっての来室です。「児童が校内にいる時に大きな地震が発生した場合、私たちはどんな行動をとればいいのかを教えてください。」良い質問です。「基本的には避難訓練通りに行動してください。まずは落ちてくるものやガラスが割れた場合に備えて、揺れがおさまるまで机の下に身を隠します。そして階段や廊下の安全が確認できれば運動場に避難してもらうことになります。」そこで休み時間終了のチャイムがなりました。立派なインタビューでした。ところで3年生の廊下には子どもたちの図工の作品が展示されています。風鈴です。涼しげでやわらかな音色を残し風が通りぬけていきます。

6月26日(火)

図書の時間(4年3組)

4年3組の図書の時間に出張に出かけた担任の田中こうや先生の代わりに私が入らせていただくことになりました。いつもは司書の鳥羽先生が本の読み聞かせをしてくれるそうですが、今日は夏休みの課題図書について説明していただくことができました。子どもたちの読書に取り組む姿勢と態度は私が感心するほどです。良い本との出会いがあればいいですね。

6月26日(火)

花いっぱいプロジェクト(6年生)

先週の地震で延期になっていた花いっぱいプロジェクトのプラグ苗をポットに移殖する作業がおこなわれました。富田林土木事務所のみなさま、藤井寺市まち創造課のみなさま、地域のみなさま、保護者のみなさまと共に6年生はそのスタッフという自覚をもって取り組んでくれているようでさすがという感じがしました。ご指導いただいた農学博士の寺田さま、ありがとうございました。

6月26日(火)

プールと修行僧(1,4年生)

先週とうって変わって今日は暑い晴天になっています。プール日和です。4年生のみなさんはクロールの泳法、ストリームラインなどの技術的なことを学習しています。6年生の花いっぱいプロジェクトがあったので見に行くことはできませんでしたが1年生のみなさんも念願のプールに入ることができたようです。「あるといってよ~」の当人に「プールはどうでしたか?」と聞いてみたところ「プールの水、なんでこんなに冷たいの!シャワーはもっと冷たいし!」とおこっていました。ハハハ、可愛すぎて笑ってしまいました。ゴメンナサイ。ところで藤小では給食からお昼休みの時間に「大改造、劇的ビフォーアフター」でもおなじみの曲などが流れています。リラックスできるとても良い選曲だと思います。4枚目の写真はまるでそのスタッフのようないでたちで修行僧スタイルの首席の梶谷先生がツルレイシのネットを張っています。本校では首席という仕事、教頭先生と同じでまさに何でも屋さんです。ありがとう、梶谷修行僧。

6月22日(金)

つどうホール出前授業(6年生)

6年生のみなさん対象に出前授業が行われました。講師はつどうホールの藤井さまと蛭子さまです。つどうホールの施設の紹介やどんな人たちがつどうホールを利用しているのかなどを教えていただくことができました。「お年寄りと聞いてどんなことが思い浮かびますか」という質問に「耳がとおい」「物忘れ」などどちらかと言えばマイナスなイメージを持つ子どもたちが多い中、講師の先生の説明が印象的でした。「今、君たちは大変豊かな生活を送ることができている。しかし、70数年前は戦争で食べるものもない時代だった。その困難な時代を生き抜き、今の日本を築きそして日本の未来を切り拓いてきた大切な人たちであるということを忘れないでほしい」良い学びができましたね。次は実際につどうホールに行って交流しますよ。

6月22日(金)

プールにあるブロック塀

久しぶりの晴天でプール日和です。6年生と4年生がプールの授業を行いました。ところで本校のプールにもブロック塀があります。建築基準はクリア―しているとのことですが不測の事態に備えて念のため、どの学年の先生方もできるだけ「塀の前には座らせない」「子どもたちがシャワーを浴びる時には塀の横で順番待ちをさせない」などの対応をとってくれています。建築基準をクリアーしているとはいえ不安がある以上、基礎から上のブロックを取り払い比較的安全なフェンスへの付け替えを要望していきます。

6月22日(金)

ローテーション道徳(1年生)

本校ではローテーション道徳にも取り組んでいます。道徳の授業は基本的に担任が1年間を通して指導し子どもたちの特性や変容を確認しながら進めていきます。このローテーション道徳では例えば2組担任の中屋先生が「もりのプレゼント」という教材を専門的に研究し1組、2組、3組に指導します。中屋先生が1組で「もりのプレゼント」の授業をしている場合、2組では森本先生、3組では後藤先生が道徳の別の教材の授業を行います。ローテーション道徳のメリットは「一人の教師が同じ教材を深く研究し準備を行い実践できる」「こどもは学年の担任以外の違う教師の授業を受けることができる」「担任は他クラスの子どもたちの特性や様子を知ることができる」「学年教師が綿密な打ち合わせや子どもの情報交換と共通理解ができる」「子どもたちの評価を担任だけでなく多面的に行うことができる」等です。デメリットは「道徳の評価を行う際に入念な打ち合わせや確認・情報交換の時間が必要になる」「同じ担任が子どもの変容をみとることができにくい」等が考えられます。しかし、年間を通してすべての道徳の授業でローテーション道徳を行う訳ではないので、ローテーション道徳を組み込むことはメリットの方が大きいと考えています。教室の外まで1年生の子どもたちの楽しそうな笑い声や歓声が聞こえてくる道徳の授業でした。

6月21日(木)

インタビュー

4年生の藤田さんが校長室にインタビューをしに来てくれました。彼女のスゴイところは、事前に校長の予定の確認するとともに、自分の予定と照らし合わせてインタビューの日時をきめ、それを再び校長に報告に訪れ、その時刻きっかりにたった一人でおくすることなく校長室にやってくる。大人でもなかなかここまでできないと思いますし、それを小学4年生がこなすなんて本当にスゴイと思います。またインタビューの内容もするどい。「石川・大和川の氾濫で避難所に指定されている藤井寺小学校にも水が押し寄せた場合、どこに避難したらいいのですか」「藤井寺小学校に避難が完了している場合、校舎の高い階に移動してもらいます。登下校などの場合は市役所やマンションなど高い建物に避難してください」などの内容です。校長としても今回の彼女の質問で避難所が災害にあった場合の対応をあらためて確認することができました。ありがとう。本当にスゴイでしょ。

6月21日(木)

プールだよ~ん(2.3年生)

天候不順により中止になっていたプールの授業。5年生に続き、ようやく2,3年生がプールに入ることができました。1年生のみなさん、もうすぐだよ。1枚目の写真はスクールフレンドの鳥羽さんです。水泳のスペシャリストで専門の個人メドレーでは大阪屈指のスイマーです。2枚目の写真は教育実習生の野元先生、現在野球の独立リーグの中心選手で打率も4割を越えているそいうです。スゴイですねぇ。二人とも子どもたちのために日々頑張ってくれています。きっと彼らが中学校2年生の時の担任の指導が良かったのだと思います。3枚目の写真、今日のような曇りの日は子どもたち曰く、冷たい水の「地獄のシャワー」。藤小では学年の先生以外に陸上監視(プールサイド)の先生が必ずついてくれます。腕組んで足のせてドヤ顔ですけど・・

6月21日(木)

藤井寺支援学校交流(6年生)

本日、本校6年生が藤井寺支援学校の6年生の仲間を迎え、交流を行いました。両校の6年生にとって、6年間続けてきた交流の締めくくりとなる直接交流でした。わくわく、どきどきしながら入場する支援学校の児童を、藤小児童が温かい拍手とアーチで迎えていました。交流タイムでは、両校児童が、好きな色や動物ごとに集まり、少し緊張しながらもハイタッチや握手をし、コミュニケーションをとっていました。両校児童にとって貴重な学びと絆を深める貴重な時間となりました。(文責 教頭)

6月21日(木)

読書タイム(4年生、ブックママ活動)

朝の読書タイム、4年生の教室にブックママのみなさんが来てくださいました。4年生は、全員が静かに夢中で絵本に集中し、わくわくしながら、ブックママさんの読み聞かせの時間を楽しんでいました。図書に対する関心が高まり、読みたいなと思える本が増え、読書習慣が身につくよう願っています。(文責 教頭)

6月20日(水)

「あるといってよ~」

2年生のみなさんが栽培しているトマトが収穫の時期を迎えました。美味しそうな実がなっています。しっかり育てることができましたね。えらかった。雨が降っています。今朝、幼門から少し入ったところでいつものように傘たたみを実践しながら子どもたちを出迎えていると1年生の子どもたちが集まってきました。「校長先生、今日プールあるやんな」「どうやろなぁ、雨ふってるしなぁ」「あるやんなぁ」「むずかしいかもしれんなぁ。担任の先生に聞いてみ」「あるやんな!!」「う~ん、たぶんないやろな」「あるといってよ~」悲痛な叫びでした。

6月20日(水)

ベルマークのお知らせ(5年生代議員)

「校長先生、代議員の放送は放送室でするのか職員室でするのかどちらかわかりますか」そう訊ねてきたのは5年生代議員の生駒さんと龍見さんです。「校長先生も知らないので職員室で聞いてみるといいよ」「ありがとうございました」そう言った二人は職員室に入っていきましたがすぐに出てきました。どうしたのかなと見守っていると二人で原稿を読み上げる練習をしていました。ほほえましいです。そして二人はドキドキしながら職員室へ再入室していき、いざ本番です。「代議員から連絡があります。これからベルマークを集めます。各教室にはベルマークの箱が置かれています。ベルマークは学校に必要なとびばこやボールなどに交換できます。みなさんもあつめましょう。これで代議員会からの連絡をおわります。」立派に読み上げることができました。お疲れさま。ところで今日の朝から本当によく雨がふりました。4枚目の写真は昼過ぎの小山藤の里町付近の小川の様子です。子どもの下校前に生徒指導の藤井Tと手分けして校区の溝や側溝を一通り見て回りましたが、あふれる等は確認されませんでした。ただ流されるとかなり危険な水位であることに変わりはありません。近づかないようにして気をつけて下校してくださいね。

6月20日(水)

エアロビ交流(ひまわり)

エアロビクスの効果は、体力増強だけではなく心肺機能・持久力も高めてくれます。また、リズムに合わせて体を動かすことで、呼吸のリズムも整ってきますので、精神的にもストレスの軽減など良い効果が期待されるそうです。まぁ、うまくできるできないに関わらず音楽やリズムにあわせて身体を動かすことは楽しいですよね。今日は藤井寺北小学校との合同のエアロビ交流会。自己紹介のあと児童のみなさんはインストラクターの先生の指導のもとしっかり体を動かし良い汗を流すことができました。

6月19日(火)

地震

「幸いにも藤小の子どもたちは誰もケガをしていないので良かったです」と喜ぶことはできません。特に小学4先生の女子児童と安全見守り隊の方が学校教育活動中(向かう途中)に亡くなられたということなので大変悲しく残念であり教訓にしなくてはなりません。亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。本校でもすべての教職員で校内の安全点検を行いました。教頭先生と校務員さんは学校まわりの点検をしてくれました。また安全監視員さんは自主的に早出をして点検にあたってくれました。遊具等の金具も点検澄みです。今のところ破損や亀裂等は見つかっていませんが大きな地震が発生した場合にまだ心配な箇所があります。早速、市と対応を協議していますが、学校としても近々の緊急事態に備えて想定される事態を考慮しながら、特に子どもたちの避難と教師から出す指示について先生方と確認作業を行っています。さて、18日、その時刻当時の学校の様子をお伝えします。朝8時、いつものように子どもたちは元気に登校していました。パラパラと雨が降っていたので私は本館と給食配膳室の間にあるアーチで子どもたちを出迎えていました。雨の日は低学年の子どもたちに傘のたたみ方を指導していることが多いからです。勤務時間は始まっていませんが、先生方も1日の準備に取り掛かっている人が多かったと思います。教室で子どもたちを迎える準備をする人、職員室で電話対応をする人、幼門で子どもたちを出迎える人など様々です。揺れを感じた瞬間、気持ちでは「運動場にすぐ避難しなさい」と言っているのですが、実際に私の口から出た言葉は「運動場に走れ!」だったと思います。とっさに雨よけのアーチの落下を考えたからです。地震の場合、走っての避難は状況によっては大変危険です。ガラスが散乱していたり陥没していたり階段が崩れている可能性があるからです。しかし、これも「時と場合」によります。その「時と場合」はこれまでの訓練と確認、そしてその場に居合わせた人の判断になります。先生方とは打合せの中で、今後大きな余震の発生する可能性が高いこと、発生した時の指示の出し方を常に想定することなどについて話し合いをしました。さて、子どもたちはぞくぞくと登校してきます。正門から登校する子どもたちも幼門から登校する子どもたちもすべて運動場に先生方が誘導してくれています。もちろん校内にいた児童は運動場に避難を完了していました。幸いにも雨は止んできました。ただ、雨が降っていても雷雨や暴風雨でないかぎり体育館への避難はしません。校舎も含めて建物内はすべて安全が確認されてからになります。また本震と思われていた最初の揺れが実は余震である可能性も考えられます。先生方は各門から子どもを運動場に誘導する担当、登校していない子どもを電話等で確認する担当、校舎内の点検担当、運動場の子どもたちの見守り担当にわかれて行動してくれました。子どもたちも訓練でないことを理解し落ち着いて素早く行動してくれていました。立派だったと思います。そして教頭先生から子どもたちに状況の説明とこれからの対応について説明ののち午前9時に教室にはいり通常授業を開始しました。以上が当日の様子です。今日は涼しかった割には保健室に来る児童が多かったそうです。もしかして昨日の地震やTVを中心とした報道なども心の疲れとして影響しているかもしれません。おだやかに見守ってあげてくださいね。

6月19日(火)

田植え(5年生お米づくり)

吉田さんの指導のもと5年生の田植えの時間です。ほとんどの子どもが生まれて初めての経験。将来農業に従事する人はほんの一握りだと思いますが、農業の大変さや収穫の喜びを経験し、そして理解することが大切であると学年の先生方も考えてくれています。お米づくり、物づくり、商売、福祉などをはじめできるだけ色々な体験を通して学んでそして感謝の心を育んでくれればと思います。お米づくり実行委員のメンバーからみなさんを代表して吉田さんにお礼の手紙が手渡されました。また指導いただいた吉田さんの荷物を運ぶなど最後まで丁寧な対応ができるメンバーが5年生にはいます。

6月15日(金)

代かき②(5年1組)

5年生の廊下には全国各地のお米が紹介されていました。1組大柳さんのお誘いもありそのまま1組にお邪魔しました。担任の宗野先生はまだ代かきの最後の後始末にかかっており、子どもたちだけで振り返りに取り組んでいます。5年生なのでできて当然と言えば当然なのですが、先生がいなくても代表の加藤さん、下村さんの指示のもと落ち着いて振り返りの課題を取り組めている姿は大変頼もしく感じることができました。偉いぞ5年1組のみんな。19日は吉田さんを招いての田植えだそうです。

6月15日(金)

代かき①(5年生お米づくり)

5年生のお米づくりが代かきの工程にはいりました。一クラスづつ全クラスが体験します。みなさん泥んこになりながらもほとんどわがままを言うことなくしっかり頑張っていました。ミミズをスコップで切断してしまったそうです。あらまぁ、かわいそう・・今日も良い体験ができましたね。さぁ、一人ずつ足を洗って教室に戻っての振り返りの時間です。

6月15日(金)

渡り廊下の疑問

「コンコン、校長先生いてはりますか」4年生5人に疑問があるようです。「北館と東館の間にある渡り廊下に校長先生はちょっと太いので無理やと思うけど、人が一人入れるスペースがあります。あれは何のためにあるのですか。もう一つ、渡り廊下が坂になっているのはどうして?」余計なお世話の一言が混ざっていますが、一緒に調査にいきました。北館の工事が着工されたのが昭和40年、東館の工事が着工されたのが昭和46年、傾斜とつなぎ目は建て増ししたからだと考えられます。なぜ高さを合わさなかったのかは不明です。詳しくわかる方はお知らせください。

6月15日(金)

冷たい雨がシトシト振っています。少し濡れた身体には半そででは寒いくらいの気温です。プールがスタートする予定でしたが中止の決定を残念に思う子どももさすがに今日は少ないようです。そういえばプールを寝ぐらにしていたカモたちがヤゴとりで水を抜いてからどこかに旅立っていきました。みんな元気にしてるかな。タヌキたちは元気にしているようですよ。2日前にも大きな体でプール下の小さな穴を出入りしている親ダヌキと穴から顔をのぞかせては隠れている子ダヌキたちの姿を安全監視員の山田さんに目撃されています。ところで一昨日、仕事を早めに切り上げることができたので富田林の自宅から5km付近にある清流に蛍(ホタル)を観にいってきました。今年は昨年の台風の影響で川の地形も変わっており蛍も例年の半分程(50ひき程度でした。昨年は例年の5倍の500ひき)の数でしたが、それでも川べりに腰をおろしカエルの鳴き声を聞き、大阪とは思えない星空を眺めながらゆらゆら揺らめく幻想的な蛍の光をみることができ、まるで自分が映画の世界に入り込んだような気分になりました。ガソリン代150円ほどでとても贅沢な時間を過ごすことができました。みなさんもいかがですか。さて、カブトムシがサナギからかえったという報告をうけました。昨年度、中村さんからゆずりうけた幼虫がサナギをへて成虫になり、その成虫が卵を産みその卵が幼虫からサナギになっていました。もともと兄弟に近いカブトムシどうしから生まれた子どもたちなのでこれ以上命をつなげていくことはできません。当初、彼らが成虫になったら千早の山に放しに行くか、5年生の林間学校で曽爾高原で放すことを先生たちと考えていました。しかし、中村さんのアドバイスもあり、千早の山や曽爾高原にカブトムシたちを放すことをやめることにしました。中村さんのお話ではもともとこのカブトムシたちのルーツは兵庫県山東町にあるそうです。同じカブトムシでも住む地域によって彼らが持っている遺伝情報に違いがあり、人為的にその遺伝情報を移動させてしまうことは控えたほうが良いとのことでした。なるほど。これまでそこまで考えたことがなかったので私たち教師も勉強になりました。ということでこのカブトムシたちは①山東町に放しに行く。②彼らの命がつきるまで最後まで飼育し見取る。のどちらかになりました。ただ今検討中です。生き物をペットとして飼育するには最後まで見取る“覚悟„が必要だということですね。

6月15日(金)

3年3組の算数の授業

1時間目の授業を参観させていただきくのは久しぶりです。今日は3年3組の算数の授業にお邪魔しました。担任は宇田先生。授業に入る前にかけざんプリント「スピード計算10」のスタートです。日頃からやり慣れているのか、みなさんすごいスピードで回答していきます。その後の答え合わせでも高い正解率をほこっていました。すばらしい。それが終わってからようやく授業開始のあいさつがありました。係りの児童の掛け声でみなさん1,2,3と腰を直角近くにまげあいさつしていました。みなさんがスピード計算10にとりかかっている間に宇田先生が黒板に問題を書いていきます。「わかざりをきのう215こ、今日143こ作りました。合わせてなんこ作ったでしょうか」内容的には2年生かなと思える問題ですが、答えの見たてを行い、筆算、位どり表などそれぞれ自分のやり方で計算し、どうやって答えに導きだしたかを考え、話し合い、発表に結び付けていました。さらに次の時間は三ケタどうしのたしざんの十の位の繰り上がり、百の位の繰り上がり、どちらも混ざった複雑な計算にうつって行くそうです。自分のペースでいいのでしっかり理解するまでがんばろうね。

6月14日(木)

わんぱく相撲大阪府決勝大会、そして全国大会へ!

5月13日に行われた藤井寺場所には総勢114名の参加がありました。6年生男子の部で優勝した4組の國下さんが6月9日に堺市大浜公園相撲場で行われた大阪府決勝大会参加し、見事夏に東京で開催される全国大会のキップを手にしました。おめでとう!わんぱく相撲は大阪府だけで総勢4481名の参加があったそうです。スゴイ!全国大会にはさらに実力のある選手が集まってきます。「柔よく剛を制す」の精神で悔いのない取組をしてほしいと思います。

6月14日(木)

ペア交流(2年生・4年生)

2年生と4年生のペア交流です。名刺交換、汽車ポッポ、ペアみつけなどの交流をしました。終始、4年生が2年生を気遣いながら交流がすすんでいきます。最後の振り返りの感想でも「楽しかったです」「4年生のみなさんが優しくしてくれました」という2年生の感想が印象的でした。交流がおわっても多くの4年生が2年生を教室まで送って行きました。実行委員のみなさん、運営お疲れ様!そしてありがとう。大変よくわかる司会進行と運営でした。

6月14日(木)

栄養教育実習(2年1組)

今週の月曜日から金曜日までの5日間、大阪府立大学学生の根岸亜由美先生が栄養教育実習にきています。たった1週間ですが2年1組担任の生川先生の指導を受けながら子どもたちと関わってくれています。今日は大学から担当の奥野先生を招いての研究授業です。おやつの量や清涼飲料水の摂取について子どもたちの意見を引き出しながら適切な摂取量を意識づけ考えることができる授業でした。根岸先生に子どもたちにメッセージはありますかとお尋ねしたところ「2年1組はとても元気が良いだけでなく、クラスのルールを自分たちで考え行動できる素晴らしいクラスだと感じました。色々なお話をしてくれたり給食を一緒にたべたりできて嬉しかったです。明日一日、よろしくお願いします。」とのことでした。明日は実習最終日ですね。

6月14日(木)

歯科検診(全学年)

今日は朝から歯科検診です。7名の学校歯科医の先生方に来校していただきました。みなさん、歯の状態はどうでしたか。猫や犬をはじめ野性の動物たちにとって歯が抜けた時は死ぬ時だと言われています。人間の場合は治療することができますが、それだけ歯は大切だということです。毎日のブラッシングをしっかり行い健康な歯を保ってくださいね。学校歯科医の先生方、ありがとうございました。

6月13日(水)

なかよし遠足(ハグTとヒロT)②

1枚目の写真はアマゾン奥地に生息する巨大クロコダイルとキングコングです。失礼しました。ビッグバンの中にある巨大クロコダイルのレプリカとハグTです。2枚目の写真はハグTとヒロT。彼らは毎日握手をしているそうです。この写真はその様子を偶然に世界で初めてとらえた画像です。二人が握手する理由を聞いてもハグTはただ笑っているだけです。ヒロTには「えっ!いやぁ、まぁ」とはぐらかされます。二人がなぜ握手をしているのかわかったひとは校長までお知らせください。(本人了解済、着色無)

6月13日(水)

なかよし遠足(ひまわり)②

少し早目のお弁当です。美味しかったですね。昼食後はグループ毎に思い思いのことに挑戦したり見学したりしました。どの小学校もそうですが藤小は特に高学年のリーダーが仲間のことを気遣いサポートする態度と心を持っていることを強く感じることができた遠足でした。よく頑張りましたね。お疲れ様でした。

6月13日(水)

なかよし遠足(ひまわり)①

藤井寺市の7つの小学校が参加するなかよし遠足。泉が丘にあるビッグバンに行ってきました。子どもたちもワクワクドキドキです。バスの中では藤南小、藤北小のみなさんとそれぞれ自己紹介をしました。現地に到着し開会式後に早速4階から8階まで続くビッグバン名物の巨大ジャングルジムにチャレンジしました。8階では明石海峡大橋もはっきりときれいに見ることができました。

6月12日(火)

6年3組国語の授業(校内研修)

6年3組の国語の授業。担任は小西先生です。この授業は大阪教育大学付属平野小学校の岩﨑先生を講師としてお招きし、今年度初めての校内研修になります。子どもたちは難しい課題にも意欲をもって取り組んでいました。説明文の筆者の主張に対して共感できるところを自分の体験を踏まえながらワークシートに書くことができました。6年生のこどもたちは授業の色々な場面で自分の考えを書く経験を積んできているのでどの子もしっかり書くことができていました。授業後の研修会ではそれぞれの先生方が日頃の授業にいかそうという思いが強く非常に活発な意見交流ができました。講師の岩崎先生からは具体的・分析的にアドバイスをいたくことができ先生方にとって授業力向上の良い糧となりました。3組のみなさん、コニタン先生、お疲れ様でした。ありがとう。

6月10日(日)

パープル・社協フェスタ

心配した雨もなんとか持ちこたえ、パープルホールをメイン会場としてパープル・社協フェスタが開催されました。昼の遅い時間からの参加になりましたが藤小のたくさんの子どもたちとも会うことができました。スタッフのみなさん、本当にお疲れ様でした。

6月9日(土)

親子わくわくヨガ♪②

親子わくわくヨガ♪につづきPTA研修委員の瀬戸さんによる絵本の読み聞かせがありました。読んでいただいた絵本は「ええところ」と「おかあさんだいすきだよ」です。ヨガで身も心もリラックスした参加者の心にしみ込むお話をありがとうございました。読み聞かせのあと、母親としてまた人としての子どもとの関わりや自尊感情についてお話ししていただくことができました。すてきなお話でした。

6月9日(土)

親子わくわくヨガ♪

①親子のスキンシップを通して家族の絆を深める。②気持ちよく体を動かすことで気分をリフレッシュし、ストレスを解消する。ことを目的に親子わくわくヨガが元気ひろばと並行して体育館で行われました。参加した親子や教員に教えていただくのは兵庫県明石市からお越しいただいた小寺さま(コテッチャン)と青木さま(ミポリン)です。ヨガの効果やゲーム、子育て心理学のお話からヨガレッスンへとうつっていきました。体が硬い私にとってヨガは不向きで縁のないものと決めつけていたことを反省するあっという間の90分でした。コテッチャン、ミポリン、ありがとう。

6月9日(土)

元気ひろば

今日の元気ひろばもたくさんの子どもたちが来校し、それぞれ思い思いの遊びを楽しんでいました。青少年指導委員・PTA・教員の見守りもありました。

6月8日(金)

藤井寺支援学校との交流(3年生)

「3年生・5年生・6年生のそれぞれの学びと絆」今年度も藤支との交流が始まります。今日は藤井寺支援学校から河野先生に来ていただき、支援学校にはどんな人が通っているのか、校区の違い、車イスの種類と使い方、歩行器の紹介、3年生の児童の様子などについて教えていただくことができました。金曜日の5時間目ということ、ヤゴとりがあったということからか前半は子どもたちの「人の話を聞く姿勢」に少し課題が残る出だしでしたが、すぐに河野先生の話に引き込まれたくさんの子どもたちが元気よく発言してくれていました。授業を終えて河野先生は「藤小の3年生のみなさんはとても良い目と表情でお話を聞いてくれました。本当に良い子どもたちですね」と言っていただきました。12日の午前中は交流会本番。しっかり迎え入れてくださいね。そして相手のことを知って理解する努力を忘れず楽しんでほしいと願っています。

6月8日(金)

ヤゴとり(修行僧とドヤ顔バージョン)

プールサイドのはしで何やら二人が密談(みつだん)をしています。どんな企み(たくらみ)を相談しているのでしょうか。修行僧はモップでプールの中をいじくっています。いじくり出して結構長い時間が経過しています。なにをしているのでしょうか。ドヤ顔の藤井Tは「ここにもヤゴがいました。というのはどうですか」とHP制作に協力的ですが、誤解をまねいてもいけないので今日はこのへんで・・・

6月8日(金)

ヤゴとり(3年生)

3日前から今日に備えて水着とラッシュガード、ビーチサンダル、水中生物捕獲網など私の準備は万端です。1時間目には私だけで100匹以上のヤゴを捕獲しましたよ。プールにはまだまだヤゴがいます。3年生のみなさん、よろしくお願いします。ヤゴは強く触ると死んでしまったり、羽化しても羽がゆがみ飛べなかったりするので優しく捕獲してあげてくださいね。みなさんも先生方も私も少し泥臭くなりましたが、誰ひとりケガをすることなく楽しい時を過ごすことができました。捕獲したヤゴをどうするのかは教室で担任の先生や仲間と考えてください。

6月8日(金)

ヤゴとり(4年生)

5時間目の予定していた4年生のヤゴとりでしたが、天気予報では昼から雨という予報です。急きょ5時間目と1時間目を入れかえての実施となりました。プールの水はあらかじめひざしたの深さまで抜かれていますが、1年分の藻とコケのため滑りやすくなっています。また、水質もけっして良いとはいえません。「走ったり人を押したり水の掛け合いなどのふざけた行動は厳禁です。そのような行動をする人は大変残念ですがすぐにプールから出てもらいます。」学年主任の井上先生から強い注意喚起がありました。子どもたちの中にも私たち大人でも「それぐらいいいやん、それが楽しいのに」という思いはまったくないわけではありませんが、小さいころの私のような児童は必ずいます。また、集団行動の場面では事故を未然に防ぐことを考え実行していくのは大切な学習です。みなさん、楽しみながらの補かくと観察をよろしくお願いしますね。

6月7日(木)

藤小わんぱく寄席②

①聞く力・話す力を養う。②所作や姿勢は礼儀のかがみ。③良き話し手、聞き手として。④笑いは心の健康法!。この4つは学校で寄席を開く際のポイントだそうです。児童による落語体験では1年生の北河さん、4年生の山本さんが扇子を使ってのうどんすすりを上手に披露して大きな拍手をもらっていました。3年生の尾崎さんと5年生の松本さんはネズミのお題、6年生の瀬口さんは寿司屋のお題で落語を披露し大爆笑でした。2年生の中川さんの披露してくれた小噺、「あっ、あそこでガチョウがアルバイトしている」「どこどこどこ」「ガチョリンスタンド」。桂文華さん、笑福亭呂好さん、ラッキー舞さん、笑いと感動をありがとう。

6月7日(木)

藤小わんぱく寄席①

想像力を高めるには子どもたちにとって落語はいいですよとは聞いていましたが、落語がこれほど子どもたちの心をつかむとは思っていませんでした。子どもたちの歓声や笑い声、輝いている瞳。子どもたちにとっても先生方にとっても癒やしと発見の90分であったと思います。

6月7日(木)

2年4組の算数の授業

授業開始のチャイムが鳴りました。係りの児童からの始まりのあいさつの後、教科書やノートの準備状況の確認、机イスの整頓の確認、聞く姿勢の確認をみなさんが行っています。窓もすべてあけられており心地よい風が教室を通りぬけます。曇り空ですが教室内にはじゅうぶんな光が入り込みとても明るく感じました。今日から引き算のひっさんに入るそうです。みなさんが例題の板書をしている間、担任の山本先生は教室内を巡回し、たくさんの子どもに声をかけていました。今日のめあては「ひきざんのひっさんを考えよう」です。例題の計算については全員できているようですが、説明の仕方については簡単ではないようです。それでも担任の「まちがってもぜんぜんはずかしくないしだいじょうぶだよ」という声がけにたくさんの子どもが考えを発表してくれました。一生懸命授業に取り組み、1のくらい、10のくらいどうしのひきざんについてまとめにつなげていきました。

6月7日(木)

大和魂

ドッジボールを通して「心・技・体」を鍛え仲間を大切にし、目標に向かって最後まで諦めない心の育成を図ることを目的に活動を続けているドッジボールチーム「大和魂」。先月、近畿各地の強豪チームが集合し行われた大会のジュニア部門で4年生の堂湯さん、3年生の阪中さんもメンバーに入っている「ちび魂」が見事優勝したという報告をうけました。素晴らしい!!おめでとう!!本校からは5年生の畠山さん、北垣内さん、福永さん、3年生の宮本さんも参加したそうです。優勝した堂湯さんと阪中さんに「何かコメントはありますか」と尋ねたところ「大和魂は楽しいドッジボールチームなのでみなさんぜひ体験にきてください」ということでした。とてもしっかりしています。全国大会目指して頑張ってね。

6月5日(火)

植物の栽培

1年生はアサガオ、2年生はトマト、3年生はホウセンカ、4年生はツルレイシ、5年生はお米を栽培しています。花が咲いたり収穫できたり、これからが楽しみですね。

6月5日(火)

6年1組の算数の授業

ペア交流が終わりその流れで6年1組の算数の授業を参観させていただきました。担任は角柿先生です。ペア交流が盛り上がり過ぎて休み時間まで食い込んでしまいました。その分5分遅れてのスタートになりましたがさすが6年生。その後の切り替えは素晴らしく、このクラスのメンバーには授業に入っていくルーティーンがあるようです。まずは計算プリント50問から。3分の時間制限がありました。1番早かった人で1分18秒。1問2秒かかっていません。今度私も挑戦してみたいと思います。今日のめあては「計算のしかたを考えよう」です。「2/5㎡の塀をぬるのに赤いペンキを1と1/4dl使います。この赤いペンキで1dlあたり何㎡ぬれるでしょうか。」答えを導く式はそれほど複雑ではありませんが、問題を聞いただけで6年生の内容の難しさがわかります。担任から「答えの見通しをたてる」ヒントをもらい、さらに「商の大きさを比べよう」という課題にうつり、まわりと相談しながら答えを見つけていきました。集中し時間が短く感じる授業でした。

6月5日(火)

ペア交流(1,6年生)

1年生と6年生のみなさんが2時間目体育館でペア交流を行いました。それぞれ自己紹介のあと先生方からペアごとに記念写真をとってもらっていました。なかにはパパと息子のようなペアもあり大爆笑。自己紹介のあとはお互いにたのしく交流がはじまりました。それぞれどんな話をしているのでしょうか。はじめのゲームは6年生が体育館にちらばり壁のほうを向き顔をかくします。10秒を数えた1年生がさがしにいくというものです。単純なゲームですがスゴイ盛り上がりです。なかなか巡り合えないペアもありました。6年生の顔を忘れたそうです。つづいて1年生がちらばり6年生が見つける番がきました。またまた巡り合えないペアがいくつも出てきました。1年生がどこかに隠れてしまい本当に見つけられません。見つかると悔しそうな顔をしています。ハハハ、かくれんぼではありませんよ。楽しい交流会でした。6年生のみなさん、お疲れ様でした。

6月5日(火)

創立145年の歴史

明治6年(1873)6月6日、剛淋寺に河洲27番小学(かしゅう27ばんしょうがく)が創設されました。これが藤井寺小学校の始まりです。今から145年前の出来事です。そのころに関わった人たちや子どもたちは今はもうだれもいませんが記録として残っています。1873年というとオーストリアのウィーンで万国博覧会が開催された年でもあります。日本ではじめて万国博覧会が開催されたのがそれから100年近く後の1970年、大阪万博です。そう考えると明治維新から数年後のこの時代、日本と世界には工業や産業の発展に大きな差がありました。江戸時代、このあたりの歴史についてはいずれ授業等で学んでほしいと考えています。NHKの大河ドラマ「せごどん」も幕末から明治維新の時代に活躍した薩摩範士、西郷隆盛が主人公です。みている人はいますか?さて、1枚目の写真、以前にも掲載したことのある太平洋戦争前後のものです。運動会の競技のようですが、人の形をしたものに子どもたちが何かを投げ付けているようにも見えるこの写真。当時の様子を知るお米作りの吉田さんにお話をおうかがいしたところ、人の形をしたものは実は飛行機をを模したものだということです。「敵機を撃墜せよ!」という競技名だったそうです。3枚目は土師の里にある伴林神社に遠足?に行ったときの様子です。最後の写真はかなり古いものです。当時藤小のまわりは今のようにたくさんの家はなく、田んぼばかりだったようです。明日は藤井寺小学校の145歳の誕生日。Happy Birthday to Fujisyou.

6月4日(月)

3年2組の国語の授業

3年2組の国語の授業を参観させていただきました。朝から強い日差しが降り注いでいます。湿度は比較的低いので日陰に入れば涼しい風が通り抜けていきます。しかし、3時間目が始まる前の20分休憩に運動場から戻ってきた子どもたちは汗だくです。「みなさん、汗をふくためのタオルは持ってきていますか。これからの暑い季節、ぜひ持ってくるようにしてね。汗を拭きとることはもちろん、今日のような暑い日には顔を洗うだけで顔や首筋の温度が下がります。かなりすっきりしますよ。試してみてくださいね。」担任の吉本先生にそう言われると私もみなさんも試したくなりました。タイムリーな助言のあと漢字練習から授業がはじまりました。単元は「こまを楽しむ」です。またこの時間のめあては「どんな楽しみ方があるのか段落ごとにまとめよう」です。子どもたちの中に曲ゴマについていろんな意見がでたりもしました。曲というくらいだから音がなるなど、なるほどとうなずく意見も多かったと感じました。また、子どもたちはわからないことがあればすぐに国語辞典を取り出し調べる習慣がついています。本当に素晴らしい。教室の後ろの作品からも芸術性を感じることができました。

6月4日(月)

観察記録(2年2、4組)

2年2組と4組のみなさんが自分たちで栽培しているトマトを観察し、記録している様子です。葉っぱが黄色くなっていたらひとつのSOSサインですよという先生からの助言をうけて水の与える量などの調整をするということです。この夏は暑くなりそうです。こまめな水やり、よろしくお願いします。

6月4日(月)

教育実習生

本日より6月29日(金)までの期間、本校で実習を行うのは奈良学園大学3回生の野元先生です。主に3年2組のメンバーと1ヵ月間近くを過ごすことになります。野元先生は本校のOB(卒業生)でもあります。また野球を専門とし、現在は元近鉄バファローズの村上選手が総監督を務める独立リーグ「06ブルズ」にも所属しているそうです。この1ヵ月で子どもたちとの絆を深めていってくださいね。よろしくお願いします。

6月1日(金)

今年度最高の人口密度

雨が続いたせいでしょうか。昼休みの運動場は今年度最高の人出になっています。鬼ごっこをするグル―プ、縄跳びをする子どもたちと先生方、ドッヂボールをする子どもたちと教頭先生。みなさん楽しんでいます。さぁ、明日から休日。来週から教育実習生がきます。創立記念日もありますよ。ではみなさん、また来週。

6月1日(金)

4年3組の国語の授業

田中こうや先生が担任の3組の国語の授業を参観させていただきました。言葉には色々な意味があります。今回の授業では言葉の意味を理解して文脈に応じて使い分けたり、日本語そのものへの関心を高めることを基本的なねらいとしているようです。子どもたちの授業のめあては「いろいろな意味をもつ言葉を使って問題をつくろう」です。こうや先生から国語辞典の引き方や活用の仕方のアドバイスをもらいながら一人ひとりが違う問題を考え、伝える楽しさを味わえる授業でした。クラス目標にも温かさを感じますね。

6月1日(金)

お米作り・田んぼづくり(5年4組)

6月にはいりました。地域にある田んぼでも間もなく田植えが始まります。先日来ていただいた吉田さんや先生方の指導のもと本校でも南館裏にある田んぼの土づくりが始まりました。田んぼにはカエルをはじめたくさんの生き物たちが暮らしています。時には駆除しなければいけない生き物もいますが、基本は共生できればいいなと感じています。作物を収穫するまでには大変な作業がいくつもあります。今回の土づくり一つとっても大変でしたね。でも楽しかったですね。苦労と喜びを経験できることは幸せです。どろんこになりましたが土の匂いはいいですね。心を落ち着かせる作用があるといわれています。

5月31日(木)

応急手当伝達講習

6月中旬から始まる夏のプール指導を前に本校職員と近隣の幼稚園職員対象に救急救命法の講習会が開催されました。講師は救急救命認定講習受講資格のある本校の角柿先生です。2015年に改正された最新の救命法と理論と実践を伝授していただきました。1分1秒の判断と行動が生死の分かれ目となる救急救命。教員全員がいざという時に実践できる技能と精神を獲得しておく必要があります。角柿先生、ありがとう!

5月31日(木)

校長室

「トントン」校長室の扉をノックする音が聞こえてきました。「失礼します。校長先生に質問があります。」4年生の平尾さん、森口さん、中田さん、樋口さんが訪ねてきてくれました。どうやら藤井寺小学校の歴史について知りたかったようです。学校沿革などについて説明させていただきました。4人とも昨年よりも大きく成長した姿をみせてくれています。これからもよろしく!

5月31日(木)

給食の配膳(1年1組)

間もなく梅雨の季節。今日も雨がしとしと降っています。1年生の給食の配膳の様子がどうなっているか気になったので森本先生が担任している1組にお邪魔しました。さすが1組のみなさん。廊下のぞうきんはきれいに干され、傘も美しくたたまれていました。配膳の様子も先日6年生のみなさんに教えてもらったとおり、みんなで協力しながら丁寧にできていました。給食で足らないものはないか、アレルギーの確認等、担任の森本先生は大忙し。それでも落ち着いてにこやかにこなすことができているのはさすがです。みなさんそろって「いただきま~す!」

5月30日(水)

2年1組の算数の授業

3時間目の始まりのチャイムがなり全員教室にそろっています。昨日までの夏日と違い今日は梅雨寒の感があります。担任の生川先生と1組の子どもたちは教室内の温度調整(窓の開閉や扇風機)もぬかりなく行ってくれています。「用意はいいかい」「用意はいいよ!」子どもたちが担任の問いかけに元気よく返します。「ほんまかいなぁ、赤鉛筆でてない子おるやん」日頃丁寧な言葉遣いの生川先生からバリバリの大阪弁がとび出したので私が一番驚いていました。みなさん笑顔です。この時間のめあては「けい算のしかたをくふうしよう!」です。「ビー玉を32コもっています。はじめに7コ、つぎに3コもらいました。ぜんぶでなんコですか?」32+7+3、数字が3つも出てきているのに、いつもよりも計算が簡単なことに子どもが気づきました。32+(7+3)。子どもたちは気づいた疑問を発表します。その疑問に子どもたちが答えます。そして生川先生は小さなつぶやきも聞き逃しません。まさにファシリテーターの役割でした。その後、58+13+27などさらに難しい問題で今日の学びを確認していきました。

5月30日(水)

なつかしい植物

あのなつかしい植物が今年も芽を出し順調に生育しているようです。あれからもう1年が経過するのですね。ということは深夜の学校で、不気味に水をやる彼の姿が目撃される日も近づいてきた、ということですね。

5月30日(水)

ひまわりサーキット②

子どもたちの楽しげな姿だけでなく、自分より小さい学年の仲間に順番をゆずったり、困っているひとがいれば手助けする高学年のリーダーの姿を数多く見ることができました。

5月30日(水)

ひまわりサーキット①

体育館から子どもたちの楽しげな歓声が聞こえてきます。今日のひまわりタイムは体育館で行われる今年度初めてのひまわりサーキットです。ヒロ先生の準備運動のあと、担当の松田先生の合図でグループ毎に体験がはじまりました。

5月29日(火)

2年2組の算数の授業

2年2組の学級目標は「Re 楽 s」リラックスです。楽の意味は「楽しむ」、Reはリフレッシュ、リセット、など色々な意味があるそうです。はじめから、切り替え、再びなどなかなか哲学的です。担任は高木先生。算数の授業にお邪魔しました。やはり2年生のこの時期は教室や心を整えることから授業が始まっていきます。少し時間はかかりますがこれも本校の先生方が大切にしている藤小スタンダードの一つです。今日のめあては「くらいをそろえてけいさんしよう」です。授業が進むにつれ変わっていく子どもたちと担任の粘り強さに感銘しながらの一時間でした。授業が終わってから2組のみなさんが私に「腕相撲」を挑んできました。7、8人の児童の挑戦をすべて秒さつする大人げなさをみせたあと10人以上の連合チームに撃沈させられました。またしましょう。

5月29日(火)

うまく伝えることができませんでした。トホホ・・

今日の児童朝会は運動場です。朝礼台の上に立ち、おはようございますのあいさつの後、校長先生からのお話では「ポジティブな考え方とネガティブな考え方」についての話をしました。例をあげてみなさんにはできるだけポジティブな考え方で成長してほしいという内容を伝えるつもりでした。1年生にもわかるようにやさしく話したつもりでしたが、途中から1年生を含む低学年の方から「ポワ~ン」「ポカ~ン」とした雰囲気が朝礼台の上まで伝わってきました。あわてた私はさらに丁寧にやさしく説明しようとしてしまいました。これが間違いでした。今度は5,6年生の高学年の方から「ちょっとくどいのでは」という雰囲気が伝わってきました。もう何を話したのかよく憶えていません。トホホ。クヨクヨせずポジティブにいきますのでみなさん、おうちでもフォローお願いします。私の話につづき、生活指導の藤井Tからは「正門をでたところのマンションで工事をしている注意喚起」と「学校生活のルール」についてのお話がありました。的確に要点を子どもたちに伝えた終えた藤井Tは一瞬、私の方を振り向き「ドヤッ!」という顔をしたような気がしました。気のせいでしょうか。(多少着色有)

5月29日(火)

愛情そそいでま~す!

2年生のみなさんがそれぞれ育てているトマトに水をあげている様子です。登校後の日課になっているようです。水のやり過ぎには気をつけて毎日欠かさず愛情をそそいであげてくださいね。

5月28日(月)

「確かな学び」育成事業学校訪問

昨年度のアクティブ・スクール事業に続き、今年度本校は「確かな学び」育成事業の指定を受けています。加配教員として学校全体のコーディネートを担当してくれているのは松村先生です。以前までの学校教育は教員が児童に教え込むスタイルが主流でした。今でもそのスタイルが有効な場面もありますが、この数年でできるだけ子どもたちが自主的にまた主体的に授業を進めていく仕掛けや子どもたちが周りの仲間や先生とコミュニケーションをとりながら気づきや発見していく授業スタイルに変化してきています。表面上の知識注入ではなく、子どもたちが考え相談し発見していくプロセスを大切していく授業。子どもたちに学ぶ楽しさと学力の基盤を身に付けてもらうため、共通理解と系統性を加味した指導方法の研究をしています。この研究は教師の授業力はもちろん生活指導や学級経営にもいかされていると感じています。「ダメなものはダメ」という指導から「どうしてダメなのかを考えよう」という教育に・・今回大阪府教育庁からお越しいただいた鈴木先生と田中先生からも「昨年度からの積み上げ」「藤小スタンダード」「6年生の仲間の意見を聞く姿勢」「5年生のゴールを意識した授業展開」などについて良い評価と課題をいただきました。しかし、日頃温かくも厳しいお二人をこんな笑顔にさせた藤小のみなさんと先生方を校長として大いに評価したいと思います。3枚目の写真は南館3F5年生廊下に掲示されているノートのまとめ方の見本です。6年生のノートが見本です。

5月26日(土)

元気ひろば・PTA拡大運営委員会

土曜日の元気ひろばには150名以上の子どもたちが来校しました。青少年指導委員のみなさまも来校していただき見守りをしていただきました。図書室にも多くの子どもたちが来室しました。こちらはブックママさんと司書の鳥羽さんが対応にあたってくれました。今回の拡大PTA運営委員会は学級委員さんにも参加していただきました。足立会長の短いあいさつに拍手がありました。今回も柔かい雰囲気の会になりました。PTAのTシャツのモデルをしていただいているのは副会長の辻本さんです。辻本さん、いつもありがとう!

5月25日(金)

世界遺産学習フィールドワーク③ ~感謝~(6年生)

世界遺産学習フィールドワークでは本当にたくさんの方々にお世話になりました。藤井寺市教育委員会文化財保護課のみなさん、学校教育課のみなさん、世界遺産推進室のみなさん、そして写真の観光ボランティアのみなさま、本校インターンシップ(四天王寺大)の学生のみなさん、本当にありがとうございました。6年生のみなさんも暑い中、弱音をはかずよく頑張りました。引率の先生方もお疲れ様でした。それにひきかえ最後の写真、宮内庁が管轄する応仁御陵の前で妙なポーズをとっている人物がいました。まさかうちの職員ではないと思うのですが少し距離があるのでわかりません。みなさん、できるだけ避けて通りぬけましょう。(本人了解済)

5月25日(金)

世界遺産学習フィールドワーク② ~つなぐ~(6年生)

百舌鳥・古市古墳群は、大阪の南部、堺市、羽曳野市、藤井寺市の3市にまたがる巨大古墳群です。この古墳群では、4世紀後半から6世紀前半にかけて200基を超える古墳が築造され、現在でも89基の古墳が残っているそうです。最大の古墳は仁徳天皇陵古墳(墳丘長486m・国内第1位)で、応神(おうじん)天皇陵古墳(同425m・2位)と続きます。藤井寺市にある仲姫命(なかつひめのみこと)陵古墳(同290m・9位)、仲哀(ちゅうあい)天皇陵古墳(同245m)もベスト10に入ります。こうした墳丘長が200mを超える古墳は全国に40基近くありますが、うち11基は百舌鳥・古市古墳群に存在し、これほど巨大前方後円墳が集中している地域は国内でも他に例がないそうですよ。世界遺産になれば全国各地や世界中から注目されますね。

5月25日(金)

世界遺産学習フィールドワーク① ~探求・古代ロマン~(6年生)

6年生が世界遺産学習フィールドワークに出発しました。土師の里駅から鍋塚古墳、大鳥塚古墳の様子です。たくさんの大人に見守られながら、また古代ロマンに抱かれての学習になります。土師の里駅では待ち時間の間に山田世界遺産推進室長や高橋指導主事による事前学習もありました。予想最高気温は29℃、最後までバテないようにペース配分を考えてくださいね。

5月24日(木)

稲作お米づくり(5年生)

昨年度に引き続き地域にお住まいの吉田さんの指導のもと5年生のお米作りが始まります。今日は多目的室での座学です。担当の田中Tとの打合せのあと吉田さんが子どもたちに語ってくれました。吉田さんは4歳の頃から田植えのお手伝いをしていたそうです。田植えについて色々はお話をしていただきました。また、藤井寺国民学校の一期生でみなさんの大先輩でもあります。戦争当時の食糧難の経験が今なお農業を続けていく原動力になっているそうです。また、市役所職員として土木にもかかわり小山ポンプ場建設にも尽力され、石川・大和川に囲まれた藤井寺市を洪水から守ることに大きくかかわった人でもあります。お米づくり、よろしくお願いします。

5月24日(木)

サンシャイン・ウォーク~藤井寺図書館の巻~(3年生)Ⅱ

本来10時開館の藤井寺図書館ですが山本館長のはからいで9時40分に迎え入れていただきました。職員のみなさま、丁寧な対応、ありがとうございました。3年生のみなさんも入る前の約束をしっかり守り、とても静かに見学することができました。藤井寺図書館には15万冊の蔵書があるそうです。それを保管している書庫の様子も見学することができました。私も藤井寺で働いてかなりの年数になりますが図書館の書庫に入るのははじめての経験でした。山本館長からは他の来館者に迷惑をかけることなく静かに見学できた事にお褒めの言葉をいただきました。みなさん、偉かったですよ。

5月24日(木)

サンシャイン・ウォーク~藤井寺図書館の巻~(3年生)

今回の校区探険の目的は私たちの住んでいる藤井寺の町を知ると共に町のやさしさ(グリーンベルト・点字等)も見つけることです。日差しはきついものの爽やかな風がふいています。昨年度まで4クラスであったこの学年は今年度から3クラスです。法で決まっているとは言え、一クラスの在籍数も多く、子どもたちには昨年度に比べて窮屈な思いをさせています。今後もできるだけ多くの配慮をしていく必要があると考えています。それでも子どもたちは元気いっぱいに出発しました。みなさん、今日も暑いのでペース配分考えてね。4枚目の写真は高速出口の信号中州に取り残された児童。でも大丈夫。保健室スクールフレンドの森本さんがしっかりサポートしてくれています。

5月23日(水)

ALTミーティング

今日は大人の話題が中心です。藤井寺市のALTは定期的にミーティングを行っています。子どもたちの深い学びとALTのスキルアップ、情報交換が目的です。コーディネートするのは教育委員会ALT担当の豊崎指導主事です。豊崎さんは昨年度まで藤南小の教員でした。今日は西村課長(副理事)もきてくれました。藤小のことがめちゃくちゃ懐かしい~とのことです。いつでも遊びに来てね~

<

5月23日(水)

阿吽の呼吸(あうんのこきゅう)

赤いTシャツを着ているのは、黄昏ているビッグダディーではありません。紺色のTシャツを着ているのは、お調子者のイカツイ兄ちゃんではありません。梶谷修行僧とドヤ顔の藤井Tです。2人は給食の配膳の時間になると向かって左側の扉に修行僧、向かって右側の扉にドヤ顔Tが東大寺南大門の金剛力士像のように陣取り子どもたちを睨みつけます。失礼、子どもたちを見守ります。そこには阿形像(あぎょうぞう)、吽形像(うんぎょうぞう)のように阿吽の呼吸があります。(本人了解済)

<

5月23日(水)

藤井寺小学校地域教育推進連絡会

藤井寺小学校区の民生委員児童委員、体育協会、スカウト連絡協議会、区長会、市子連、ライオンズクラブ、リーダー協議会、更生保護女性会、連合婦人会、校区育成会、青少年指導員会、校区リーダー会、藤幼PTA、藤小PTAの代表の方々が参加する藤井寺小学校地域教育推進連絡会が行われました。みなさんが楽しみにしている元気ひろばの取り組みやわくわくランドについて話し合われました。今年のわくわくランドは7月14日に開催を予定しています。みなさん楽しみにしておいてください。会議にご参加いただいたみなさま、いつもありがとうございます。本校PTAの好井副会長があいさつのなかで「PTAに入って3年目を迎えます。子どもたちのためにこんなにたくさんの大人の方々が関わっていただいていることに驚いています。ありがとうございます。」と言っていただきベリーグッドな締めくくりでした。

<

5月22日(火)

気をつけて帰ってね。

今日も学校の一日が無事終了しました。子どもたちの無邪気な笑い声や姿をみていると一日を無事に終えることができることに感謝してしまいます。今年度に入って放課後の時間帯に会議や出張がない日はできるだけ子どもたちを見送ろうと思っています。帰り道、子どもたちは色んなことを話してくれます。時には話す内容があっちにいったりこっちにいったりしますが、何故か理解しあえるような気がします。さぁ、みなさん、宿題やって少し遊んでお風呂入ってごはん食べて歯を磨いて早く寝て、明日も元気な顔を見せてください。

5月21日(月)

お昼休み

3年1組の授業が終わって男子児童からお昼休みのドッヂボールのお誘いがありました。ありがとう。久しぶりのドッヂボールはとても楽しかったです。運動場では先生方も楽しそうに子どもたちと遊んでいました。チャイムが鳴るとクモの子を散らすように30秒で子どもたちの姿がなくなりました。エライぞ!

5月21日(月)

算数の授業(3年1組)

3年1組の算数の授業を参観させていただきました。授業を担当するのは松村先生です。休み時間に運動場から戻ってきた子どもたちはチャイムがなってからもまだ心は授業モードに切り替わっていないようです。しかし「リンゴが12コあります」という先生の語りかけに子どもたちは「何がおこるんだろう」という顔にかわりました。絶妙なタイミングと声のトーンです。12コのリンゴを4人で分ける。答えが3コになることはみなさん簡単に見つけることができるようです。しかし子どもたちには割り算の方法に入る前に割り算の考え方の意味を理解してもらう必要があります。めあては「3コになるわけを考えよう」です。割り算にはいる前の大切な学習です。さぁ、みなさん、頑張って深い学びにつなげていってくださいね。

5月21日(月)

吉松教頭の不可解な行動パートⅠ

6年2組のメンバーが担任の古澤先生とともに連続大縄八の字跳びにチャレンジしていました。先日の3組との対決では30回程度でしたが、あれから練習も重ね72回も連続で跳べるようになるまで上達していました。すごいなぁと見学していると児童から「校長先生も入って」とのお誘いがあり参加させていただくことになりました。人間失敗を恐れると動きが硬くしかも小さくなります。緊張しながらのチャレンジでしたがなんとかクリア―できました。49,50,51みなさんの数える声もそろってきました。これは記録更新が期待できそうと思ったあたりで、突然教頭先生が入ってきました。しかもその教頭先生が痛恨のミスジャンプで記録更新成らず。でも2組のみなさんは偉かったですよ。「教頭先生ドンマイ」という声がすぐに聞こえてきました。引き続き見学しているとミスした教頭先生が子どもたちに跳び方の指導をしだしました。「僕は1000回跳んだことがある」と言っていますが私や古澤先生、2組の子どもたちはたった今ミスジャンプをした教頭先生しか知りません。とても不可解です。(本人苦笑いで了解済)

<

5月21日(月)

市議会議員学校訪問

今日は藤井寺市議会の瀬川議員と木下議員、教育委員会の重尾課長代理が本校を訪問されました。主に保健室とひまわりの教室、3年生の教室の視察が目的です。規模の大きい学校での養護教諭の複数配置の必要性や介助員の配置状況などにおいて意見交換と現状把握を行っていただきました。お忙しい中ありがとうございました。今後とも藤小の子どもたちの安心安全な学びの場や環境の提供のためどうぞよろしくお願いいたします。

<

5月20日(日)

北岡地区大運動会・避難訓練

本校運動場を会場として北岡地区の運動会と避難訓練が開催されました。昨日のような寒さや雨もなく一昨日までのような蒸し暑さもなくまさに運動会日和です。ただ、前日までの大雨の影響で運動場には大きな水たまりがありましたが、岡本区長さまはじめ関係役員の方々のご尽力もあり当日は運動場も最高の状態に仕上がっていました。企画や準備、本当にご苦労さまでした。運動会には小さなお子さんから本校や北小の児童、青年団のみなさん、保護者の方々、大先輩のOB・OGのみなさんが参加し大成功でした。私も吉松教頭先生や小山ジャンボのみなさんともに40年ぶりにアメ食い競争に参加しました。楽しかったです。

5月18日(金)

電気まわしリレーとタケノコにょっき(4年2組)

4年2組の学級通信を読んでいると「電気まわしリレー」と「タケノコにょっき」についての解説がありました。「電気まわしリレー」と「タケノコにょっき」がどんなものなのかイメージがわかなかったので担任の五島先生にたずねると「見にこられますか」と言っていただきました。誕生会のあとクラス全員の協力のもと電気まわしリレーがはじまりました。集中力の持続という面では小学生にはかなり難しいこの二つの取り組み。単純ですがレベルの高いことが求められます。またこの二つの取り組みを通してこの一年間で五島先生が子どもたちに学んでほしいことやその目的が少しみえました。みんながんぱって。

5月18日(金)

ハグリットのカメラ目線・ヒロT危うし!

鯉のぼりが支柱に引っ掛かったようです。梯子の上でヒロTが引っ掛かりを外そうと懸命に頑張ってくれています。下ではハグTが必死ではしごを支えています。顔だけはカメラ目線です。コラコラ、いくらハグTが怪力といえども気をつけてくださいよ。でもみんなのためにありがとう。危険ですからみなさんはマネしないでね。

5月18日(金)

すご~イ!!わんぱく相撲の結果

先週の日曜日に行われたわんぱく相撲藤井寺場所の結果がとどきました。1年男子の部2位が東さん(1-1)、2年生男子の部2位が片岡さん(2-3)、3年生男子の部優勝が尾崎さん(3-1)、3位が角井さん(3-3)、3年生女子の部優勝が福家さん(3-2)2位が増田さん(3-2)、3位が好井さん(3-2)、4年生男子の部優勝が東さん(4-1)、5年生女子の部優勝が松本さん(5-2)、2位が寿野さん(5-2)、6年生男子の部優勝が國下さん(6-4)、3位が菊井さん(6-3)、6年生女子の部優勝が萩原さん(6-2)でした。みなさん本当によく頑張りましたね。今年満足のいく結果を残せなかった人はしっかり稽古し、来年も頑張ってください。それにしても12部門中6部門で優勝とはさすが藤小の勇者たち。

<

5月18日(金)

「ハロ」

先日、ブックママをしていただいている長井さんの撮影された写真がカンテレ報道ランナー、片平さんのお天気で紹介されたという話題があったと思います。写真のデータをお借りすることができました。この写真のように太陽の周りに現れる虹のような光の輪のことを「ハロ」というそうです。ハロは雲の中にある氷の粒に太陽の光が屈折してできる現象で、うす~い雲が太陽にかかった時に見えます。また、ハロが見られる時は天気の下り坂のサインでもあるそうですよ。季節の移り変わりや自然の変化を感じ取れるっていいですね。今日の朝、児童がカタツムリを発見して見せに来てくれました。今日も暑くなりそうです。

<

5月17日(木)

2年生春の遠足③

木陰でお弁当、ちょっとあぶないけれど木登りも楽しい思い出。ただし、みなさん、私は小学校1年生の時に木登りをしていて高い枝から自ら飛び降り、着地の際に自分の右ひざと右ひじがあたり、右ひじの関節が外れた(脱臼)ことがあります。その時は痛みがなかったのですが家に帰る途中、うしろを歩いていた友だちが「おまえ、右手が左手より長いぞ」「ほんまや、なんがグニャグニャや、あっ、反対にも曲がる」その晩から激痛がはしり大変な目にあったことがありました。みなさん、気をつけてくださいね。写真、1組担任の生川先生と子どもたち、映画「二十四の瞳」のワンシーンみたいですね。(一昔前の映画なので保護者のみなさんでもわかる人少ないかも・・登場人物の新田少年は私の幼なじみの新田くんのお父さんです。もっとわからないですね。)参加した梶谷修行僧は草アレルギーにやられて終始うつむき加減の遠足だったようです。まだまだ修行がたりませんね。みなさんは大丈夫でしたか。「おかえりなさい」全員無事に帰ってきてくれました。

5月17日(木)

2年生春の遠足②

近鉄布忍駅から大泉緑地まではかなりの距離を歩かなければなりません。子どもたちは安全に気をつけて無事到着することができました。今日は湿度が高く不快指数は今年度一番の高さかもしれませんね。それでも子どもたちは元気よく遊び、お弁当を嬉しそうに食べ、周りへの気遣いもある良い遠足だったとの評価を同行した教頭先生よりいただきました。

5月17日(木)

英語授業(5年4組)②

今日は第三中学校ALTのバニー ショーン先生も見学にこられました。新しいALTのケビン先生の様子を仲間として参観するとともに、小学校英語の進路と授業風景を確認することにより中学校でのALTの役割の確認に活かす目的があります。藤井寺市の5名のALTは本当に優秀な方ばかりでいつも感心しています。採用試験も意外と難関で5~10倍の倍率を突破しなくてはなりません。授業に取り組む5年生を見て、バニー先生が後ろで参観している私のところにやってきて耳元でつぶやきました。「very very happy student」校長室に戻ってからは日本語で「子どもたちも担任の先生もケビンもみんな英語を楽しんでいた」と言い残し三中に戻っていきました。very good なお言葉をありがとう!バニー、see you 英語ボランティアの山田先生も自然でやわらかな、でも少し英語が苦手な子どもたちにとっては大きな手助けになる参加、感謝しております。

5月17日(木)

英語授業(5年4組)①

校長室で仕事をしていると2Fから今津先生とケビン先生と子どもたちの楽しそうで元気な英語の発音と笑い声が聞こえてきました。英語の授業のなかで「How many ~」の勉強をしています。ケビン先生からの英語の伝言を仲間でまわし、最後に伝言された先頭の人が黒板に絵で表現していきます。

5月17日(木)

遠足(2年生)①

2年生が本校で最後の春の遠足に出発しました。目的地は大泉緑地です。気温的には夏の遠足ですね。今日は湿度も高めなので熱中症にはじゅうぶん気をつけて楽しんできてほしいと思います。行ってらっしゃい。

5月16日(水)

世界遺産学習(6年生)②

世界遺産学習ノートを使い世界遺産学習を行っているのは藤井寺市だけです。藤井寺の歴史をしっかり学んでくださいね。教育委員会からは高橋指導主事も参加してくれました。予定では来年の夏に「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に登録される見込みです。たぶんその何年かあとには博物館でガラスケースの向こう側に保管されているであろう本物の人型埴輪や勾玉(まがたま)をじかに触れることができる授業でした。5月25日には6年生世界遺産フィールドワークがあります。

5月16日(水)

世界遺産学習(6年生)①

今日は教育委員会次長、世界遺産推進室長でもある山田様をお招きしての世界遺産学習の出前授業です。平成24年に奈良で開催された「世界遺産学習サミット」においてご講演されたのが今回みなさんに授業をしていただいた山田様と本校教頭の吉松先生(当時教育委員会)です。私は家族で参加しましたが、藤井寺を世界にアピールした素晴らしい講演会に感動したのを覚えています。そんな山田様に授業してもらうなんてみなさん、大変ラッキーですよ。また、みなさんには無償で提供されていますが、世界遺産学習ノート(初代版)は「世界遺産学習サミット」で5分で完売したレアものです。それだけ注目されています。

5月16日(水)

集団下校

コースごとの集団下校で日陰でお友だちを待っている様子です。待っている間に古荘先生と須田先生の魔法の小話が始まりました。みなさん、気をつけて帰ってくださ~い。プールのカモが仲間を連れてきて3羽になりました。寒くなったら暖かい所に帰っていくのかな。

<

5月15日(火)

h30 安全監視員

藤井寺小学校には3名の安全監視員がいます。3名が揃われることはめったにないのであらためてご紹介させていただきます。左から山田さん、葛城さん、井関さんです。それぞれのご趣味をお聞きしたところ、山田さんはウクレレ、葛城さんはカラオケ、井関さんは将棋だそうです。このご時世、不審者の入校を許すわけにはいけませんので、入校に際しては若干厳しめにお願いしています。ご協力よろしくお願いします。安全監視員のみなさま、藤小の子どもたちをよろしくお願いします。

5月15日(火)

スポーツテスト(2年生)

今日は2,5年生のスポーツテスト。最高気温の予想が29℃ということでかなり気を使いながらの授業となります。明日は3,4年生。明後日は6年生のスポーツテスト。明日は6年生の世界遺産学習出前授業があります。明後日は2年生遠足もありますね。みなさん、熱中症には本当に気をつけて、気分がわるくなる前に水分をとりましょうね。

5月15日(火)

修行僧

みなさん、元気にしてますか。私は元気にしています。(本人了解済)

<

5月14日(月)

ブックママ総会

ブックママさんたちの活動が子どもたちにとって大きな教育効果があることはこのHPでもこれまでに何度か紹介させていただきました。今日はブックママ総会。学校司書の鳥羽さんからのお話や自己紹介など終始穏やかな総会となりました。「子どもが南館での学校生活になり図書室まで距離があるのでたぶん来室しなくなります。ブックママもどうしようかなぁと思っていましたが、今日の総会の雰囲気をみてこれなら私でもやっていけそうかなと思っています。」という阿部さんの自己紹介が印象的でした。また内容はまったく違いますがブックママの長井さんの写真が関西テレビの報道ランナー、片平さんのお天気で紹介されたそうです。どんな写真かな。

<

5月13日(日)

わんぱく相撲

ふじりんぴっくと並行して藤西小体育館を会場として「わんぱく相撲」が開催されました。小学生とはいえ力強く白熱した試合の連続でした。決勝戦や高学年の試合は昼からということで観戦できませんでしたが参加したみなさん、本当によく頑張りました。

5月13日(日)

ふじりんぴっく

今年度で10回目となるふじりんぴっくがスポーツセンターで開催されました。本校からは24名がエントリーし自己記録や大会記録を目指します。当日は日本体育大学から2名のアスリートも参加していただきました。しかし、開会式後に雨が本降りになり少しの間だけ走り方講習会が行われたところで中止となりました。大変残念ですが仕方ありません。このエネルギーは秋にある本校の運動会で発揮しましょう。

5月12日(土)

連P総会

藤井寺市立学校園PTA連絡協議会総会がパープルホールで開催されました。今年度は藤小が担当校ということで足立会長をはじめ母親部会の部長を務めていただく中野副会長にもご尽力いただいております。また担当校教頭の吉松先生には事務方としてお世話になります。連Pの会長でもある足立会長のあいさつです。①9月8日(土)の教育講演会は今年度は講演会ではなく、大阪市の大空小学校を舞台にした映画「みんなの学校」の上映会を実施すること。②連Pは各学校のPTAを取りまとめたり、単Pの上位に位置づけられるものでもなく、本来はPTA活動の参考となる情報発信・情報交換の場であること。などのお話がありました。わかりやすくてみなさんの共感の雰囲気が多く感じられるご挨拶でした。ご参加いただいたみなさま、お疲れ様でした。

5月11日(金)

4年生春の遠足②

昨日の4年生の遠足ですが、今年度初めて植物園でのオリエンテーリングを行ったそうです。チームがバラバラになることなくみなさん協力し成功に終わったとの報告をうけました。頑張りましたね。日曜日はふじリンピックとわんぱく相撲。出場するみなさんは頑張ってね。結果だけにとらわれず全力を尽くすこと。

5月11日(金)

1年生春の遠足⑥(可愛いでしょ・楽しい遠足でした)

シロクメクサの花飾りと指輪、とても素敵です。事故なく大きなケガもなく、笑顔でみなさん無事に帰ってくることができました。子どもたちも先生方も本当によくがんばりました。おうちの方もありがとうございました。

<

5月11日(金)

1年生春の遠足⑤(中屋Tとお弁当とミスってしまいましたパートⅡ)

2組担任の中屋Tと子どもの様子です。なんかいい感じです。楽しみのお弁当の時間がやってきました。みんなとっても嬉しそうです。一人になる児童もおらず、仲良く食べることができました。お弁当のあとはおやつの時間。「みなさん、しっかりお弁当たべましたか」担任の先生が声をかけてまわります。わたしも見廻っていると一人の児童がやってきて「校長先生、おなかポンポコリンやなぁ。甘いもんたべすぎちゃう」「余計な御世話じゃ!」心の中でそうつぶやきながらも「校長先生甘いもんすきやねん!」と言いました。すると「校長先生、甘いもん好きやねんて!」「しまった!」心のなかでそう思いましたがすでに手遅れでした。「校長先生、これあげる~」「ありがとう、優しいなぁ、おいしいわ~」「わたしもあげる」20個近いグミとタブレット。まさにおなかポンポコリンで昨年の二の舞でしたが、みんな、ありがとう。

5月11日(金)

1年生春の遠足④(ドヤ顔コーナー)

生活指導担当のドヤ顔の藤井先生も引率してくれています。写真撮影している私に近づいてきて「ポーズとるんでHPのネタにしてください」と言ってきました。みなさん、近づかないようにしましょう。(本人了解済)

5月11日(金)

1年生春の遠足③(ミスってしまいました)

ミスってしまいました。ごめんなさい。クラス写真の後は遊具コーナーでの自由時間。5分もたたないうちに本部(荷物置き場)にいた私のところに「校長先生、こけた~」と次から次へと子どもがやってきます。晴天のため油断していました。すべり台横の斜面が木陰になっており、その部分が一昨日の雨の影響で乾いておらず、すべる児童が続出。地面はやわらかいのでケガはないもののズボンが泥んこになってしまいました。しかも5人も・・・驚いたのは替えのズボンを持ってきている児童が数人いたことです。さすがわが子のことがわかってらっしゃる。

<

5月11日(金)

1年生春の遠足②(ワクワク・ドキドキ)

石川河川敷公園に到着してまず後藤ひとみ先生のお話のあと、クラスみんなで記念撮影をしました。早速、サクランボをみつけたと報告してくれました。

5月11日(金)

1年生春の遠足①(偉かった)

天気は快晴!今日は待ちに待った1年生の遠足です。目的地は近鉄駒ヶ谷駅から徒歩5分の石川河川敷公園。中屋先生、森本先生からのお話や注意を顔をあげてしっかり聞くことができました。1年生にしては行動が素早く藤井寺駅にも予定より早く到着したにも関わらず、改札横ではみなさん一言もおしゃべりすることなくじっと我慢してくれました。私はその姿を見て感激して泣きそうになっていました。年をとるといちいち小さなことで感動してしまいます。1年生のみなさん、本当に偉かったですよ。

5月10日(木)

藤井寺中学校

出張で藤井寺中学校にお邪魔しました。はじめて新校舎に入らせていただきました。少し早い到着でしたので見学もしてきました。新しいっていいですね。何もかもがピカピカです。本校OB・OGたちもたくさんあいさつにきてくれました。みなさん、中学校生活が楽しそうで安心しました。

5月10日(木)

大縄跳び決戦(6年2,3組)

6年生の2組と3組がお昼休みに運動場において大縄跳びで対決するという風の噂を聞きつけました。2年生のお友だちと見に行くことにしました。担任の古澤先生、小西タンタン先生ともにクラスのメンバーと円陣まで組んで本気モードです。たくさんのギャラリーが見守る中、結果は30回を跳びきった2組が勝利しました。また、練習期間をへて第2回戦が計画されているようです。あつくなってきました。

5月10日(木)

春の遠足(4年生)

今日の朝は寒いくらいの気温でした。それでも子どもたちは「おはようございます」と元気なあいさつをしてくれます。今日は4年生の春の遠足です。行き先は長居公園&自然史博物館。自然史博物館のある植物園では今バラの花が見ごろとニュースでやっていました。4年生遠足のめあては①春の自然や博物館で新たな発見をたくさんしよう!②仲間と力を合わせて、オリエンテーリングを成功させよう!③友だちの良さを発見し、「みんなが楽しかった」と言える遠足にしよう!です。4年生の合言葉、四つ葉のクローバー(けじめ・思いやり・チャレンジ・感謝)を実践し、それぞれの花を咲かせてくださいね。いってらっしゃい。8年ぶりの遠足引率ということで、だれよりも吉松教頭先生がワクワクしているように見えました。しっかり仕事してきてくださいね。

5月9日(水)

圧倒されてしまいました。(1年3組)

図書室から校長室までの帰り道、1年3組のメンバーと出会いました。その流れで教室まで見送ることになりましたが、圧倒的なパワーで教室に引きずり込まれ、失礼、教室に招待され、そのまま音楽の授業を参観させていただくことになりました。となりのトトロでもおなじみの「さんぽ」を3番まで聴かせてくれました。楽しく元気よく歌うその姿とみなさんの歌声はとてもステキでしたよ。歌い終わると子どもたちは「何点?何点!?何点!!」全員私の口元に、まさにかたずをのむように注目しています。「ここで100点以外の点数を言うとどうなるんだろう、無事で帰れるのかな」などと考えながら「プルルルル・・ゼロ、ゼロ、イチ、100点」とジェスチャー付きで判定した自分がいました。担任の後藤ひとみ先生、フォローありがとう。みんなありがとう。

<

5月9日(水)

お昼休みの図書室

午前中ふっていた雨もすっかり上がり、良い天気になってきました。水曜日のお昼休みは短めです。図書室をのぞいてみると何人かの子どもたちが大変落ち着いた環境の中、思い思いの本を読んでいました。図書室はこうでなくてはなりません。青空と鯉のぼり、運動場で遊ぶ子どもたちとはまた違った、対照的な空間がそこにありました。

5月9日(水)

ひまわりタイム

今日のひまわりタイムは、手形をつくろう!です。手形をつくってさらに何かの制作をするようなことをヒロTが説明してくれていました。赤、青、黄などカラフルな手形がお互いの協力でできあがっていきます。同時にトマトの植え替え作業に入っているグループもありました。こちらもでき上がりに期待しましょう。

5月9日(水)

学校沿革誌

現金などは入っていませんが校長室の金庫の中には貴重な資料がいくつか入っています。その中の一つに「学校沿革誌」があります。明治5年の9月から引き継がれており、本校に残されている資料の中で最も古いものです。しかも現在も使用されています。毎年5月1日の学級数・児童数確定を受けて学校長が学級数、児童数、教職員の移動、学校の改築、大きな取り組みなどを書きこんでいきます。この沿革誌によると本校は明治6年6月6日に「河洲27番小学校」として始まり、その後志紀小山小学校と改称し、大正4年には小山尋常小学校(こやまじんじょう)、藤井寺国民学校など10回の改称をへて昭和41年に現在の藤井寺市立藤井寺小学校となりました。来月の6月6日で藤小は145歳になります。すごいですねぇ。詳しくはこのHPの「学校より」⇒「学校の沿革」をご覧ください。

<

5月8日(火)

花や野菜を育てよう(2年生)

2年生の生活科の授業でミニトマトの栽培をしています。順調に生育しているようです。今日は苗をそれぞれの鉢に移し替える作業です。収穫が楽しみです。大切に育ててあげて下さい。

<

5月8日(火)

6年生授業参観

5月8日(火)

5年生授業参観

5月8日(火)

4年生授業参観

5月8日(火)

3年生授業参観

5月8日(火)

2年生授業参観

5月8日(火)

1年生授業参観

5月8日(火)

屋根より高い鯉のぼり

ヒロT(井上裕之先生)が全校朝会で鯉のぼりの完成の報告をしてくれました。ひまわりのお友だちと1年生と先生たちが作り上げてくれました。鯉のぼりのウロコ一つひとつにはみなさんのメッセージが書きとめられています。素晴らしい出来栄えだと思います。大空高く舞い上がる鯉のぼり。みなさんも鯉のぼりのように心の大きな人になってくださいね。

5月8日(火)

児童朝会(全校児童)

本日は朝から児童朝会がありました。本来なら運動場で行われる朝会ですが、運動場がぬかんでいたため体育館で行われました。体育館での移動の際、学年が重なると必ず上級生が下級生に道を譲ります。藤小の子どもたちは先生がいない場合でもこれができます。そこには上級生としての余裕と強さと優しさを感じることができます。私たち大人も見習わなければなりませんね。さて、4月8日の始業式から今日でちょうど1ヵ月がたちました。新しい友だちはできましたか。友だちの良いところを発見できましたか。困ったことはないですか。私からは子どもたちにこんな質問をしました。今後も優しさと愛情あふれる藤井寺小学校にしましょうね。写真は新しく安全監視員として活動していただいている山田正さんです。よろしくお願いします。また、4月からスクールフレンドとして活動してくれている四天王寺大学の西村さんと森本さんからも自己紹介をしていただきました。主に保健室で活動していただいています。みなさん、気軽に話しかけて下さいね。

5月7日(月)

安全監視員の武田さん

安全監視員の武田勝也さんがこのたびご退職されることになりました。武田さんは平成20年の4月から丸10年間、藤井寺小学校の子どもたちの安全を見守ってくれました。武田さんからのメッセージです。「いつも子どもたちの笑顔に元気をいただき、楽しく仕事をすることができました。みなさん、本当にありがとうございます。先生方にはいつもお気づかいとともに色々なアドバイスもいただきました。お陰さまで無事に勤めることができました。本当にありがとうございました。」武田さん、いままでありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

<

5月7日(月)

五月病に負けないために!

みなさん、GWはゆっくりできましたか。家でのんびりした人、家族で出かけた人、スポーツや習い事の練習や取り組みにがんばった人などそれそれに違う過ごし方があったと思います。私は高田郁さんの「銀二貫」という小説に感動し、その舞台である天神橋筋商店街に行き、そして端から端までを歩いて制覇してきました。天神橋筋商店街は大阪市内にある日本一長い商店街です。いろいろなものが売っていて楽しかったです。目的は「楽しみながら歩いて健康の保持増進」でしたが、十数件あるたこ焼き屋さんの良い匂いにつられ、食べ比べをしてしまい、逆に体重が増えてしまいました。大阪南港に釣りにも行きましたよ。今シーズン最長の54センチのチヌが釣れました。また、大切な人のお母様が亡くなりお通夜にも行きました。(ブログのようになってしまいました。申し訳ありません)さて、新年度がはじまり1カ月が経ちました。今日、給食配膳室の前でドヤ顔の藤井先生とこんな会話をしました。「今日、朝起きるのつらかったですねぇ。」「そやな、ちょっとつらかったな」「子どもたちも同じかもしれませんね」GWが終わる頃、よく「五月病」という言葉を耳にします。近頃では「六月病」というものが多くなってきているようです。新しい環境での緊張や焦り・ストレスや疲れがたまっているにもかかわらず頑張り過ぎたときにその状態が長引くと知らず知らずのうちにうつ病に移行してしまうことがあるそうです。子ども・大人関係なく気をつけていく必要があります。ストレス・疲労をためないポイントを記載します。参考にしてください。①完ぺきを求めて頑張り過ぎないようにする。②ひとりで悩まない。③十分な睡眠時間の確保。④時間に余裕をもって行動する。⑤自分の時間をつくる。(休息・趣味)⑥規則正しい食生活と栄養バランス。⑦音楽・温泉・マッサージなどでリラックス。自分では気づかない場合も多いようです。お互いに注意し、優しさの声を掛け合いましょう。明日は授業参観、学級懇談、PTA総会です。

<

5月7日(月)

学校探険(1,2年生)

1年生と2年生がペアになり学校を探険していきます。入学して1ヵ月しか経過していない1年生にとってははじめて訪れる教室もあります。そこで2年生のお兄さんお姉さんが案内をしています。自分よりも小さい後輩たちを導いていくことには知識も経験も必要で責任感も養われていきます。2年生のみなさん、よくがんばりました。1年生のみなさん、良かったですね。校長室にもたくさんの子どもたちがやってきました。明治時代から続く歴代校長の写真を珍しそうに眺めていました。藤小の用心棒的存在の心優しきハグリット和田先生も見守ってくれています。

5月7日(月)

1時間目の様子(5年生)

朝、目が覚めると外はあいにくの空模様。金剛葛城から二上山のかけての山には中腹までは低い雲がかかっていましたが、山頂には雲がなく雲海のような幻想的な風景が広がっていました。久しぶりの学校です。この連休中に子どもたちや先生方が事故に巻き込まれるという報告はありませんでした。良かったです。子どもたちは連休明け・雨天ということで全体的に多少出足は遅いような気がしますが無事登校してくれました。写真は5年生の1時間目の様子です。クラスによってはGWでの出来事の報告、新しいクラスで1ヵ月が経過したところでの席変え・係りきめ、どんなクラスにしたいかの再確認、中には五月病について担任と子どもたちが語り合っているクラスもありました。

5月2日(水)

お昼の放送

天気予報通り昼前から雨が降り出しました。1年生の遠足も強行していたら8割の取り組みはできていたと思いますが、こういう判断は本当に難しいですね。楽しみは後にとっておきましょう。今日のお昼の放送を担当してくれたのは6年生の橋詰さん、今井さん、5年生の河内さん、山本さん、板坂さんと田中こうや先生です。給食の後片付けのことや雨の日の昼休みの過ごし方についても放送してくれました。6年生の橋詰さんのアドバイスのもと河内さんの澄んだとおる声が藤小校舎をつつみました。二人ともさすがです。男子三人とこうや先生、私も含めて男連中はあまり役にたっていないような・・・明日から大型連休後半です。また釣りにでもいこうかな。みなさん、7日には必ず元気な顔を見せてくださいね。

<

5月2日(水)

理科の観察(3年1組)

2時間目、虫めがねを持った子どもたちが学校のあちこちで植物や虫の観察をしていました。昨日の遠足のまとめをしているのでしょうか。ハチの死がいやダンゴムシ、アリなどの他に石をどけてナメクジなども観察しています。知らないものは怖いですが知れば対応もわかります。物知り博士になって色んな事を教えてくださいね。今日も園芸ボランティアの方々が花壇の整備にきてくれています。

5月2日(水)

晴れ神話が崩れました。

私事で申し訳ありません。昨日帰宅すると「今日、藤井寺小学校の子どもたちを見かけたよ」私の自宅は滝谷不動駅と錦織公園との間にあります。「おっきい先生おるね。黄色いTシャツを着てたわ。子どもたちもちゃんと並んでおりこうさんやったよ。いい学校やね。」奥さんとのこんな会話がありました。おっきい先生というのはたぶんハグリット和田先生のことだと思います。錦織公園には南河内からたくさんの小学校が遠足で訪れます。奥さん曰く、子どもたちの歩く姿でその学校や学年のよしあしがわかるそうです。そんなことだけで判断しないでほしいと言うのが正直なところですが、取りあえず藤小3年生のみなさんは合格らしいです。良かったです。今日は朝からどんよりとした天候。私が参加する遠足や社会見学、宿泊、運動会や各種行事において昨年度から続いていた晴れの連勝記録が途絶えました。主任の森本先生とともに判断に時間をかけてしまいましたが、1年生であることも考慮して延期することにしました。1年生のみなさん、5月11日(金)晴れることを期待しましょう。写真の方は羽曳野・藤井寺・河内長野の防犯パトロールを担当していただいている辻秀晃さまと安全監視員の葛城さまです。今日もよろしくお願いします。

<

5月1日(火)

遠足(3年生)

3年生のみなさんが遠足で行った錦織公園からさきほど無事に帰ってきました。かなりの気温だったので心配していましたが、子どもたちは元気いっぱいで最後まで楽しめたようです。先生方も集合場所の工夫(日陰)や水分の取り方等の指示を適切におこなってくれたようです。お疲れさまでした。今回のめあては虫や植物などの「春さがし」と「新しい友だちみつけ」だそうです。どちらも達成した子どもたちも多かったとの報告を受けました。宇田先生の「家に帰りつくまでが遠足」という一昔前の校長のようなしめの言葉を聞いて解散しました。日焼けのためか修行僧も茹でダコのように真っ赤になって帰ってきました。明日は1年生の遠足(石川河川敷公園)です。午前中何とか天気は持ちそうですよ。

5月1日(火)

五月晴れ

五月晴れです。暑いですね。五月の下旬であればわかりますがまだ一日、気温が高すぎます。遠足で3年生のみなさんは朝から元気よく錦織公園に出発しましたが、大丈夫かな。温暖化の影響とエアコンの普及で私たちの環境適応力の低下のため、年々熱中症のリスクが高まってきています。今日も念のため修行僧が児童用スポーツドリンク数本をリックにしのばせてくれています。正門付近では5年生の木村さんと井原さんたちが一生懸命お掃除をしてくれていました。教育総務課の芝池さんと玉手さんは正門の修理をしてくれています。ありがとうございます。

<

4月27日(金)

授業(2年生)

今年度がスタートして1ヵ月が経過しました。新しいクラスや学年で若干緊張していた子どもたちもゆったりと授業を頑張ってくれています。明日から大型連休が始まりますね。みなさんはどこかに出かける計画はありますか。交通事故や川・海での事故等にはくれぐれも気をつけて、心も身体もリフレッシュしてきてください。明日は魚釣りにでもいこうかな。それでは良いGWをお過ごしください。

4月27日(金)

聴力検査(1年生)と授業(4年生)

保健室の前を通ると1年生のみなさんがそぉ~とほんとにそぉ~と音をたてないように上靴をはいています。今日は聴力検査。1年生のみなさんは担任の先生や保健室の塩野先生の注意をしっかり聞いてそれを実行できていました。大変えらかったと思います。あとの写真は4年生の音楽と算数習熟度の授業です。みなさんがんばっています。

4月26日(木)

藤小で暮らす生き物たち

藤小で暮らしている生き物といえばウサギのナツとスマイルです。それ以外にもアリやダンゴムシはたくさん住んでいます。そうそう、昨年度からカブトムシの幼虫も暮らしています。実は今週からプールに二羽のカモが住みついています。「校長先生、二匹ともメスやで」子どもたちが教えてくれます。「どうしてメスってわかるの」「カモのメスは人間と違うくて地味やねん。オスはカラフルやねんで」なるほど、よく見ると羽の大部分は茶色です。その様子を見ていた教頭先生が「かもなんば、かもなんば」と独り言を言いながら通り過ぎていきました。そのほかにも藤小にはタヌキの親子が暮らしています。基本的に夜行性なのでみなさんが目にしたりすることはほとんどありませんが、どうも彼らには居心地が良いようです。時折、夜になると校長室とプールの間でガサゴソしています。タヌキは人に危害を加えることはありませんが、野生なのでツメで引っかかれたりする可能性もゼロではありません。もし、見かけてもそっとしておいてあげてくださいね。生き物といえば先日の5年生の遠足でこんなことがありました。お弁当を食べた広場の男子トイレの小便器の中に大きなムカデがいました。ムカデにはハチと同じように毒があります。ハチのように毒液を注入するのではなく、頭部にある大顎や肢の先の爪で皮膚に傷をつけ、大腮の根本にある毒腺から毒を塗りつけるそうです。今回見かけたムカデはどうやら小便器の排水管の空間の中で暮らしていたようで、排水管を出たり入ったりしていましたが小便器の返しがあるので外に出てくることはありません。しかし、次にそのムカデを見たのはズタズタに切り刻まれた姿でした。それを知った5年生の今津先生も私も少し複雑な気持ちになりました。今考えると子どもたちにその場で臨時の野外授業をしても良かったかなと思っています。「触ると危険」「いのち」について。また、機会があれば子どもたちと一緒に考えてみたいと思います。

4月26日(木)

リコーダー講習会(3年生)

3年生のみなさんのそれぞれの手には真新しいソプラノリコーダーが握られています。今日はリコーダー講習会。講師をしていただくのは赤坂放笛さまです。講演中はご自分のことを「おっちゃん」と言われていましたが、数々のリサイタルなどにも出演される有名な人なのです。みなさんは赤坂さんの奏でるリコーダー演奏をライブで聴くことができたので、赤坂さんがただ面白いだけの「おっちゃん」ではないことがわかったと思います。リコーダーの授業が待ち遠しいですね。

4月25日(水)

給食配膳の見本(6年生と1年生)

エプロンにマスク、バンダナを頭に巻いた6年生が1年生の教室に向かっていきます。「今から何があるの」「1年生に給食の配膳の仕方を教えにいきます」6年生がとても頼もしくみえます。ありがとう。よろしくお願いします。

4月25日(水)

国語の授業(4年4組)

ひまわりタイム見学の後、職員室までの帰り道、廊下を歩いていると4年4組の前で歩が止まりました。みなさんそれぞれに声を出して本を読んでいます。声を出して本を読むことを音読といいます。音読の次に挑戦するのは朗読です。気持ちや感情を込めての音読がすなわち朗読となります。班で役割分担し、なかなかレベルの高い朗読を聞くことができました。

<

4月25日(水)

ひまわりタイム(ひまわりと1年生)

今日のひまわりタイムは1年生のみなさんとの交流です。みなさんで協力して鯉のぼりをつくっていきます。今年はどんな鯉のぼりができあがるのか楽しみです。きょうは体育館でウロコの作成をしました。

4月24日(火)

体育会系事務職員

藤井寺小学校の事務職員の森さんと津田さんです。保護者のみなさまとはほとんどお顔を合わすことはないと思いますが、学校に届け物をしたり、お電話いただいた時に最初にでるのが二人のうちどちらかです。いつもしっかりと仕事をしてくれています。二人とも事務職には珍しく体育会系です。森さんは野球とソフトボール、ソフトボールでは昨年度大阪府代表として全国大会にも出場しました。2枚目の写真の津田さんは今年度からの藤小勤務です。2月に行われた別府大分毎日マラソンで2時間台という驚異的なタイムをたたき出しています。お二人にはこれからも走り続けてもらいましょう。

<

4月24日(火)

給食配膳員さんのお話(2年生)

2年生のみなさんが本日2時間目に生活科の授業で給食配膳員さんのお話を聞きました。本校には3人の給食配膳員さんが勤務しています。そのうち藤本さんには配膳室のお留守番をお願いし、松下さん、中村さんのお2人にお話を聞くことができました。事前に子どもたちから聞いていた質問を高木先生がインタビューする形で授業が進んでいきました。「配膳員さんはどんな思いでお仕事されていますか」「どんなお仕事をしていますか」「つらいことはありますか」「仕事は好きですか」などなかなか突っ込んだ内容も含まれていました。松下さんも中村さんも共通していたのは、この仕事が好きで辞めたいと思ったことはないこと、それはみなさんからの声がけが嬉しく、みなさんの成長もまじかで感じ取れるから・・などについてもお話していただくことができました。私も聞いていて嬉しかったです。いつも藤小のみなさんが給食や配膳において丁寧に対応してくれている証ですね。これからもよろしくお願いします。さて、今日から家庭訪問が始まります。訪問では学校でのお子さんの様子をお伝えしたり、保護者のみなさまの想いをお聞かせいただいたり、担任が知っておいたほうが良いことなどもお伺いします。どうぞよろしくお願いします。

4月23日(月)

英語授業(3年1組)

3年生対象の英語の授業が始まりました。担任の前田先生とALTのケビン先生が協力し授業を進めていきます。ケビンはほぼ日本語を使うことなく、でも子どもたちはある程度理解することができ、前田先生も子どもの気づきになるような発問をしています。それにしても子どもたちの思考回路のやわらかさには驚かされます。楽しみながら授業に取り組めることができて良かったですね

4月23日(月)

避難訓練(全校児童)

本館1F校務員室から出火したという想定で火災避難訓練が実施されました。1年生にとってははじめての経験で少し戸惑ったかもしれませんが、みなさん、先生の指示のもと素早く安全に避難することができました。5年生の松本先生のお話も私語することなくしっかり聞くことができました。私からは近年、全国の小学校での火災で死亡する児童がいないのはこの訓練のたまものであること、みなさんの命と仲間の命を守るための今日の訓練でもみなさんがふざけることなくしっかり行えたこと、ビル火災や映画館ではどうして被害者がでてしまうのか等をはなしました。

<

4月23日(月)

連Pと単P

19日の木曜日に藤井寺市学校園PTA連絡協議会が開催されました。本校からは足立PTA会長と中野PTA副会長が参加してくれました。この協議会は藤井寺市の幼稚園・小学校・中学校のPTAの代表と校長、教育委員会の担当者が集まり、各学校園の情報交換や研修会、講演会を企画し、通称連Pと呼ばれています。それに対し、各学校園のPTAの組織は単Pと呼ばれています。今年度は藤井寺小学校が輪番による担当校ですので足立会長が連Pの会長も兼任しています。日頃、足立会長をはじめ役員のみなさんは必要性の薄い会議や役割を終えた活動や取り組みの精選を行って、保護者がPTA活動に参加しやすい環境づくりに取り組んでくれています。子どもの健やかな成長につながり、なおかつ保護者の負担感の少ないPTA、素晴らしいと思います。足立会長は連Pの役割の整理にも、尽力してくれようとしています。どうぞよろしくお願いします。21日の土曜日には本校PTA役員会・運営委員会が行われました。今年度から藤小に来た吉松教頭先生はPTAの会議の進行が建設的でしかもみなさんがにこやかに参加されていることに驚いていました。みなさん、ありがとうございます。準備には修行僧もかなり関わってくれています。写真は役員のみなさまと運営委員のみなさまです。今年度も藤小をよろしくお願いしま~す。

4月21日(土)

5年生遠足③(5年生)

オリエンテーリングや畝傍山登山の目標は時間を競うのではなく、グループ活動を通して自然に親しみ、互いの良いところを発見することにあります。5年生の先生たちや係りの児童のみなさんのこの投げかけに見事に答え、みなさん、無事に藤井寺に帰ってきました。ハグリットはひとり、禁断の森に帰っていきました。

<

4月21日(土)

5年生遠足②(5年生)

オリエンテーリングのあとはお楽しみのお弁当、そして大和三山のひとつ、畝傍山(うねびやま)登山です。みなさん、頑張ってください。休憩時間に日陰で座っていると「校長先生、はよおいでや、始めるで」「何を?」「鬼ごっこに決まってるやん」参加してつい熱くなり、太ももの裏側の筋肉を痛めるアクシデントはありましたが、子どもたちの元気な笑い声と活動している姿をみるのは目にも心にも良いような気がします。楽しかったですね。事故や大きなケガもなく良い遠足になりました。

4月21日(土)

5年生遠足①(5年生)

5年生のみなさんと橿原神宮周辺に遠足に行ってきました。天気は快晴。まだ4月だというのに暑いくらいです。熱中症予防のため児童用ポカリスウェットも念のため準備していきました。電車の中では他の乗客に迷惑がかからないようにみなさん気をつかってくれていました。また、気分の少し悪くなった藤小児童を気遣い座席を譲ってくれた富田林市立新堂小学校のみなさんの心あたたまるエピソードなども田中しゅん先生が紹介してくれました。橿原神宮の広大な敷地には自然がいっぱいあります。グループ写真をとってみなさんはオリエンテーリングに出発しました。

4月21日(土)

インターンシップと花壇(四天王寺大学学生と2,3年生)

5月から始まる四天王寺大学インターンシップ活動。今年度も5名の学生が金曜日に来てくれることになりました。昨年度も子どもたちや先生方との関わりの中でたくさんの学びをしてくれました。今年度も藤小こどもたちの健やかな成長のためにどうぞよろしくお願いします。横に座って異色の光を放っているのは担当する梶谷修行僧です。昨年度の1,2年生が植えてくれたお花たちが藤井寺駅周辺で咲き誇っています。とてもきれいです。

4月21日(土)

遠足(6年生)

19日の木曜日に6年生が明日香方面に遠足にいきました。古代ロマンに抱かれての学習になりますが、時代的には私たちの住む百舌鳥・古市古墳群に近いものがあります。子どもたちはグループごとに明日香をフィールドワークしていきます。夏を思わせるような日差しでしたが大きな事故なく、みなさん、周りを気づかいながら楽しむことができたそうです。お疲れ様でした。

4月19日(木)

訪問者

天気は快晴です。6年生も無事帰りの電車に乗ったとの連絡が入り少しの安心です。校長室で仕事をしていると窓の横(プールと校長室の間)に二人の児童がいました。どうやらフィールドビンゴをしているようです。4年4組の木戸さんと河井さんです。「そろいそう?」と尋ねると元気よく「ただいまリーチです」との答えが返ってきました。がんばれ!その後仕事に戻るとトントン、校長室の扉をノックする音が聞こえてきました。2年1組の田中さん、田村さん、3組の辻さん、東森さんが訪ねてきてくれました。「校長先生に質問です」「いらっしゃい、質問をどうぞ」「校長先生は私たちが授業している間、何をしているのですか」思わず心の中で何を意図した質問なのか考えてしまいましたが、4人の純粋な瞳に正直に答えました。「今日は朝から会議と6年生遠足の見送り、そのあと出張にいって先ほど帰ってきました。」「へぇ~、ありがとうございました。次は保健室に質問に行ってきます。」どうやら学校探険をしているもようです。訪ねてきてくれてありがとう。また来てね。

<

4月19日(木)

春の遠足(6年生)

天気は最高です。6年生のみなさんが奈良県明日香方面に出発しました。新しい学年・クラスになってはじめての大きな行事ですが、6年生にとっては小学校生活最後の遠足です。中学校に行けば校外学習という呼び方をするので、ある意味人生で最後の遠足になります。藤小6年生らしく、優しさと気づきをもって事故なく楽しんでほしいと思います。みなさん、行ってらっしゃい。

<

4月18日(水)

授業の様子(6年生)

6年生の授業の様子を見学しにいきました。2組では家庭科の授業が行われていました。担当は高垣先生です。「わたしの生活時間」ということで子どもたちは一日の生活パターンを表にして振り返えり、そこで気付いたことを発表してくれました。「昨日はゲームと野球の素振りをしましたが、順番を入れ替えた方が良かったと思います。何故かと言うと明るいうちに素振りをした方が・・・」「昨日は家族との会話がほとんどなかった・・」などです。それを聞いていて私も反省です。3組では4組担任のコニタン先生による社会です。3組担任の南先生と入れ替わっての授業です。みなさん、一生懸命板書をノートに書き込んでいました。4組では理科の簡単な実験です。3組担任の南先生の指示のもと、助手の児童がマッチをすって火をつけてくれました。1組はイングリッシュルームでの英語の授業です。担当は1組担任の角柿先生とALTのケビンです。やはりケビンの発音は良いように感じます。あたりまえか。みなさん、字幕なしで映画を観ることができるようになったらステキですね。

4月18日(水)

体育の授業(4年3組、5年1組)

体育館から子どもたちの笑い声が聞こえてきました。そっとのぞいてにると4年3組のメンバーと今年度から来られた担任の田中こうや先生がリズム運動のようなことをしています。「あっ、校長先生や。校長先生も入り!ここここここここ、そう、そこ!」「あっ、ありがとう」かなり上から目線で友だち以下の扱いですが、さそわれると何故か嬉しくなります。ありがとうね。リズムと掛け声、コウヤ先生の言った言葉の逆の動きをしなくてはなりませんが、失敗するわけないと余裕で参加しました。が、しかし、私のミスで男子チームが負け、そこでリズム運動は終了してしまいました。その後は集団訓練にはいったので、そーっと体育館を後にしました。運動場に出てみると、5年1組が早くもこの時期にサーキットトレーニングをしていました。「校長先生も見にきたよ~!みんな気合入れてがんばりや~」担任の宗野先生のげきがとびます。みなさん、苦しそうに半分笑顔でがんばっていました。しっかり体を鍛えてくださいね。運動場の南側ではヒロTと児童が水たまりの水をスポンジで吸い取りながら人生を語り合っているように見えます。でも、みんなのために水を吸い取ってくれるなんてエラい!ありがとう。

4月18日(水)

図書の時間(4年2組)

図書の時間を見学させていただきました。担当は担任の五島先生と、今年度から学校図書館司書として勤務していただいている鳥羽美佐子先生です。自己紹介のあと図書室使用において心がけなくてはいけないことの説明と確認がありました。みなさん、本そのものと本を読むことはみなさんにとって心の財産です。これからもたくさんの本を読んでくださいね。鳥羽先生、よろしくお願いします。図書室を見渡してみると、つい最近お道具箱をピラミッド型に積み上げたメンバーです。そういえば「校長先生!HPでお道具箱って言ってたけどあれはお道具箱ちゃうよ。あれは絵の具箱やで」とわざわざダメだし、失礼、報告しにきてくれたのもこのメンバーです。その後どうなったか見に行くとピラミッドは解体されきれいに整頓されていました。話かわりますが4枚目の写真の方は今日から外国語ボランティアとしてお世話になる山田ちあき先生です。長年中学校英語に携わってこられた先生で市内の小学校では英語専科としてもお世話になっています。週2回来校して英語授業のサポートをしていただけることになりました。山田先生、よろしくお願いします。響かないよう椅子の下にはテニスボールが装着され工夫されています。テニスボールは藤井寺工科高校テニス部と丹比小学校に寄贈していただいたものを春休みに先生方が装着してくれました。

4月17日(火)

社会見学②(4年生)

4年生が無事帰ってきました。本当に良かったです。また、消防署でも良い学びができたとのことです。昨年度、宮城県仙台市で行われた第46回全国消防救助技術大会において優勝した柏羽藤消防チームの日本一の訓練を見せていただいたということです。水平に展張された渡過ロープ(20メートル)により対岸の塔上へ進入。要救助者を救出ロープに吊り下げ、けん引して救出した後、脱出する。建物や河川の中洲等に取り残された要救助者を救出することを想定した訓練だそうです。みなさん、ラッキーでしたね。ラッキーというよりありがたいですね。こんな頼もしいレスキュー隊員が私たちの住む街にいるなんて。それでも自分の身は自分で守る知識と技術を身につけたいところです。

4月17日(火)

社会見学(4年生)

4年生のみなさんが柏羽藤消防本部に社会見学にいきました。今日は6年生の全国学力テストがあるので私も教頭先生も学校待機です。修行僧は引率に加わってくれています。朝は寒かったものの天気の方はなんとかもちそうです。みなさん、気をつけて「いってらっしゃい」踏切まで見送りました。

<

4月17日(火)

藤井寺支援学校との交流が始まります。

本校では長きにわたり藤井寺支援学校(藤支)との交流を行っています。基本的に同学年との交流が中心です。昨年度は3年生では藤支3年生の子どもたちが二度、本校を訪れ、藤支教員が二度、講演を行ってくれました。5年生は本校5年児童全員で藤支に訪問しました。6年生は藤支6年生の子どもたちが二度、本校を訪れ交流しました。この活動で子どもたちや教職員の中で互いの理解というものが大きく進んだと感じています。子どもたちが6年生になるころには、活動でのサポートが必要なこともありますが、心の面では特別扱いすることもなく自然に交流してくれています。このことは彼らが中学生になっても更に大人になってもその生き方や考え方に少なからず影響を与えているのでは、与えていたら良いなと思います。昨日は16時から教員全員で藤井寺支援学校に訪問しました。

<

4月16日(月)

オウビン ケビンの不可解な行動パートⅠ(2,4年生)

ウィル先生がやってきてくれました。2年生児童対象に英語の授業をしにきてくれたのです。3枚目の写真は、今年度から本校と藤北小に配属になったケビン先生がウィル先生の授業を参観している様子です。さて問題です。このときケビン先生が考えていたことを次の①~③より選び答えてください。①「ウィル先輩がどんな授業をするのか興味があるので参観していました。とても楽しかったです。」 ②「フン、ウィルもたいしたことないなぁ。授業の上手さは俺の方が上やな。」 ③「担任の須田先生、なんで半そでなんやろ」 答えはケビンに聞いてください。

4月16日(月)

フィールドビンゴ(4年生)

理科の観察でしょうか。4年生がボードの用紙に真剣に書き込んでいました。「何してるの?」と質問してみると「フィールドビンゴです」という答えが返ってきました。日陰に入るとややひんやりするものの天気も良く気持ちの良い一日です。木曜日からは大阪府の最高気温が26℃にもなるそうです。お茶も多めに持ってきてくださいね。明日は4年生が消防署への社会見学、6年生は全国学力テストです。

<

4月13日(金)

午後の授業(5年生)

5時間目授業の5年生の様子です。1組では隣の座席の仲間の紹介をする取り組みが行われていました。2組では班の目標や個人目標をみなさんで考えていました。3組では授業後、この一週間で感じた事のまとめをしていました。4組は音楽です。音楽をからめた自己紹介が行われていました。一週間が終わります。短縮とは言え、緊張した5日間だったと思います。みなさんも先生方もおうちの人も週末はゆっくりしてくださいね。

4月13日(金)

給食がはじまりました!

今年度はじめての給食です。新しい給食当番のみなさんが滞りなく役割をこなしてくれています。みなさんの好きな鶏のカラアゲ(みなさんが好きとはかぎりませんが)もメニューに入っていました。楽しい給食になったかな。

4月12日(木)

二測定(6年3組)と終わりの会(4年3,4組)

本日から身体測定が始まりました。そのうち二測定とは身長と体重のことです。みなさん、日に日に成長していきます。あとの写真は4年3組と4組の終わりの会の様子です。みなさん、明日から給食が始まりますよ。

4月12日(木)

国語と算数(4年1,2組)

4年2組五島学級をのぞくと後ろの棚に何かがきれいに並べれれて置かれています。よく見るとお道具箱です。面白いので撮影すると「校長先生、崩れたらあぶないのでこの子たちには片付けなさいと言っているのですが・・・」笑顔の五島先生が答えてくれました。すると全員こちらを向き、「校長先生、スゴイやろ!ピラミッド型やねん。」みんなニコニコ顔です。国語の音読の注意点(てんやまるに気をつけながらお腹に力を込め声をだす)をクリアーした音読を聞かせてくれました。1組では算数の授業が行われていました。担当は修行僧です。担任の渋谷先生も自身のスキルアップのため子どもたちと一緒に参加してくれていました。みなさん、しっかりお勉強がんばってね~。

4月12日(木)

はじめての体育(1年生)

体育館をのぞくと1年生がはじめての体育の授業を合同で行っていました。「並ぶ順番」「きおつけ」「まえになれ」からのスタートです。「やすめ」までいけたのかな。

4月12日(木)

休み時間

休み時間です。天気もいいのでたくさんの子どもたちが運動場に繰り出しています。今年度もいつものようにドヤ顔の藤井先生が子どもたちの様子を見守ってくれています。藤井先生の顔が正面を向いたらほんとにドヤ顔なのか確かめたくて振り返ってもらうと・・・本当にスーパードヤ顔でした。(本人了解済、多少仕込み有り)

<

4月12日(木)

集団下校(1年生)とスクールガードリーダー

1年生の下校風景の様子です。通学路の色ごとに子どもたちが集まり、先生方に引率されみなさんおうちに帰っていきました。ドヤ顔の藤井先生に「どこまで引率するのですか」と質問したところ「基本的には最終の分岐点まで引率します。その分岐点で一人になる児童がいればその児童を家まで引率します」という答えが返ってきました。集団での登下校は不審者対応には大きな効果があると考えています。反面、交通安全の面では大きな課題があります。子どもたちは集団に守られると、大人が考えている以上に油断しています。この視点でも啓発を繰り返し続けていきます。ご家庭でのご指導もよろしくお願いします。4枚目の写真の方は藤井寺市スクールガードリーダーの越智敏博さまです。教育委員会が委託し、藤井寺市の子どもたちの安全を見守ってくれています。越智さまは子どもたちの安全を見守るため日々、自転車での巡回を続け定期的に7つの小学校に対して注意喚起を行っていただいております。元警察官の視点は私たち教職員とは違います。いつもありがとうございます。今後も藤井寺の子どもたちをよろしくお願いします。

4月11日(水)

子どもたちも頑張っています!(3年生)

学年にもよりますが昨日から授業が本格的に始まっています。写真は3年生の様子です。算数と国語の授業が行われていました。先生方もにこやかで順調な滑り出しと言えるでしょう。ただ、子どもたちは色んな事を経験し成長している真っ只中。まだ子どもたちも緊張しておりお互いの交流が始まったころから本格的な生き方教育の始まりです。昨年も給食が始まり午後からも授業が開始された時期あたりから本当に色んなことが起きました。すべて教育に結びつけることは難しいかもしれませんが、それでも学校・家庭・地域が力を合わせてすべて教育に結びつけていきましょう。理想論かもしれませんが、学校も家庭も頑張るしかないですね。よろしくお願いします。

4月11日(水)

校内研修・キャリア教育研修

昨日、児童が下校後の昼から早速二本の校内研修が行われました。昨年度まで本校では今年度から教科化されている道徳教育を中心とした研究がおこなわれていました。今年度からは国語科に焦点をあて研究が進められていきます。確かな学び教育担当の松村先生コーディネートのもと各学年の系統だった学年方針なども話し合われました。また、梶谷修行僧コーディネートによるキャリア教育研修も行われました。三中、藤北小、藤幼とも連携し、2・6・3年の計11年間で「自分の意志と責任で決めたことをやりとげる力」の育成を目指していきます。先生方も頑張っています。

4月10日(火)

出会い・別れ・再会

人生100年として、その人生の中で私たちにはいったいいくつの出会いと別れを経験するのでしょうか。仕事柄時折、結婚式に招待されスピーチをすることがあります。そのスピーチのなかで決まって言うセリフが「私と~さんとのはじめての出会いは・・・」です。それだけ出会いは重要でいつまでも心に残っています。反面、別れはちょっとつらいですよね。ただ、今日の離任式もそうですが、子どもたちも私たちも離任していく先生もそれを境に「ひとつのくぎり」がつきます。本当の意味でのスタートかもしれませんね。出会いがあって別れが訪れる。次は再会です。みなさん、See you again! 特別支援としていつも子どもたちに寄り添い励ましお世話になった寺岡さん、介助員として10年間本校で勤務し、たくさんの子どもたちの健やかな成長に携わった朝田さん、そしてわれらが陰のボス、いや、失礼しました。われらがマドンナ!?西村教頭先生からのメッセージをご紹介します。「藤井寺小学校では短い期間でしたが、みなさんと一緒に勉強できたことがとても楽しかったです。みなさんの〝頑張る力〟はとてもスゴイなといつも思っています。これからも自分の力を信じて頑張ってくださいね。」寺岡晴子、「藤井寺小学校ではじめて介助員として来させて頂きました。約10年間、ひまわりの子どもたちを通して本当にたくさんの想い出ができました。本当にありがとうございました。」朝田かな子、「大好きな藤小のみなさんへ、みなさんの元気な笑い声、休み時間にドッヂや鬼ごっこをして走り回る姿、優しい笑顔・・毎日たくさんの元気をもらっていました。また、地域のみなさんのあたたかさ、そしてみなさんのおうちの方とのPTA活動・・忘れません。2年間という短い聞でしたが、教頭として藤小で過ごせてとても幸せでした。本当にありがとうございました。」西村光世

4月10日(火)

離任式

転勤された教職員のみなさまをお迎えして離任式がおこなわれました。それぞれの先生方にご挨拶していただいた後、代表児童による花束贈呈、全校児童による校歌斉唱があり、最後は6年生のみなさんがアルトリコーダーで演奏する「蛍の光」での見送りがありました。涙涙の離任式でした。

4月9日(月)

一期一会

一期一会(いちごいちえ)という言葉には「あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのものです。だから、この一瞬を大切にしましょう」という意味があります。みなさんもこれからの人生で多くの人と出会い、多くのことを学び、そして別れがあります。今から紹介する先生も出会いやつながりをとても大切にされていました。みなさんへのメッセージを紹介します。「優しくて人懐っこい藤小のみなさんが大すきです。これからもみんなが楽しいと思える学校をみんなでつくっていってくださいね。2年間ありがとうございました。」元4-2担任 本多香織、「8年間藤井寺小学校でたくさんの子どもたち、おうちの方と出会い、楽しくお仕事をさせてもらいました。一つひとつの出会いが私の宝物です。明るく元気な藤小の子どもたちが大好きです。これからも互いに認め合い支え合い藤小を盛り上げてください。ありがとうございました。」北谷暁子、二年間という短い間でしたがみんなと過ごせて本当に楽しかったです。この藤小で学んだことを次の小学校でも活かしていきたいです。みなさんも何事にも一生懸命取り組んでください。」佐原直也、この4月より本多先生は松原市立布忍小学校へ、北谷先生は藤井寺南小学校へ、佐原先生は道明寺小学校へ、写真にはないですが新子先生は大阪市立喜連北小学校へ転勤されました。先生方、本当にありがとうございました。

4月9日(月)

旅立ち

6年前に新規採用教員として教員生活をスタートさせた奥田先生と村上先生が転勤されることになりました。3年生を担当していただいていた奥田先生は羽曳野市立古市小学校へ、また、1年生を担当していただいていた村上先生は道明寺小学校へ。藤小の経験をいかしてそれぞれの学校でもがんばってほしいと思います。メッセージをいただいているのでご紹介します。「6年間、本当にお世話になりました。さまざまな子どもたちに出会い、たくさんの時間を過ごす中で、喜び、悲しみを共有し、考えて行動する中で、人間として成長させていただきました。また、周りの先生方、保護者の方、子どもたちに支えられて幸せで充実した時間を過ごすことができました。藤井寺小学校での経験を活かして、次の勤務校でも頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。最後に、みなさまのご健康とご多幸をお祈りいたします。」奥田 浩二 「6年間お世話になりました。思い出のつまった藤井寺小学校ともこれでお別れ・・・とってもさみしいです。先生は新しい学校でもがんばるのでみんなも新しいクラス、新しい先生と一緒にがんばってください。楽しい思い出をありがとうございました。」村上 文佳  奥田先生、村上先生、ありがとう。では、また、いつか。

<

4月9日(月)

出会いを大切にしたい

赴任式・始業式・対面式を終えてそれぞれのクラスでは学級開きが行われています。どんな学級開きが行われているのか参観させていただきたいところですが、「あっ、校長先生や」となってしまって、せっかくの学級開きに水をさすことになってもいけないのでやめておきます。4月2日に今年度が始まって先生方からは「出会いを大切にしたい」というオーラを感じることができます。どんな学級開きになったのかなぁ。取材に行っていないので写真がありません。今日学校から帰ってきましたら、ぜひおうちでも本人たちに聞いてあげてください。

<

4月9日(月)

対面式

1年生の子どもたちと2~6年生の先輩のみなさんとの対面式がありました。入学したての1年生が困っていたら手を差し伸べてあげてくださいね。お互いに「よろしくおねがいします」のあいさつでしめくくりました。赴任式・始業式・対面式が終わりました。新しいクラスや学年、新しい先生もそろい新年度がスタートしました。みなさんドキドキしながらもなんだか穏やかな始まりで、今、とても嬉しい気分です。愛情と優しさあふれる藤井寺小学校にしていきたいと強く感じています。

<

4月9日(月)

赴任式・始業式

赴任式では今年度から新しく本校に赴任された先生方の紹介がありました。写真の右から藤井寺市教育委員会から来られた吉松崇教頭先生(よしまつたかし)、道明寺小学校よりひまわり担任の松田倫子先生(まつだみちこ)、道明寺東小学校より4年担任の田中皓野先生(たなかこうや)、東大阪市立鴻池東小学校より5年担任の松本菜奈先生(まつもとなな)、新規採用事務職員の津田博貴さん(つだひろき)、新規採用介助員の光崎八栄子先生(こうざきやえこ)、藤井寺北小学校より学校司書の鳥羽美佐子先生(とばみさこ)、新規採用特別支援員の冨田正子先生(とみたまさこ)、新規採用安全監視員の井関平次さん(いせきへいじ)、写真には写っていませんが新規採用ALTのAubin Kevin先生(オウビンケビン)、新規採用介助員の石山芳佳先生(いしやまよしか)です。よろしくお願いします。始業式ではみなさんで元気よく校歌をうたいました。私からは「新たな一歩、リーダー、力をつける」ことについて、生徒指導担当の藤井先生からは「あいさつ」の効果についての話がありました。始業式後、5年生と6年生が高学年としての心構えの話を中心とした結団式を行ってくれました。高学年のみなさん、今年度の藤井寺小学校をよろしくお願いします。

4月6日(金)

安全監視員の稲葉さん

いつも正門前で子どもたちの安全を見守ってくれていた安全監視員の稲葉さんが退職されることになりました。雨の日も風の日も正門だけでなく横断歩道での見守りや校舎の戸締りなどもしていただいていました。本当にありがとうございました。10年間お疲れ様でした。稲葉さんからメッセージをいただいております。「この度、藤井寺小学校の学校安全監視委員を就業期間満了で退職することになりました。藤井寺小学校での学校安全業務の任命を受け、3月で10余年が経過しましたが、この間大きな事故もなく来れましたのも先生方と保護者のみなさまのご協力のおかげと感謝しております。長い間、ありがとうございました。これからも藤井寺小学校のますますのご発展を祈念しています。」学校安全監視員 稲葉 勝義

<

4月6日(金)

中学校入学式・藤井寺幼稚園入学式

昨日の昼、本校入学式が終わってから第三中学校の入学式に旧6年生の担当の先生とともに来賓として参加させていただきました。藤井寺中学校には本年度から藤小教頭として勤務している吉松先生と旧6年生の先生方が参加してくれました。ほんの2、3週間前に小学校を卒業したばかりの本校OB,OGたちですが中学生になって急におとなに近づいたような雰囲気がありました。良い中学校生活を送ってほしいと願うばかりです。今日は藤井寺幼稚園の入園式に参加しました。ことらも今年度からあたらしく大橋園長を迎え新体制でのスタートとなっています。新入生のみなさんは先生方の演じるアンパンマンの人形劇に釘付けでした。また、小学校にも遊びにきてくださいね。

<

4月6日(金)

藤井寺小学校入学式

期待に胸を膨らませたピカピカの102名の新入生が入学しました。6年生のお兄さんお姉さんに手をつなぎ入校する姿はあどけなく、でも堂々としていました。6年生のみなさんが新入生の不安を取り除いてくれたと思います。2年生の歓迎の歌とメッセージには新入生とその保護者のみなさんに笑顔と安心感を与える元気さがありました。2年生のみなさん、大変よくがんばりました。式辞では「あいさつ」をしっかり がんばって お友達をたくさん増やすようにしてくださいということと「ありがとうの心を いつも忘れない」立派な一年生になりましょうというお話をさせていただきました。さぁ。6年間の小学校生活のスタートです。

4月6日(金)

ホームページ四天王が解散!?

ウィルの転勤にともない、昨年度一年間このホームページにも数多く登場してくれたホームページ四天王が解散することになりました。ウィルにおいては月に一度程度、本校に来校し子どもたちの指導にあたっていただけるようですが・・四天王に「最後に一枚写真撮影するのでそれぞれ思い思いのポーズをとってください」とお願いして撮影したのが一枚目の写真です。なんだか、映画「少林サッカー」のワンシーンのようになっています。心優しき大巨人、ハグリット和田先生がいつのまにか奈良の大仏様のようになっています。またどういう訳かその大仏様の手の上で梶谷修行僧が座禅を組んで修行をはじめました。瞑想しているもようです。現金すくいのドヤ顔スプリンターの藤井先生はやはりドヤ顔です。不可解な行動をするテキサス出身のアメリカン、ウィルマンガム先生は相変わらず身体と態度は大きいのですが、最後にみなさんに良い印象を残そうと爽やかに写り込んでいます。四天王のみなさん、今日まで私たちを楽しませてくれてありがとう!!みなさん、元気でね。校舎の中では解散式の様子を見てコニシタンタン先生が「とうとう僕の時代がやってきた」とつぶやき、ほくそ笑んで(ほくそえんで)いました。(本人了解済み、多少着色有り)

<

4月5日(木)

ウィル マンガムの不可解な行動パートⅩⅠ(最終)

ウィルが転勤することになりました。本校の子どもたちや先生方に英語の素晴らしさや異文化とふれあうことの大切さを教えてくれたベリーGOODなALTだったと思います。道明寺小学校・道明寺南小学校での勤務となります。ウィルからのメッセージを紹介します。「My three years at Fujisho was very special for me. I was very grateful for everyone's help and kindness. English is very difficult but I hope you could enjoy English class. Thank you for allowing me to join the Fujisho Team.」 Will  理解できるかな。

<

4月3日(火)

入学式準備②

4月5日の入学式の準備が整いました。6年生のみなさん、先生方、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。新入生が入る予定の教室はピカピカです。あおぞら(学童)のみなさんは青空の運動場にくりだしていきます。

4月3日(火)

入学式準備①

新6年生のみなさんが新入生のために先生方と協力し学校整備を行ってくれました。春休みの真っただ中ですがみんなありがとう。各学年の教室は先生たちによってワックスもかけられあらたなスタートの準備が整ってきました。

4月3日(火)

桜色の校舎

入学式の歌のリハーサルのため新2年生のみなさんが登校してくれました。幼門付近の桜の木はすっかり葉桜になっていますが川が一面桜の花びらのじゅうたんです。校舎の色とマッチして、この小学校にきてはじめてピンク色の北館校舎の色をきれいだと感じる瞬間でした。これまでは「なんでこんなに趣味の悪い色を塗装したんだろう」と思っていました。見る角度やタイミングで物事の見方もかわるのですね。勉強になりました。さて、2年生のみなさん、入学式ではよろしくね。

4月2日(月)

平成30年度がスタートしました。

今日から平成30年度がスタートしました。始業式は9日ですが児童のみなさんは今日から学年がひとつあがります。新転任の先生方も来校し、職員室も机等の配置換えが行われました。これから部会や学年会議など新体制での会議が続いていきます。先生方も大きな期待と少しの不安が入り混じる中のスタートとなっていることと思います。ところで学校司書の岡本さんが転勤することになりました。岡本さんがブックママさんの時からたくさんの子どもたちがお世話になりました。メッセージをいただいております。ご紹介します。「5年間お世話になりました。藤小の明るくて優しいみんなと一緒に図書室で過ごせたことは本当に幸せでした。これからもたくさん図書室に来てたくさんの本に出会ってくださいね。本当にありがとうございました。 学校司書 岡本知子

<

3月30日(金)

最終日です

今日は平成29年度の最終日です。この一年を振り返ってみて、みなさんにとってどんな一年間だったでしょうか。特に1年生のみなさんにとっては幼稚園・保育所から小学校へと大きな変化のあったh29であったと思います。私にとっても新しい発見と学びの日々が続いた激動の一年間でした。月曜日からは平成30年度が始まります。藤井寺小学校においても何人かの先生や職員のみなさんが去られ、また新しい人たちが仲間入りします。(4月9日に報告しますね)ここで事務の小山さんをご紹介します。小山さんは20歳の年に学校事務職員として勤務され、本日をもってご退職されます。今日までの40年間のご勤務、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。私も含めて小山さんにお世話になった子どもたちや教職員・保護者の数は多すぎて数えることができません。お身体には気をつけて新たな人生をスタートさせてくださいね。小山さんからメッセージをいただいております。「毎日、毎日、元気に学校に通ってくる子どもたち、すばらしいことだと思います。その子どもたちが、元気にあいさつしてくれたこと、楽しく授業を受けていた様子を見れたことは、うれしかったです。藤小で勤務したのは3年間でしたが、お世話になりまして、本当にありがとうございました。学校事務 小山 昇」

<

3月28日(水)

春休みといえども

春休みといえども職員室にはたくさんの先生方が来てくれています。書類の整理や公務文書の確認、学級おこしの準備、授業研究、教室整備、各校務分掌の年度はじめの方向性など先生方も仕事が多すぎて私が若かったころ(2~30年前)の春休みの職員室とは風景が違います。書類の文字が写り込まないように気をつけながらカメラを向けると例の三人が近寄ってきました。この三人にはHPにアップする本人の了解は必要ないようです。白々しく仕事をする振りをしています。(一応、本人了解済)

3月28日(水)

桜の木の下で

藤井寺小学校のプール横と幼門付近にある桜の木々たちが満開を迎えました。入学式や始業式には散っていると思われますがとてもきれいです。またお時間があれば観に来てください。桜といえば私の住む富田林にも滝谷不動尊という桜の名所があります。私が言うのもなんですが、夜のライトアップもありますのでまた観に来て下さい。また同じ富田林にあるPL教団の敷地内の桜、こちらはすごすぎます。(剣道部の練習で入らせてもらいました。一般の人は入れないようですが・・)。私ごとになりますが、思い出のお花見場所といえば奈良県大和高田市にある高田川です。今から44年前、8才の春におじいちゃんとお兄ちゃんと3人で近所にある高田川にお花見に行った時のことです。川の土手は桜の木々で埋め尽くされその頃は人も少なく大変きれいだったことを覚えています。そこで事件がおきました。川の土手約10mの坂を体を伸ばし横向きになってごろごろと下まで転がる遊びをしていた時のことです。おじいちゃんとお兄ちゃんが「あぶない!」と叫びました。やんちゃだった私はその言葉を無視し、下まで転がり「ほら、あぶなくないやん」とガッツポーズをしました。でも同時にへんな匂いもしてきました。おじいちゃんとお兄ちゃんは「あ~あ」と声をだし半分笑って半分呆れた顔をしています。私の背中全面にはそれまでに見た事もないような大きくてやわらかいウンチのかたまりがついていました。それ以来、高田川のお花見は行っていません。

<

3月26日(水)

うさぎ(KOYAMAガーデン)

飼っていたうさぎが亡くなったということで、卒業生の保護者の方からうさぎのえさの寄贈がありました。早速修行僧がナツとスマイルにあたえると二羽とも喜んで食べてくれていました。春休みの間、うさぎ小屋(KOYAMAガーデン)の掃除、水の取り換え、えさやりは日番の先生に担当していただくことになっています。

<

3月26日(水)

春休み

春休みが始まりました。天気も良く、あおぞら(学童)のみなさんも元気に運動場に繰り出しています。先生方は朝から職員作業に追われています。クラスの机や椅子の移動や高さの調整、新年度を迎えるにあたっての各クラスの整備、理科室などの特別教室の整備をしていただいています。ありがとうございます。平成29年度もあと5日です。今年度のまとめと同時に新しい年度の準備が着々とすすめられています。みなさんは事故やケガなく春休みを満喫していますか?家のお手伝いや勉強もがんばってね。

<

3月23日(金)

大和魂

ドッヂボールチームの大和魂に所属する本校卒業生たちが新規メンバー募集のために来校(正門前)していました。「大和魂は礼儀正しく元気で明るいチームです。私たちと一緒に日本一をめざしましょう!」というコメントをいただきました。みなさんがんばってね。

<

3月23日(金)

修了式

本日無事修了式を迎えることができました。校長印を捺印した修了証(通知票)を1~5年生の代表児童に手渡しました。クラスの仲間や担任の先生と別れると思うとなんだかさみしくなりますが、みなさんこの一年間本当によくがんばりました。自分のがんばったところを思い出して自分自身をほめてあげてくださいね。修了式でもこんなお話をさせていただきました。藤井先生からは春休みの生活について、しっかり考え正しい判断をして行動にうつすことと、おなじくしっかり遊んで元気よく新学期を迎えてほしいことの話がありました。明日から春休みです。

<

3月23日(金)

スクールフレンド・第1保育所卒園式

お隣の第1保育所で卒園式が行われていました。本校では今年度の修了式が行われるため参加することができませんが、たくさんの子どもが4月には本校に入学します。楽しみです。第1保育所のみなさん、卒園おめでとう!待ってるよ。話変わり今年度子どもたちがお世話になった7名の学生ボランティアの活動が終了します。本当にありがとうございました。それぞれみなさんにメッセージをいただきました。写真の左側から紹介します。宮本佳奈先生→保健室のボランティアとして参加させていただきましたが学級にも入ったり本当に様々な経験をさせていただきました。藤小はあたたかく子どもたちの笑顔が多くて大すきな学校です。児童が多く様々な子がいてその1人1人が純粋でキラキラと輝いていて、そんなみなさんと短いながらも関わることができた事を本当にうれしく思います。1年間ありがとうございました。小山陽先生→1年間お世話になりました。短い間でしたがたくさん藤小のみなさんとお話することができてとても楽しかったです。4月から新学期がスタートしますね。私も藤小のみなさんと過ごした時間を思い出して大学生活をがんばるのでみなさんも元気に楽しく学校生活を送ってください。大友郁実先生→このインターンシップという活動の中でみなさんとたくさんふれあえた経験はこれからの僕の人生に大きく影響するものだと強く実感しました。児童のみなさんも体調管理やお勉強をしっかりしてけがをしないよう元気いっぱいに遊んでほしいなと思います。城領祐賀子先生→3年生は覚えてくれているかな(*^_^*)みんなと一緒に勉強したりたくさん一緒に遊んだ思い出はずっと私の心にあります。また、どこかで会える日を楽しみにしています。森脇希予先生→藤小の明るくて元気いっぱいの児童のみなさんや先生方との関わりを通して教科書だけでは学ぶことのできないことを学ぶことができました。みんなと過ごした日々はとても楽しかったです。これからも元気いっぱいで過ごしてください。岡本桂穂先生→朝のあいさつ運動をしていて思ったことは藤小の子どもたち先生方が生き生きとしていてあったかい素敵な人たちであふれた学校ということです。明るく元気「おはようございます」と挨拶してくれて私自身が元気をもらいました。これからも明るく元気に学校生活を楽しんでください。川崎恵理先生→元気で明るくてあいさつがしっかりできる藤小のみなさんが私は大すきです。これからもまわりの友達を大切にして学校生活を楽しんでください。私は1年間ここにいれてとても楽しかったです。本当にありがとうございました!

3月20日(火)

今年度最終の給食

今日で今年度の給食が終了します。いつもあたたかく美味しい給食をいただけることは本当にありがたいことだと感じています。給食センターのみなさん・配膳員のみなさん、ありがとうございました。4月からもよろしくお願いします。

<

3月20日(火)

自転車安全教室(4年生)

本日は羽曳野警察署交通総務課の中西さまにお越しいただき4年生対象に自転車安全が行われました。自転車乗車における交通ルールやマナーのほかにも自転車点検の合言葉「ハラブタベサ」ハンドル・ライト・ブレーキ・タイヤ・ベル・サドルとその点検個所の点検の大切さなどについても教えていただきました。自転車乗車中に事故を起こしたり、事故に巻き込まれたりすれば不幸になっても幸せになることはありません。被害者になっても加害者になってもたくさんの人が悲しむことになります。みなさん、真剣に考えていく必要がありますよ。よろしくお願いします。交通安全テストも実施しました。中西さま、ありがとうございました。

3月19日(月)

社会見学(5年生)

5年生のみなさんと共に淀屋橋にある朝日新聞本社ビルに社会見学に行ってきました。心配していた天気も社会見学から小学校に戻るまでなんとかもってくれました。写真は12Fにあるオリエンテーション会場の様子です。朝日新聞の歴史や資料、新聞の作り方やDVD等を見ることができました。しっかりしたプログラムで学んでしかも楽しむこともできました。ただ、個人的に本当に興味深かったのは後半の実際のオフィスの見学でした。こちらは一切写真撮影が認められておらずお見せできないのが残念です。朝日新聞の号外もいただきました。明日の朝日新聞の朝刊にも小さくですが藤小見学の記事が載るそうです。見学時間の都合上、帰りの電車はみなさんお腹が減っていたようです。「なんで給食までに帰ってけえへんねん」という5年生保護者のつぶやきが聞こえてきそうですが致し方ありません。見学のあとフィールドワークでもできたらなおのこと良いのですがそれは中学校まで我慢してください。

3月17日(土)

心霊写真

昨日掲載させていただいた四天王の写真に「幽霊が写り込んでいます」という縁起でもない問い合わせがありました。ハグTとウィルの圧力に圧迫され「とらわれた宇宙人」のような姿になって写り込んでいますが、拡大してよ~く見て下さい。幽霊ではなくまぎれもなく人間です。心霊写真の正体は、四天王の座を虎視眈々(コシタンタン)とねらうコニシタンタン先生です。失礼しました。コニシ先生です。驚かせて申し訳ありません。よろしくお願いします。それにしてもコニシ先生の胴体から下が写ってないような・・・(本人了解済)

<

3月17日(土)

小山ジャンボキックベースボールクラブ

土曜日にちょっとした仕事のために学校に行くと、運動場から元気な声が聞こえてきました。小山ジャンボキックベースボールクラブのメンバーが練習をしていました。明日の日曜日に20チーム程が参加する大正新人戦があるそうです。小山ジャンボは新3年生から入会でき、キックベースを楽しみながら心も身体も鍛えチームワークをモットーとする強豪チームです。みなさん、がんばってください。

<

3月16日(金)

平成29年度卒業式番外編

四天王の写真をバックに式辞を抜粋したものを掲載します。(式辞)本当に寒かった今年の冬もいつのまにか遠ざかり、気がつけば春の風が渡り、本日は大地をうるおす恵みの雨がふりそそぐこのよき日に・・・さて、一五九名の卒業生のみなさん・・・その卒業証書には、一四五年という本当に長い歴史のあります・・・みなさんにとっての宝物とはなんですか。雨の日も風の日も毎日みなさんの登下校の安全を見守っていただいている見守り隊の方々はいつもおっしゃられます。「この子たちは地域にとっても、この地域に住む私たちにとっても宝物なのです」それはどうしてか、みなさんわかりますか。それはみなさんには大きな大きな未来があるからです。そんなみなさんの未来が事件や事故に巻き込まれて断ち切られることのないよう、いつもみなさんの安全を見守ってくれているのです。そんな地域のみなさまもきっとこれまでこの地域に見守られ、多くの人たちに支えられて、今のお姿があるのだと思います。そこには無償の愛というものを感じずにはおれません。また、このことが想いを「つなぐ」、ということだと考えています。卒業生のみなさんが五年生に藤井寺小学校のリーダーというバトンを手渡し、つないでくれたようにこれから卒業生のみなさんも多くのバトンを受け取り、「人から支えられる存在から、人を支える存在」に成長してくれることを期待しています。・・・私たち教師が見たかったもの 笑っている君 必死でボールを追いかける君手をあげ答えようとする君 苦手な人に教える君 上手な人に教わる君 なわとびをしている君 ケガをした仲間をいたわる君 誇らしげな君 ドンマイと声をかける君 悔しがっている君 悲しくて泣いている君 嬉しくて泣いている君 そんな姿を君たちは見せてくれました。本当にありがとう。自分を信じ、仲間を信じ、楽しい時も苦しいときもそのとき君が何をすべきかを自分の頭でしっかり考え、自身で判断し、行動にうつすこと。中学校では心も鍛え、強く、そして優しい心をもち、支えられる存在から支える存在になってほしいと願っています。出会いがあり、今日、別れがある。またいつか成長したみなさんとの再会を楽しみにしています。以上で式辞と致します。

<

3月16日(金)

平成29年度卒業式

写真は6年生の担任の先生方・6年生のひまわり担当の先生方です。これまで色んな出来事がありました。また子どもたちは色んな事を経験してきました。中屋先生と宗野先生にとっては6年生担任として初めての卒業生を送り出すことになり感慨もひとしおだと思います。式ではたくさんの来賓のみなさまの参加がありました。また5年生が本当にがんばってくれました。卒業式の式辞では私もはじめてのことで少し緊張してしまいました。その緊張が子どもたちに移ってしまうことを心配しましたが、卒業生のみなさんは元気よくお別れの言葉や歌を歌ってくてました。本当に素晴らしかったとおもいます。卒業おめでとう!みなさん、お元気で、さよなら・・・

<

3月16日(金)

卒業式後の花道

朝から冷たい雨が降るあいにくの天候でしたが、本日卒業式がおこなわれました。写真は式後の花道の様子です。花道は雨のため体育館に再入場という形をとりました。式後、卒業生は担任と共に各クラス20分ほどの最後の学級活動をし、5年生や教職員・保護者のつくる花道を通って体育館にはいりました。約40分間、教職員・保護者も交えて写真を写す等の交流を行いました。

3月15日(木)

準備が整いました

6年生のみなさん、明日の準備が整いましたよ。5年生を中心に先生方も全員が良い卒業式ができるよう最高の舞台を用意してくれました。明日はみなさんが主役です。天気は大丈夫かなぁ。

3月15日(木)

いい涙の訳

本校と交流の深い藤井寺支援学校の卒業式に梶谷修行僧が参加してくれました。本校の子どもたちと交流のあった支援学校の小学部の子どもたちに加え、中学部の子どもたちも全員が参加でき、心あたたまる感動の卒業式でしたとの報告をうけました。本当におめでとうございます。私は藤井寺幼稚園の卒園式に参加させていただきました。昨日の中学校の卒業式に続き連日の涙ウルッです。まちがいなくいい涙です。そんないい涙を保護者のみなさまも先生方も流す素晴らしい卒園式でした。子どもたちが歌った「ありがとう心をこめて」ありがとうこころをこめていつの間にか 僕たちは 一人で歩いていたよ6年前に この世に生まれた 小さなこの命晴れた日にも 雪の日にも 元気なときも 病気のときも変わらない優しい眼差しが 僕たちを包んでくれた 気がつけば 春の風が あんなに歌っているよありがとう 心をこめて ありがとう そしてさよなら・・・せつなく、でも元気よく歌いきってくれました。「いい涙はその涙を流した人の心にいい効果がある」その訳を考えてみたいと思います。園児のみなさん。卒園おめでとう!保護者のみなさま、おめでとうございます。写真は卒園式前の中村園長です。あたたかく先生方の想いを代表する式辞でした。担任の三浦先生、司会のブルゾン渡部先生はじめ藤幼の先生方、本当にお疲れ様でした。

3月15日(木)

スクールフレンド(学生ボランティア)

この一年間、スクールフレンドとして活動してくれた西口祐香先生と秋友莉生先生が今日で一旦活動を終了します。お二人からメッセージをいただいているのでご紹介します。西口さん「笑顔いっぱい元気いっぱいのみんなの姿がとてもまぶしかったです。たくさん話しかけてくれて嬉しかったです。本当にありがとう。これから先、上手くいかないこともあるかもしれませんが希望を捨てず一歩一歩進んでいってください。まわりにはきっとみんなのことを応援してくれる人がいるから・・。私も応援しています。1年間ありがとうございました。」秋友さん「元気いっぱいのみなさんにいつも元気をもらっていました。これからもそのままで楽しい学校生活を送ってください。1年間という短い間でしたが本当に良い経験をさせていただきました。ありがとうございました。」 二人ともお元気で・・また再会できることを楽しみにしています。

<

3月14日(水)

5年生卒業式練習・ひまわりタイム・中学校卒業式・最後の調理実習

今日のひまわりタイムは3人の6年生とのお別れ会でした。入学から今日までの歩みを先生方や仲間と振り返ったそうです。中学校の卒業式に参加していたので仲間に加わることができなかったのですが、とてもいいお別れ会になったと聞いています。6年生のみなさん、良かったですね。先生方も疲れさまでした。中学校の卒業式には私が藤中、教頭先生が3中にいきました。藤中の卒業式では感動してウルッときましたが、教頭先生は教頭先生で3中の卒業式で同じように感動してウルッときたそうです。いい涙は良い効果があると聞いたことがあります。本校の5年生も卒業式にむけてがんばってくれています。あさってはどんな卒業式になるのかな。家庭科室では楽しそうに6年生のみなさんがクッキーを作っていました。

3月13日(火)

児童朝会(全校児童)

悪天候やインフルエンザのため延期になっていた運動場での児童朝会が久しぶりにおこなわれました。今年度保健室のスクールフレンド(ボランティア)として活動してくれた大学生の川西さくら先生、津村夏希先生がお別れのあいさつをしてくれました。明るく優しく子どもたちと関わってくれた二人は4月から他市においてそれぞれ小学校の先生になります。きっと良い先生になると思います。また二人とも明日が大学の卒業式だそうです。一年間、藤小の子どもたちのために活動していただき本当にありがとうございました。さて、今日もたくさんの表彰がありました。大阪府青少年読書感想文コンクールで1年生の河内さん、児童作文集「ひろっぱ」優秀賞は2年生の本堂さん、明るい選挙啓発ポスターコンクールで大阪府での入選が6年生の山根さん、中部ブロック会長賞が蔦谷さん、佳作が利光さんでした。さらに本校児童全員に対して東京オリンピック・パラリンピック競技組織委員会より代表で1枚の感謝状が届いております。みなさん、おめでとうございます。校長からの話では1年生~5年生は今日も含めて登校するのはあと8日であること、去年の4月に思い描いた目標の達成に向けて何ができるのかを考えて行動にうつすこと、5年生には卒業式の準備のお礼と6年生が卒業したら5年生全員が藤小のリーダーになるという自覚を持つことや真のリーダーについて説明させていただきました。6年生のみなさんには中学校に向けての準備と小学校の締めくくりについて話しました。季節はすっかり春ですね。

3月12日(月)

最終の今週の英語と卒業式予行(5,6年生)

毎週ウィルが担当してくれている「今週の英語」は今年度今日が最後の発信です。6年生に贈る言葉ですね。今日の予行で5年生は6年生に卒業証書を手渡す間、ほとんど動くことなく立派に在校生としての役割を果たしてくれていました。16日当日もよろしくお願いします。6年生のみなさんに証書を渡す時、一人ひとりの瞳を見ているとそれぞれ一言声をかけたくなりました。本番では「おめでとう」の言葉にすべてこめさせていただくことにします。さぁ、あと4日ですね。

3月9日(金)

音楽発表会(音楽クラブ)

音楽クラブのみなさんによる発表会がお昼休みの時間を利用して音楽室でおこなわれました。演目は「パイレーツ・オブ・カリビアン」です。たくさんの児童が見学するなかかなり緊張したと思いますがみなさん力をあわせてとても良い演奏をしてくれました。終わってからも音の確認をしています。音楽が好きなのですね。音楽クラブのみなさん、素晴らしいライブをありがとう。

3月8日(木)

ブックママミーティング

今年度の活動が今日で最後になります。学校長あいさつバージョンにてお礼したいと思います。司書さま・図書委員のみなさま・ブックママをご担当のみなさま方(本日おいでになられない方々も含めまして)この一年間、公私ご多忙にもかかわりませず、本校児童たちのために貴重なお時間をさいていただきましたこと心より感謝いたします。児童・保護者・教職員になりかわり厚くお礼申しあげます。今後とも変わらぬご指導の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。(簡単に言うと「これからもよろしくね!☆彡」です。失礼しました。でも本当にありがとうございました(*^_^*))

<

3月8日(木)

絵本の読み聞かせ(6年生)

6年生の子どもたちにとってブックママさんたちによる絵本の読み聞かせは今日が最後になります。この子たちが1年生の時にこの絵本の読み聞かせの取組みが始まったそうです。この子たちは間もなく藤井寺小学校を卒業し中学生になりいずれ大人になっていきます。こうやって絵本を読んでもらえる体験は大半の児童にとって今日が生涯最後になるかもしれませんね。とうの本人たちはそんなこと考えてもいないし気づいていないと思いますが・・でもこの心地よい体験は長くイメージとして心に留まり忘れることはないだろうと感じています。これからこの子たちがどんな人生を歩んでいくのか楽しみと不安が入り混じったような心境ですが、きっとこのなかの多くの子どもたちが自分の子や孫、そして多くの子どもたちにこの体験をつないでいってくれると思います。ブックママさん、ありがとう。

3月7日(水)

ひまわりタイム(4年生とひまわり)

今日のひまわりタイムは4年生との交流です。「つなぐんぐんでいっしょにアートを楽しもう」通称クルクル棒を使ってみなさんで協力してアート作品の制作をしてくれています。タワーやビルなどの大きい作品やつりざお、刀なども作ってくれました。

3月7日(水)

かんさつにっき(1年3組)

今日は園芸ボランティアのみなさんが花壇の整備をしてくれていました。その近くで1年3組のみなさんが植物を観察し記録していました。1年間があっという間に過ぎていく気がします。1年生のみなさんももうすぐ2年生になりますね。

3月7日(水)

朝のあいさつとPTA広報のみなさん

さわやかあいさつ運動というとなんだか市の行事のようで堅ぐるしいですが、今日の校門には5年生の子どもたち・お父さん・お母さん・担任・ウィルがさわやかにあいさつしてくれていました。みなさん、おはよう・いってきます・いってらっしゃい・こんにちは・こんばんは・さよなら・おかえり・ただいま・おやすみ、きちんと言えてるかな。会議室ではPTA広報委員のみなさんがHPの更新をしてくれていました。いつもありがとうございます。ちょっと手間のかかる作業ですが、なんだか楽しそうに取り組んでくれていました。良く似た写真も掲載しておきます。楽しそうな所にはいつも修行僧が顔をだします。みなさん気をつけてください。白々しい笑顔の時は特に注意が必要です。(本人了解済)

3月6日(火)

めざせ!年間100冊

今日の図書の放送は困った人をほうっておけず、いつも後輩に優しい6年生の中田さんが担当してくれました。「今年度、図書室で借りた本の数が100冊を越えた人を発表します」1年生では2組の泉谷さん112冊、2年生2組の竹村さん114冊、廣田さん106冊、4組の茂木さん100冊、3年生2組の藤田さん169冊、3組の藤田さんが何と学校全体で2番目に多い214冊、4組の石山さん128冊、6年生3組の金田さん175冊、龍見さん120冊、4組西さん117冊、山崎さん156冊、そして今年度藤井寺小学校№1は6年3組の高村さんが217冊でした。みなさん偉かったですね。これからもたくさんの本を読んで心豊かな人になってくださいね。

<

3月6日(火)

つかずはなれず

2年生の体育の授業で子どもたちにつかずはなれず見守ってくれているのは介助員の太田さんです。2枚目の写真は休み時間のたびに運動場の子どもたちの様子を見守るドヤ顔の藤井先生の背中です。こそっと撮影しました。正面向いたら超スーパードヤ顔かもしれませんけど・・

<

3月5日(月)

今年度最終の委員会活動

5年生と6年生が今年度最終の委員会活動に参加してくれました。委員会活動には朝会・生活の見直し・諸行事などを担当する代議員、あいさつや決まりを守ることを啓発する風紀委員、校内の美化・清掃・緑化・園芸などを担当する美化緑化委員、主にウサギの世話をしてくれている飼育委員、保健活動を担当する保健委員、給食の献立や放送・配膳のお手伝い担当の給食委員、体育倉庫の管理や体育活動担当の体育委員、朝やお昼の放送をはじめ校内放送を担当している放送委員、本の整理や本の紹介放送・ポスター作りをしてくれる図書委員、音楽活動を担当している音楽委員、校内掲示の整備やポスター・新聞づくりをしてくれる情報掲示委員があります。みなさん、一年間本当によくがんばってくれました。みなさんのおかげで過ごしやすい学校に近づけたと思っています。ありがとう。6年生のみなさん、中学生になったらさらに自主的な活動になります。自分たちの学校は自分たちで運営できるよう良い学校づくりに力を発揮してください。5年生のみなさん、これからの藤小をよろしくお願いします。

3月5日(月)

今週の英語とちょっとブレイクタイム

今週の英語は Please take it home.(家に持ち帰ってください)です。あと3週間で春休みに入ります。学校にある荷物は計画的に持ちかえってくださいね。宿題は必ず持ちかえりましょう。ところで半月ほど前にテレビで上映していた「本能寺ホテル」。先週録画していたものを観て、なかなかのセリフがあったので紹介します。主人公の倉本まゆ子(綾瀬はるか)は、ふとしたきっかけで京都の路地裏に佇むレトロな宿“本能寺ホテル”に宿泊する事に。なんとそこは戦国時代に繋がる不思議なホテルでした。一方、時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は森蘭丸(濱田岳)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在しています。冷酷非道な信長を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、見慣れない格好の女(まゆ子)が一人、寺に迷い込んでくる。その女は、400年後の世界からやってきた現代人。まゆ子は自身も訳のわからぬまま信長と京都の町を見物するなど、交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがてまゆ子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき・・・あくまでフィクションですが京都の町見物の寺の境内で信長はまよ子にこんなことを言いました。「誰が決めたんだ 絶対にできないと誰が決めたんだ できないんじゃない 誰もしようとしなかっただけ お前は何がしたい」「私には信長さんのように大きな夢はありません」「大きいとか小さいとか関係あるのか 自分のやりたいことに大きいも小さいもない やりたいか やりたくないか やるか やらぬか それだけではないのか」意思が強くはっきりしていてなかなか良いセリフだなと思いました。脚本家の腕かな。前に進むのに迷った時、思い出すことにします。

<

3月1日(木)

優しさ・勇気・温度・つながり・愛・感謝・エール

お別れ音楽会ではそれぞれの学年が工夫を凝らした演出と合唱・合奏を披露してくれました。6年生のことが大すきな1年生のみなさんの発表からは優しさを感じることができました。2年生からは勇気を、3年生からは温かさを、4年生からはつながりを、5年生からは愛を感じることができました。6年生のみなさんからは感謝の気持ちのあふれた合奏と合唱、そして各クラスや学年に手作りのキーホルダー、パソコンカバー、ホワイトボードなどの贈り物をいただきました。先生方は6年生のみなさんにコブクロの「YEEL」を送りました。最後は「世界が一つになるまで」「藤小校歌」をみなさんとともに歌うことができ、とても温かい感動が体育館を包みました。

3月1日(木)

お別れ音楽会

1,2時間目に体育館でお別れ音楽会が開催されました。1年生~5年生、そして先生たちが拍手で出迎える中、花のアーチを通って6年生が入場しました。会場には似顔絵、入場門、花のアーチ、6年生の胸には手作りのペンダント。心あたたまる演出と飾り付けが6年生を歓迎していました。6年生が登校する日もあと11日となりました。

3月1日(木)

東京オリンピックマスコットキャラクター決定

本校児童も投票に参加した東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(2020東京大会)のマスコット キャラクターのデザインが決定しました。最終候補3案の中から全国の小学校1万6769 校のクラス投票により、フリーイラストレーターの谷口亮さんによる「ア」案が選定されました。ピョンチャンでは冬季パラリンピックが9日~18日まで開催されます。こちらも応援しましょう。

<

2月28日(水)

作品展(藤井寺第1保育所)

教頭先生や1,2年生の先生方とともにお隣にある第1保育所の作品展を見学させていただきました。遊戯室が展示会場となり0歳児から5歳児までのたくさんの作品が展示されていました。作品一つひとつには子どもたちの成長と個性、保育所の先生方の教育的なめあてなどの感じとれる素晴らしいものばかりでした。私も含めてはじめて見学した先生もほとんどでそのクオリティーの高さに驚いていました。また来年、楽しみにしています。今日も半そで姿で私たちを案内してくれた森田所長先生、保育所の先生方、子どもたち、お疲れさまでした。良いものを見せてくれてありがとう。

2月27日(火)

ペア給食交流(1年生、6年生)

昨日、1年生と6年生が給食交流を行いました。高垣先生の話では1年生のみなさんはもちろんですが6年生のみなさんも楽しそうに食べている様子がとても印象的だったそうです。またそれぞれのグループでは食事をしながら昼休みに何をして遊ぶかの相談をしていたそうです。1年生と6年生は今の幼稚園や保育所の子どもたちと5年生との交流のように2年間のお付き合いになっています。今回が最後の交流になります。ところで今週は出張などが多くこのHPの更新も少なくなりそうです。よろしくお願いします。

2月27日(火)

劇の発表会(藤井寺幼稚園)

今日、お隣の藤井寺幼稚園では劇の発表会が行われています。写真は昨日の直前練習の様子です。年少組のみなさんは「もも太郎」を、年長組は「アラジン」を演じるそうです。お友だちの意見を聞きながらそれぞれの役柄を一生懸命演じている姿は本当に素晴らしいとおもいます。

2月27日(火)

春が来た!

日曜日、会合があり道明寺天満宮に行きました。梅の花が咲き始め良い香りが境内を包んでいました。脇道では猿回しの大道芸もしていて歩く人たちも立ち止まりにこやかに見物している姿が印象的でした。土の中の幼虫たちも動き出しているのかもしてませんね。春はそこまで来ています。今日の天気は晴れです。

2月22日(木)

備蓄資機材・物品等点検訓練

藤井寺小学校には災害時に備えての備蓄倉庫があります。今日は備蓄資機材・物品等点検訓練と無線通信訓練がありました。子どもたちには見えないところで行われています。いざという時にどこに何があるのが、何を必要とするのかを把握し、電話回線や携帯機能が遮断されても無線が使えるよう訓練しています。市役所のみなさま、ご苦労さまです。よろしくお願いします。

<

2月22日(木)

昔あそび

今日の20分休憩は民生児童委員のみなさまのご指導による昔あそびの時間です。ワクワクしながら子どもたちと体育館にはいりました。お手玉や竹トンボ、チラシなどを活用した折り紙が子どもたちを待っていました。竹トンボを手に取り飛ばしてみると周りにいた子どもたちから「校長先生すごーい!」「もう一回やって!」「よっしゃー見とけよ」「ウリャー」「ワァースゴイ!」子どもたちのほめ言葉に調子に乗り過ぎて今もパソコンを打つ、手のひらの皮がひりひりしています。楽しかったですね。民生児童委員のみなさま、貴重なお時間、ありがとうございました。天気は良いもののまだまだ寒い日が続いています。ヒートテックのTシャツにカッターシャツ、ベストにスーツ、その上にウインドブレーカーをはおり「おー寒い」と言いながら正門に出ると、第1保育所の森田所長先生に会いました。森田先生はまたもや半そで姿です。「寒くないのですか?」「今日はあったかいですよ」太陽のような人です。この真冬に半そで姿、夏場どんな格好してはったかな。第1保育所では明日の夕方から28日までの期間、遊戯室において作品展を実施するそうです。また、見に行かせていただきます。

2月22日(木)

「誰かのためにがんばるってステキだね」

昨日、第48回大阪府人権教育研究南河内プレ大会がパープルホールを会場として開催されました。私たち教員は研究会や研修において他の先生の授業を参観したり他校の取組み等の発表から多くのことを学びます。子どもたちへの効果的な指導方法の習得や授業力向上を目指し、その学びは退職するまで続きます。昨日は本校の今津先生が藤井寺、南河内の代表として研究発表を行ってくれました。「誰かのためにがんばるってステキだね」。子どもたちがクラスの仲間や周りの人のために考え関わりを深めていきながら成長していく様子とそこに関わる教師の気付きやしかけ。保護者との協力や信頼。今津先生のお話は南河内の多くの若い先生方の心に届く発表になったのではと感じています。ブックママさんたちが2,3年生に本の読み聞かせをしてくれました。今日も子どもたちは柔らかいスタートを切ることができそうです。先日、PTA運営委員会でブックママさんの仕事について話題になりました。ブックママさんたちと子どもたちの関わる時間は決して長くはありませんが、子どもたちへの教育効果は大変大きいと感じています。大人が力を合わせて子どもたちのためにがんばる。その姿は昨日なわれた女子団体パシュートと重なります。本当にできたらすごいことを成し遂げられそうですね。昨日は感動しました。でも実際子育てや教育はそう簡単にはいきませんよね。子どもたちにリンクを滑らせてもあっち行ったりこっちに行ったり、靴の履き方からスタートです。いつか子どもたちが女子団体パシュートチームのようにパフォーマンスできるような支えができたらステキですね。

2月21日(水)

Good job.(6年生)

18日に行われた第33回朝日新聞社杯争奪少年軟式野球大会において本校6年生の榎本さん、髙田さん、馬場さんが所属する大井リバーサイドが出場80チームの頂点に立ち悲願の優勝をはたしたそうです。グレートです。おめでとう!馬場さん、髙田さんとも将来はプロとして野球をしてみたいという夢があります。がんばれ!応援してるよ。榎本さんは建築家になりたいそうです。シブい!こちらも応援してるよ。

<

2月20日(火)

防犯教室(5年、6年)

5年生、6年生を対象とした防犯教室がありました。講師は羽曳野警察署生活安全課の濱田絵理巡査長、現役バリバリの女性警察官です。おもにネット犯罪について学ぶことができました。5年生にはやや優しく、でも私が見学させていただいた6年生には警察手帳も見せていただき、「たとえ小学生のあなたたちでも犯罪をおかせば事情聴取や厳しい取り調べも辞さない」ことを伝えていただきました。最初は優しかった濱田巡査長もこの時は大変な凄味(すごみ)があり怖かったですね。みなさん、くれぐれも犯罪を犯すことがないようにしましょう。話が終わった巡査長は次の捜査のためすぐに帰られました。濱田巡査長、お忙しい中子どもたちのためにありがとうございました。

<

2月20日(火)

全校集会

インフルエンザなどの影響で中止になっていたこともあり全校児童が集まる集会は本当に久しぶりです。3学期も終盤に差し掛かって6年生が登校する日もあと19日。各クラスや個人としても振り返りと締めくくりを意識して過ごしてほしいということと、現在、韓国のピョンチャンで行われている冬季五輪について少しお話させていただきました。内容は冬季五輪に出場した平野歩夢選手やショーンホワイト選手が世界で初めての挑戦し成功した大技、金メダルを獲得した羽生結弦選手の次への(4回転アクセル)挑戦など誰もが挑戦して最初からできるものではないが、できないことをできるようにするための努力と挑戦する心、先日5年生に講演していただいた吉住友里さんの言葉、「努力は必ず実るとは限らないが、決して無駄にはならない」などについてです。体育委員のみなさんからはボールの使い方と片付け方、放送委員会のみなさんからは放送があった時の行動の仕方について、わかりやすく教えていただきました。ありがとう。梶谷修行僧からは東京五輪のマスコットキャラクターの投票結果の発表がありました。結果はこのHPの2月13日の写真のアが11票(11クラス)、イが10票、ウが3票でした。この結果を教頭先生と修行僧が東京の事務局に送ってくれました。どれになるのか、みなさん楽しみにしておこうね。

2月19日(月)

音楽(5年3組)

1時間目に音楽の授業を参観させていただくと偶然にも以前に参観させていただいた5年3組でした。ただ以前とは空気感がかなり違うように感じました。担当の上園先生やクラスの仲間とのつながりやきずなが深まりつつあるのかもしれませんね。授業においてさすがだなと思うことは、先生が子どもたちと「星笛」のリコーダーのパート確認ののちブレスの強弱や伸びやかさなど1回助言するだけでクオリティーのまったく違う演奏になることです。その後、子どもたちが奏でる「威風堂々」「蛍のひかり」「We are the world」を聞いていると1年間の締めくくりの時期が本当に近づいてきたんだなぁと感じます。良い演奏でした。週が変わりました。今週の英語は「What time is it?」「何時ですか?」です。毎朝こんな顔してる人は気をつけましょうね。

2月19日(月)

道徳教育研究授業(2年2組)

友だちの気持ちを考え、誰とでも仲良く助け合っていこうとする気持ちを育てることを目標にした道徳教育研究授業が2年2組で行われました。髪を短く切り過ぎてしまったタケシくんとトオルくんが登場するストーリーをみなさんで考えました。「正しいことは正しいと言い切る」ことは素晴らしいことだと思います。ただ言い切る前に相手の気持ちを考えた上でどういう伝え方が良いのか、また「楽しい」という感情が起こることは大変良いことですが、「自分が楽しければいい」ということではなく「一緒に楽しむ」、「友達の言葉に共感する」と「友達の言葉に便乗する」の違いなどを子どもたちは担任の前田先生とともに考えてくれました。大変良い学びにつながったと思います。そういえば髪を短く切り過ぎてしまったタケシくんは本校職員室にもいました。ただいま修行中です。今回の研修で本校が年6回、各学年で実施している道徳教育研究授業が終了します。2年半もの長い期間指導助言していただいた上福島小学校の坂部先生には心より感謝いたします。本当にありがとうございました。担当していただいた先生方もお疲れさまでした。

2月16日(金)

英語科授業(5年1組)

海外のレストランに行ったという設定です。お客として注文するときにどういう言葉を使うのか、またウエイターとしてお客の注文を取る際の言葉がけなどについて実践形式で授業が展開していきます。とても盛り上がる楽しい授業だったとのことです。宇田先生はまりすぎ!(写真提供、ウィル)

<

2月15日(木)

道徳教育推進事業大阪教育庁教育委員視察

府の教育委員のみなさまの視察とあって、藤井寺市教育委員会の理事や課長、大阪府教育庁の首席指導主事や主任指導主事の上席のみなさんもかなりの気の遣いようです。しかし、子どもたちにはそんなこと関係ありません。「ようっ、校長!」「よう!がんばっといでや」いたっていつも通りです。(ていねいに「おはようございます」とあいさつしてくれる子どもたちもたくさんいますのでご安心ください。)1年2組、3年1組、4年1組、3組、5年4組、6年3組のみなさん、ご協力ありがとうございました。前回同様府の教育委員視察とあって修行僧もはりきっていましたよ。視察団のみなさんも授業(道徳)でのみなさんの学ぶ様子を見てとても満足して帰られました。

2月15日(木)

学級文庫の本の入れ替えとおひなさまとおだいりさま(ブックママ)

無くても生きてはいけますが、あれば心が豊かになるものばかりをブックママさんたちは子どもたちのためにセッティングしてくれます。

<

2月15日(木)

授業参観(4年4組)

学級閉鎖のため延期になっていた4年4組の授業参観が行われました。クラス全員での群読や詩の発表をしたそうです。この4年間で学んだこと、気付いたこと、協力することの大切さ、聞くことの意味、10歳の誓いなど落ち着いた雰囲気の中、たくさんの保護者の前で発表しました。すべてのクラスでの授業参観もおわり、クラスや学年の締めくくりの時期が近づいてきました。

<

2月14日(水)

ハートのハンバーグ

給食委員による今日の放送は6年2組の東別府さんが担当してくれました。「今日はバレンタインにちなんだ献立です。・・・日本のバレンタインデーは女性が男性にチョコレートを贈ることが多いですが、海外では女性が送るとは限らず、花やメッセージカードを送ったり、一緒に食事をしたりと色々な習慣があるそうです。」給食を見て思わず微笑んでしまいました。ハンバーグがハートの形をしていました。今日の我が家の会話がきまりました。「今日のオリンピック、平野歩夢選手とショーンホワイト選手、本当にすごかったね。ところでチョコレートもらった?」「もらったよ」「見せて」「食べてしもたわ」「美味しかった?どんな味した?」「ハンバーグ味」「・・・誰からもらったの?」「給食センターの人」「・・・」

<

2月14日(水)

心優しきハグリット先生と南風(ひまわり)

1枚目→エスカレーターに乗って展示会場に向かうひまわりの子どもたちをハグTがエスコート。すばるホールにはプラレタリウムもあり大物歌手のコンサートも公演可能な大ホールがあります。2枚目→ひまわりタウン。われらがひまわりタウンには飛行場や遊園地もあります。想定では藤井寺市よりもはるかに大きい大阪市なみだそうです。ひまわりタウンの用心棒も引き受けています。3枚目→すばるホールの玄関に現れたハグT。時々大暴れします。4枚目→笑顔のヒロTとハグT。基本的には優しい二人です。(本人了解済)

2月14日(水)

ひまわりと南風(ひまわり)

暖かい南からの風が吹いています。緊張していた心も身体も少しほぐれ軽くなったような気がする一日です。今日はなかよし作品展当日。ひまわりのみなさんと共に富田林市にあるすばるホールまで出かけました。川西駅で降りた後、HPで何度か名前の出ている錦織神社の参道を抜け、目的地であるすばるホールに到着しました。入口の階段で記念撮影、中に入って森本先生からの諸注意をみなさんで聞いた後、作品見学をしました。藤井寺市の小中学校だけでなく南河内からたくさんの児童が見学に訪れていました。みなさんが時間をかけて手掛けた作品はさらにグレードアップしすばらしいものに仕上がっていました。大変よくがんばりました。

2月13日(火)

オーラの条件

2月9日の金曜日、史上最多の92の国・地域から、2925選手がエントリーした第23回オリンピック冬季競技大会、平昌(ピョンチャン)オリンピック・パラリンピックが開幕しました。テーマは"Passion. Connected"(ひとつになった情熱)だそうです。このテーマには南北の政治的な要素もありそうですがスポーツを通して「世界は一つ」という本来の見方をするのがいいかもしれませんね。この休みの間に日本チームは3つのメダルを獲得しました。ヨーロッパのTV放映時間を配慮しているので競技時間が深夜になってしまうとのことです。みなさん、今週は寝不足にならないよう気をつけてください。2枚目の写真は2020年に開催される東京オリンピックのマスコットキャラクターの候補です。当初、先生方の手間も増えるので投票には参加しない方向で考えていましたが、「子どもたちと共に東京オリンピックを盛り上げたい」という先生方の熱い気持ちがあり藤井寺小学校のみなさんも投票してもらうことになりました。なんだかこれも藤小の先生方らしいと思います。みなさん、投票よろしくお願いします。ところでみなさんはオリンピック選手に会ったことがありますか?私は幸運にも大学関係や仕事柄、これまで数名のオリンピック選手(元オリンピック選手含む)と交流を持つ機会がありました。そこで感じたこと、彼らが共通して持っているもの、それは強烈な「オーラ」です。オーラとは人の周りに取り巻く霊気・精気のことでだれもが持っているものですが、環境やその人自身の状態で強弱が変わってくると言われています。強いオーラを発しているのは何もオリンピック選手だけとは限りません。芸能人や一般の人たちの中にも強いオーラを感じる人はいます。人間は生まれもってオーラを出していることは子どもが生まれた時に知りました。あてになりませんが私の分析によると、オーラのにじみ出てくる条件として、①プロ意識、②自信、③充実、④楽しみ(やりがい)、⑤経験、⑥余裕などがあげられると考えられます。生まれたときに出ているオーラはゆるぎない生命の存在そのものです。このオーラ、出そうと思って出るものではないとも感じています。また、オーラがにじみ出るのは何も人からとは限りません。その人の作品(絵・写真・食事など)から感じ取れることもあります。自分がその人生をかけるものに対して、直向き(ひたむき)に取組んだ結果、強いオーラがにじみ出てくるのかもしれませんね。できれば5年後、10年後、20年後、オーラのにじみ出ているみなさんと再会したいなぁ。

<

2月9日(金)

授業参観Ⅱ(高学年・1年生)

1年生と6年生の様子です。1年生ではインフルエンザによる学年閉鎖のため本日に延期になっていました。くじらぐもの学習発表会では体育館いっぱいに元気な声が響き渡っていました。6年生の教室は落ちついた雰囲気の中、授業がすすめられ胸が熱くなるものがありました。みなさん、よくがんばりました。明日から3日間のお休みです。風邪やインフルエンザで休んでいるみなさんも十分休養し、週明けには元気な顔を見せてくださいね。今日から冬季五輪(ピョンチャンオリンピック)が始まります。来週にその話題にふれたいと思います。みなさん、良い週末をお過ごしください。

2月9日(金)

授業参観(高学年・1年生)

授業参観・学級学年懇談会・PTA役員選出がありました。天候にも恵まれたくさんの保護者のみなさまの参加がありました。保護者のみなさまが教室の授業や子どもたちの様子をにこやかに参観されていることと廊下ではお話や挨拶をされる場合、授業の妨げにならないよう気をつけていただいていることがわかり安心しました。5年生と4年生の様子です。みなさんがんばっていました。

2月9日(金)

社会見学Ⅱ(3年生)

藤井寺市生涯学習センターでは2Fにある展示コーナーを中心に学習しました。今日は最近にない天候で気持ちよく社会見学することができました。みなさんの日頃の行いかな。引率していて苦情はゼロ、おほめの言葉は5件。よくがんばりました。

2月9日(金)

社会見学(3年生)

3年生では社会科の時間に「わたしたちの藤井寺」という教科書を使用し、わたしたちの郷土である藤井寺市についての学習を行っています。その学習をもとに日頃見慣れた街並みをいつもとは違う視点から見たり聞いたりすることが今回の社会見学の目的の一つです。辛國神社では宮司さまから水の恵み、大地の恵み、太陽の恵み、そして秋祭りの由来について教えていただきました。葛井寺では国宝の十一面千手観音さまが東京の国立博物館に旅にでています。お香の煙をみなさんそろって頭につけていました。まじめに熱心につけている様子が見ていて可愛かったです。

2月8日(木)

凧上げ(1年3,4組)

1年生の子どもたちが楽しみにしていた凧上げ。今日は3組と4組がチャレンジしました。村上先生と高木先生から安全に糸がもつれないように工夫した隊列を聞いてみなさんいざチャレンジ。しかし、いくら藤小の運動場が広いとはいえ60人以上が一斉にたこをあげるとなるとあちらこちらでお互いにからまったりもつれたり・・・それでもたくさんの児童が大空高く凧を舞いあがらせることに成功していました。そんな中、50m以上の糸をすべて出し切るほど高くあげたのが写真の二人です。作成した凧のバランスや性能も完ぺきでした。やったね!

2月8日(木)

朝の読書タイム(4年生)

朝の読書タイム終了時の4年生の様子です。読書タイムが終了し1組ではクラスの取組みの相談を班ごとに行っていました。2組では引き続き本を読んでいる児童がほとんどでした。3組ではアンケートのマークシートの作業に取り掛かっていました。4組は学級閉鎖です。担任の神橋先生が掲示物の張り替えを行ってくれていました。

2月7日(水)

昔のくらし(3年生)

3年生では社会科の時間に「昔のくらし」について勉強しています。今日は藤井寺市役所文化財保護課の新開さん、松田さんにきていただき昔の生活用品について実物をもとに説明していただきました。火鉢、おひつ、時間になると「ボーン」となる壁掛け時計、ラジオ、手動ミシン、炭火アイロン、頭を結った女性用まくらなど1970年代にはほとんど見かけなくなったものばかりです。私も小学生時代、奈良に住んでいた祖母の家に行った際、火鉢でお餅をやいたり暖をとったりしながら色んな話を聞かせてくれたことを思い出しました。新開さん、松田さんのお話に3年生のみなさんの食いつきはすばらしく時間をおしてしまいましたが、講師のお二人も「本当に楽しかったです。来たかいがありました」と感想を述べ帰られていきました。3年生のみなさんは学んだことをしっかりとノートに記しています。えらかったよ。

2月6日(火)

学級閉鎖に伴う下校

子どもたちや先生方が協力して手洗い・うがい・こまめな換気・欠席の多い学年ではマスク着用の推進などを行っているにもかかわらずインフルエンザの勢いをなかなか止めることができません。申し訳ありません。現在、2年3組、4年3組において学級閉鎖を実施しており今日新たに4年4組が加わりました。昼食後の下校指導の様子です。引き続き予防をしっかり行っていきましょう。

<

2月6日(火)

たことハグリット(1年1,2組)

1年生のみなさんが自分たちでつくった凧(たこ)をつかって凧上げに挑戦していました。冬型気圧配置で天気は快晴。気温は低めですが北西の季節風がやや吹いている絶好の凧上げ日和です。走る方向を先生から聞いているものの簡単には風をとらえることができません。凧上げ名人(自称)としては、風の向きから計算した助走の方向、糸の出しておく最適な長さと糸を出していくタイミング、協力体制を整え凧を持ってもらうことと手を離すタイミングと角度などをアドバイスしてあげたいのですが、それをしてしまうと自分でつかんだ感覚や発見した時の快感を奪ってしまうことになるのでひたすら我慢して糸もつれほぐし名人(自称)に徹していました。それでもみなさん本当に楽しそうでした。個性あるデザインも色とりどりで良かったよ。

2月5日(月)

藤小見学会・入学説明会・5年生との交流(h30年度新入生)

平成30年度の新入生と保護者対象の藤小見学会・入学説明会・5年生との交流がありました。本当に寒い中でしたが本校からは1年生・5年生のみなさんが協力してくれました。先生方も児童のみなさんもお疲れ様でした。ありがとう。新入生の保護者対象に入学説明会が行われている間は5年生のみなさんと新入生のみなさんが協力し、体育館で似顔絵メダルを作成しました。とても楽しそうに協力してくれていました。子どもの入学にあたって保護者のみなさまの心配はつきないと思います。というより子どもが何年生になっても保護者の心配はつきないものですね。これからもいろんなことが相談できたらと考えていますのでよろしくお願いします。明日も寒そうです。みなさん、暖かい服装で元気に登校してください。待ってます。今週の英語は「どっちが好き?」どす。「うどんとそば、どっち好き?」「たこ焼きとお好み焼き、どっち好き?」などに使ってください。ちなみにみなさんはどちらが好きですか。私はそばとお好み焼きかな。でも、うどんとたこ焼きも捨てがたい・・・なんだかお腹がすいてきました。

2月4日(日)

南河内駅伝競走大会(PL駅伝)

毎年PL教団敷地内で開催される南河内駅伝競走大会には中学生以上のランナーが多数参加します。藤井寺市からは小学校教員チームが混成の部で3チーム参加しました。本校からは角柿先生、佐原先生、小西先生、事務の森さんが参加してくれました。西村教頭のニラミもあって4人ともがんばったそうです。(遅いと百叩きの罰があるとの噂がまことしやかに流れていました⇒発信源、校長と修行僧、多少着色有り)

<

2月4日(日)

第10回小山地区自主防災訓練

日曜日、本校体育館で第10回小山地区自主防災訓練が行われ、多くの住民の参加がありました。藤井寺市危機管理室のみなさんからのDVDによる講習・講話が主な内容です。10月の台風21号での時間をおっての状況や避難のタイミングなどの身近なお話を聞くことができました。私も校長あいさつの中で台風21号の時の本校に避難してこられた方々の互いへの気遣いと譲り合いの姿勢と態度、消防団員の献身的な誘導等、藤井寺市に住む人たちのつながりの素晴らしさについて報告させていただきました。体育館は底冷えするほどの寒さでしたが、避難時の服装を考えることも目的の一つだそうです。

<

2月2日(金)

鬼はそと!福はうち!(藤井寺幼稚園)

藤小の北側のある通用門を幼門(通称)といいます。門扉を開けるとそこは幼稚園の園庭。しかし、今日はいつもと違います。門は地獄門、園庭は鬼が島。恐そうなちびっこの鬼たちが侵入者たちを睨みつけます。あまりに恐いので猿とキジと犬を連れて地獄門をくぐりました。失礼しました。あまりに恐いので3人のスクールフレンドを連れて地獄門をくぐりました。赤い本物風の鬼と黒い不審者風の鬼(ドヤ顔の藤井先生)も現れ、園内は大パニック。「どさくさにまぎれて私に豆を投げ付ける生意気なちびっこ鬼はお仕置きだ!」・・楽しい時間でした。幼稚園のみんな、ありがとう。

2月1日(木)

授業参観・学級懇談会・PTA役員運営委員選挙(低学年)

2.3年生の授業参観がありました。残念ながら1年生は学年閉鎖のため9日の高学年の日に延期となっています。どちらの学年も子どもたちががんばったことの発表を中心に参観していただくことになりました。たくさんの大人も子どもも見つめる中、子どもたちは元気いっぱい発表してくれました。足元悪い中、たくさんの保護者のみなさまに参加していただきました。ありがとうございました。

2月1日(木)

授業(5年4組)

田中より子先生が担当の算数習熟度別少人数授業のじっくりコースを参観させていただきました。割合を使った問題の3回目です。「花畑の面積は60㎡で畑全体の20%にあたります。畑全体の面積は何㎡でしょうか」求めることは→畑全体の面積( )㎡、わかっていることは→花畑の面積60㎡でその割合が20%。中学では方程式0.2X=60、X=300と求めていきますが小学校では数字を図や長さで表すことにより感覚でも正しいことを子どもたちは理解していきます。みなさんの「振り返り」に先生がコメントし、それを見聞きした他の仲間はさらに深い学びになっていきます。より子道場に通う子どもたちは授業前、教室に入る時よりも少し賢くなって教室を後にしました。

2月1日(木)

宇宙の彼方に想いを馳せる

昨晩、学校からの帰り道、信号待ちの車の中からふと見上げると、修行僧のお目々のような真ん丸なお月さまがありました。「今晩は皆既月食かぁ、天気は大丈夫かな」月は夜の9時前に欠け始め、10時前には完全に欠けて皆既食となりました。50年以上生きてきてこんな色の月を観るのは初めてでした。月の表面には、右を向き頬(ほほ)を赤らめた女性の姿が映し出されているように見えます。寒空の中、オレンジ色(赤銅色というらしいですね)の月を眺めていると、自分という存在の小ささを思い知らされます。また、星空を眺めているとあれこれ悩んだり一喜一憂したりしていることが更に小さなことだということを認識させられます。そういえばハワイ島マウナケア山頂に超大型光学赤外線望遠鏡がアメリカ合衆国、カナダ、中華人民共和国、インド、日本の5か国共同で建設中だとご存知でしたか?日本が誇る「すばる望遠鏡」(直径8.2m)よりも集光能力は13倍、解像度は4倍、地球と太陽の距離の約200億倍離れた惑星を判別できるそうです。略称TMT (Thirty Meter Telescope)。その名の通り有効口径が30メートル(m)の巨大な望遠鏡だそうですよ。小さな惑星も観測可能で地球と同じような環境の星も見えるかもしれませんね。2枚目はハッブル宇宙望遠鏡、3枚目はすばる望遠鏡、最後がTMTの完成予想図だそうです。

1月31日(水)

剣道Ⅱ(6年生)

みなさん、剣士の素質があります。

1月31日(水)

剣道(6年生)

先日の6年生の剣道授業の写真が届きましたので紹介しておきます。剣はこころなり、自分の心を写し出す。

1月31日(水)

藤小スケートリンク閉鎖

嬉しいお知らせともいえますし悲しいお知らせとも言えます。私が小学生であったとしたら悲しいお知らせです。藤井寺小学校の運動場の水はけを良くするには大掛かりな工事が必要となりますが、取りあえず水たまりのあった付近の運動場に2㎥の土が入りました。先生方がならしてくれました。ご苦労さまでした。体育の授業の範囲が狭くなる、靴が汚れるなどこんなに長い期間、水たまりがあること自体不都合なことでしたが、藤小スケートリンクが閉鎖されるとなると少しさみしいですね。ありがとう、そしてさよなら、水たまり。

<

1月31日(水)

授業(5年2,3組)

5年2組と3組の算数習熟度別少人数授業で担任の古澤先生、佐原先生が指導するどんどんコースを参観させていただきました。「定価1500円のシャツを20%引きで買いました。何円で買ったのでしょうか」求めること、わかっていることを子どもたちと確認し、そこから答えを導き出していきます。ただ、式にあてはめて答えを出していくのではなく考え方を理解していく。面積図を使うなど一見遠回りに感じますが、物事を分析し組み立てていく作業は推理にも似ており、間違いなく算数以外にも役立ちそうです。遠回りの方法を学んだあとは子どもたちの中なら近道を発見する人がでてきました。前に出て説明してくれました。その後、授業は利益率へと発展。通販やバーゲンセールに役立ちそうですね。5年生の算数では進路や内容を合わせるため、学年教師の打合せがしっかり行われています。どちらのクラスもほぼ同じ学びができていました。2組3組とも掃除のない日にもかかわらず、棚やロッカーは整理されておりゴミ一つない中で授業が行われていました。いつもきれいにしてくれてありがとう。

1月31日(水)

ひまわりタイム(ひまわり)

1月も今日が最終日。年明けから本当に寒い日が続いています。2月の月間予報でも低温に注意が必要だとニュースで言っていました。低温乾燥の続く年はインフルエンザが大流行すると言われていますが、本校でも学級閉鎖・学年閉鎖も続いており心配です。今日のひまわりタイムは半分以下の15人で取組みました。なかよし作品展まであと二週間。来週中には完成させないとね。みなさん、がんばってください。

1月30日(火)

授業(3年4組)

6時間目、松村先生が行う3年4組での算数の授業を参観させていただきました。担任の奥田先生もみなさんの様子の観察と自身の勉強のため参加しています。分数星の分ちゃんは地球にどうしても行きたい。しかし、地球に入国?入球?するためには身長を申告する必要がある。地球の単位と分数星の単位が違う。分ちゃんはいいます。「だれか僕の身長教えて」さて、分ちゃんの身長は何m。松村先生から分ちゃんの身長と同じ長さの紙テープが全員に配られました。教室の中で探してみると意外や意外、同じ長さのものが結構ありました。ゴミ箱の高さ、給食の紙ナプキン、ファイルのたての長さ。そんな中で伊吹さん、田中さん、西原さんが3本のテープつなぎ合わせると1mの物差しと同じ長さであることに気づきました。さすが!そうですね。答えは1/3m。これで分ちゃんは地球に無事入球できそうです。その後もテンポよく授業が発展して、みなさん楽しみながら分数の意味を理解していきます。発見→確認→新たな展開→応用に結びつく授業をみることができました。

1月30日(火)

おはなしころりん(5,6年生)

「ろうそくに火がともるとここは教室ではなくお話の世界」語りべのみなさんがこどもたちに語りかけます。今日は藤井寺図書館所属のボランティアのみなさんが5,6年生にそれぞれ1時間、物語を聞かせてくださいました。おはなしころりんに参加させていただいて「あたたかく昔懐かしい感覚」がよみがえってくるようでした。子どもたちもまるで映画館で良い映画をみているようなそんなふうにみえました。語り部のみなさんはいったいいくつのお話を覚えていらっしゃるのでしょうか。寒い中、本当にありがとうございました。

1月29日(月)

異国での挑戦

大相撲初場所で6年ぶりの平幕優勝を果たした西前頭3枚目の栃ノ心関(30歳)=本名レバニ・ゴルガゼ、はジョージア・ムツヘタ出身です。彼が日本での挑戦の日々をスタートさせたのは今から12年前だそうです。恵まれた体格から幕内までは順当に番付を上げてきましたが、大きなけがのため一時は幕下まで下げてしまい引退も考えたということです。土曜日、優勝を決めた一番とその後のインタビューを観て久しぶりに大相撲で感動しました。家族が反対する中、大相撲の力士になるためにたった一人、しかも言葉の通じない遠い異国での生活は、またその時の気持ちは・・などと想いを巡らせているとなおさら応援したくなります。また本人にとっても今回の優勝はうれしく感慨もひとしおだと思います。そんなことを考えていると本校ALTのウィルのことが頭に浮かびました。そういえば彼もたった一人で日本にやってきたのですね。アメリカのテキサス州出身の彼が日本にやってきたのは14年前。ALTになるためにそれまでの仕事を辞めて日本に来たそうです。今度聞いてみることにしましょう。ところで週が明けてインフルエンザが更に猛威をふるいだしました。かかってしまった人は安静にしてください。(栃ノ心の出身地はアメリカのジョージアとばかり思い込んでいました。ジョージアという国が東ヨーロッパあるのですね。はじめてしりました。<(_ _)>)

1月26日(金)

剣道(6年生各クラス)

「剣道とは剣の理法の修練による人間形成の道である」これは全日本剣道連盟規定による剣道の考え方です。そんな大げさなものではありませんが、今日は体育の授業に入らせてもらい6年生の子どもたちと剣道をしました。呼吸方法、気の使い方、礼の心と意味、感謝の心、正しい正座の方法と意味、黙そうでの心の持ち方、竹刀での素振りと突きの実践、居合刃での空間切りなどを行いました。みなさん真剣に取組んでくれました。現代社会では非日常的な世界を体感してくれたと思います。学級閉鎖の1組は2月1日に行う予定です。

<

1月25日(木)

30歳に描く新たな夢(5年生)

「みなさんの夢は何ですか」「私の夢は世界一になることです」こう語るのは日本では数人しかいないプロのランナーである吉住友里さんです。友里さんは北海道マラソン、奈良マラソンでの優勝、大阪国際女子マラソン2位(日本人トップ)などのマラソンの実績の他に最近では富士登山競走での優勝、アジア選手権バーティカルキロメーター2連覇、ジャパンシリーズ7戦完全優勝などスカイランニング、トレイルランナーとしては現在日本で向かうところ敵なしのまさに女王的存在の超人です。そんな友里さんが来週、大阪国際女子マラソンを控えたこの大切な時期に5年生のみなさん対象に講話とランニング体験をしてくださいました。友里さんからの「夢のある人」という質問にたくさんの児童が答えてくれました。ダンサー、官僚・・友里さんは言います。「まだ具体的な夢を持っていない人も大丈夫だよ、夢は変わることもある。私だってそう、せっかくここまで来たんだから世界一になりたいと新たな夢がでできたのは日本一になった去年なんだもの」「みなさんは11歳。今するべきことは、しっかり友だちと遊んでください。そのなかで身体を鍛え、たまには喧嘩もしてもいい。そこからアイデアが生まれたり、人とのつき合い方を学んだり、生きていく上で大切なことが身についていくと思っています。」さらに吉住さんは言います。「努力は必ず実るとは限らないが決して無駄にはならない」「まわりの人を大切にすること、そして感謝の心を忘れないこと」そして「今日の家に帰ったらおうちの人の仕事について、小さい時の夢はどうだったについての話をしてみてください。」友里さんの母校は藤井寺北小学校、第三中学校です。がんばれ友里さん。がんばれ藤小の子どもたち。

1月25日(木)

米作り体験(5年生)

5年生が地域にお住まいの吉田さん指導のもと取り組んできた米作り体験。秋に刈り取ったお米を脱穀し玄米にしたものをおにぎりにしてみんなで食べる日がきました。ゆげのたつおにぎりを見ていると自然に感謝の気持ちがでてきますね。吉田さん、ありがとうございました。先生方・5年生のみなさん、お疲れさまでした。いっただっきま~す!

<

1月25日(木)

ウィル・マンガムの不可解な行動パートⅩ(藤井寺幼稚園)

園児たちの近くに怪しげな外国人と作り笑いを浮かべている修行僧らしき人物がいました。「園児たちがあぶない!!」と思いとっさに駆け寄るとALTのウィルと梶谷先生でした。園児たちに危険はなさそうなので安心しました。本校では不審な人物は校内に入れないことになっています。園児たちは給食試食会の食器を返却しにきてくれたようです。園児たちは白々しい笑顔の二人に嬉しそうに近づいていきます。みなさん、恐い目にあったら「Help me!」と叫ぶんだよ。

<

1月25日(木)

本の読み聞かせ(1,2年生と図書委員)

朝の時間に本の読み聞かせがあるということでのぞきにいきました。司書の岡本先生から「今日はブックママさんからの読み聞かせではなく図書委員のみなさんからです」と聞いていたのでPTAの図書委員さんと思っていましたが、何と驚いたことに児童会の図書委員のみなさんのことでした。聞くほうも聞かせるほうも良い経験になる取組みです。やや緊張しながらもしっかりとしっとりと読み聞かせを行ってくれた図書委員のみなさん、本当にご苦労さまでした。ありがとう。

1月25日(木)

この冬、一番の冷え込みかな。

朝、校門をくぐると4年生の本多先生から報告がありました。「水たまりの氷の上に乗っても割れないんです」分厚い氷が張っていました。表面がつるつるのスケートリンクのような質の良い氷です。子どもたちが続々と集まってきました。藤小スケートリンクの開設です。入場無料!転んでけがをしないように気をつけて下さいね。話変わって6年生の五島先生が修学旅行の集合写真を持ってきてくれました。写真を見ていると楽しかった時間がよみがえってきます。来月の今頃は6年生も卒業式の準備が始まっていきます。

1月24日(水)

アクティブ・スクール推進事業学校訪問(全学年)

今年度、藤井寺小学校は大阪府のスクール・エンパワーメント推進事業(アクティブ・スクール推進事業)の推進指定校として活動しています。本校では松村先生に担当をしていただいています。大変な役割です。その学校訪問で大阪府庁の鈴木指導員と藤井寺市教育委員会の高橋指導主事が来られました。今年度3回目の訪問で、すべての教室を視察していただきました。鈴木さまからは「藤井寺小学校は経験の浅い先生方が多い中、先生たちの学ぼうとする意欲と姿勢が強く感じることができます。また、先生方個々の個性を活かしながらも同じベクトルで指導にあたっていただいている。その二つの要素が子どもたちの学びや態度に良い影響を与えていることが授業から伺うことができました。子どもたちも授業の流れの中で話し合い活動が行われており、最初の訪問時よりも大きく成長していることがわかりました。」と言っていただきました。藤井寺小学校の先生方はいつも「本当にこの指導方法で子どもたちの良い学びにつながっているのだろうか」「もっと良い効率的な方法はないか」など不安が先立つ中、研修を重ねてきています。先生方の自信につながる助言に感謝します。ありがとうございました。休み時間になると昨年度まで本校教員であった高橋指導主事の周りには子どもたちが集まります。高橋指導主事も立場上、大きく手を振るわけにもいきませんが、ほほえましい光景です。

1月23日(火)

道徳校内研修(1年3組)

1年3組のみなさんの協力のもと道徳校内研修が実施されました。授業者は担任の高木先生です。指導助言者として今回も上福島小学校の坂部校長をお招きしました。また、藤井寺幼稚園長の中村先生、藤井寺中学校からも福島先生、大北先生にきていただき授業後に行われる討議会にも参加していただきました。教材は「くりのみ」北風の吹く寒い日、友達のきつねとうさぎがそれぞれの食べ物を探しに出かけます。きつねはたくさんのドングリを見つけおなかいっぱいに食べた後、残りのドングリを落ち葉に隠します。うさぎに再会した時「なにも見つけられなくてはらぺこです。」と嘘をつきます。するとうさぎは二つしか見つけられなかった栗の実をきつねに分け与えます。きつねはそのうさぎの行為に涙を流すという物語です。3組のみなさんはきつねの気持ちに共感するとともに、うさぎの優しさに触れた時のきつねの涙のわけを先生やまわりの仲間とともに考え、相手をいたわる心や助け合うことの大切さに気付いていきました。

1月23日(火)

エアロビ交流(ひまわり)

ひまわりのみなさんが北小学校に出かけていきました。北小学校との合同でのエアロビ交流です。定期的に行われている行事なのでみなさん回数を重ねるごとに動きが良くなってきているようです。寒い季節、しっかり鍛え、強いからだづくりをしていきましょう。北小学校に歩いて行くだけで運動になりますね。

<

1月23日(火)

おすすめ図書(図書委員)

子どもたちの心のページは真っ白。成長にしたがって自分で書き込んでいくのでしょうね。良い本との出会いがあればいいなぁと思います。5年2組の福家さんと小林さんが今日の校内放送を担当してくれました。おすすめ図書は1年2組いもりこうたさんから「わんぱくだんのにんじゃごっこ」わんぱく団3人組が公園での忍者ごっこの途中、本当の忍者の世界に迷い込むお話。3年2組のふくだゆうりさんからは「むらさき色の悪夢」主人公日暮なつかのお父さんの仕事はお化け退治屋、シリーズ本だそうです。どちらも面白そうですね。最後は5年2組のもりかれんさんのおすすめは「昆虫」くわがた虫の生息地や特徴、カマキリやナナホシテントウものっていてかわいいそうです。これらの本は図書室にあります。みなさん、借りてみては?ちなみに手前に写っている人物は見なかったことにしてください。

<

1月22日(月)

学級閉鎖

第三中学校では1年生と2年生が学年閉鎖になっています。とうとう藤井寺小学校でもインフルエンザが猛威をふるいだしました。6年1組が明日から土曜日も含めて5日間の学級閉鎖です。また3年生や1年生でもインフルエンザにかかりしんどい思いをしている児童がいます。インフルエンザは普通の風邪とは違い、かかってしまうと身体にかなりのダメージがあるので心配しています。早く良くなって元気な顔を見せてくださいね。きょうはこれまで・・・また明日。

<

1月21日(日)

藤井寺市民マラソン2018Ⅱ

藤井寺小学校からもたくさんの子どもたちが参加してくれました。昨年度よりもタイムが伸びたという仲間も多かったです。多田教育長もあいさつのなかでマラソン大会に参加するためにこうやってここに足を運ぶその姿勢が素晴らしいと言ってくれていました。みなさんお疲れさまでした。大会開催にあたりご準備いただいた教育委員会スポーツ振興課、藤井寺市スポーツ推進委員のみなさまはじめ大会関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

1月21日(日)

藤井寺市民マラソン2018

日曜日、給食センター前石川河川敷において藤井寺市民マラソン2018が開催されました。当日は天候にも恵まれ絶好のランニング日和でした。副市長や来賓の方々のあいさつの後、スポーツ推進委員の東口さん(プロエアロビクスインストラクター)による準備体操がありました。本校職員からは6年担任の角柿先生と事務の森さんが一般男子の部、首席の梶谷先生と娘さんはファミリーの部に出場しました。

1月19日(金)

社会見学Ⅱ(4年生)

4年生が無事帰ってきてくれました。先生方、ご苦労さまでした。引率した修行僧の話では往きも帰りも年配のお年寄りの先輩方に座席を譲るシーンが見られたということでした。また、勇気を出して声をかけている姿はすがすがしく誇らしかったそうです。座席を断った年配の先輩も電車に乗っている間は終始笑顔で子どもたちに話しかけておられたということです。心あたたまるエピソードをありがとう。もちろん、プラレタリウムでも良い学びができましたという学年主任からの報告でした。さて、日曜日は藤井寺市民マラソンが石川河川敷で開催されます。出場されるみなさん、先生方、がんばってね。

1月19日(金)

響(第1保育所)

藤井寺市立第1保育所の和太鼓演奏会にお邪魔しました。演奏会の前に行われたお誕生日会では5歳児クラスのお兄さんお姉さんの元気な歌を聴くことができました。4月からは小学校入学ですね。本当に楽しみです。続いての演奏会では和太鼓の響きが空気や物、床や天井、そして子どもたちや私たちの身体とも共鳴し、第1保育所の遊戯室がまさにライブ会場へと変容しました。さらに獅子舞なども登場し子どもたちは演奏に釘付けとなりました。30分の演奏、小さい子どもたちにとっては長い時間のはずですが、あっという間に時間が過ぎていきアンコールまでありました。アマチュアの域を越えた本物の演奏に子どもたちや保育所の先生方、私も含めみなさん感動していました。ありがとう。

1月19日(金)

社会見学(4年生)

4年生がすばるホールに社会見学に出かけました。今回は4年生の先生方以外に井上ひろ先生と修行僧が引率していただけるということで駅までの見送りを担当しました。終始集団行動になりますが通行人への気遣いなど4月よりも格段に成長しています。けがなく帰ってきてくださいね。何枚か写真を撮影したのですがまたSDカードを入れ忘れてしまいました。4年生のみなさんは1枚目のようにホームから転落することなく(本当に転落したらえらいことですが・・)安全に2枚目のように電車にのって無事出発していきました。

<

1月18日(木)

昼休み

昼休みに子どもたちと遊ぶ先生たち。教育現場は団塊の世代の先生方が退職され若い先生方が多くなってきました。

1月18日(木)

コヤマガーデン

飼育係りのメンバーがコヤマガーデンの掃除を毎日欠かさずしてくれています。先日亡くなったチョコの部屋も水の入れ替えと少しの餌をあげてくれています。飼育係りのメンバーはお昼休みにコヤマガーデンの掃除をし、そのあとすぐにはじまる掃除の時間にはそれぞれの担当場所の掃除をしてくれています。本当に頭がさがります。いつもありがとう。写真はナツです。ナツとスマイルは一緒にいると激しい喧嘩をしてしまうそうです。チョコはどちらとも上手く付き合うことができていたそうです。

1月18日(木)

わたくり・わたうち・糸紡ぎ体験(1年生)

八尾市歴史民俗資料館の李(い)さんを講師としてお招きし、植物の綿から糸を紡いでいく作業を1年生の子どもたちと初めて体験しました。まず李先生のルーツのお話がありました。李先生のお話は面白く、みなさんも私も「へぇ~」と聞きいってしまいました。「今日は韓国の先生に習った。でも李先生は韓国人やけど日本語ぺらぺらやで」とおうちの人に話しておいてね!というしめくくりです。綿毛から種を取り出し(わたくり機を使用)弓のような綿打ち機を使うとふわふわの綿菓子のような、いやもっとふわふわの羽毛のような綿になりました。それを糸にしていきます。楽しかったですね。

1月17日(水)

授業(4年3組)

4年3組の修行僧担当の授業を見学させていただきました。1.17は修行僧にとっても大切な人が亡くなった悲しい特別の日だということが授業のはじめの話でわかりました。大切な人の死というものは本当に悲しく淋しいものです。いずれみなさんも必ず経験します。(もうすでに経験している仲間もいるかもしれませんね。)今日は算数の授業です。めあては「分母が同じ分数のたし算のしかたを考えよう」です。「私の好きな飲み物は何でしょう?」という質問に子どもたちは30秒ほどの間に20通りくらいの答えをしています。修行僧のことだから抹茶とか青汁とかを想像していましたが答えはブラックコーヒーの豆乳割りだそうです。微妙です・・・いっそのこと「コーラ!」とでも言ってくれれば「修行僧が炭酸飲料を飲むなんてけしからん!」と突っ込めるのに・・・ブラックコーヒーの豆乳割り・・微妙です。そんなことはさておき、この飲み物をめぐってこの日の授業が展開していきました。子どもたちはいくつかのパターンを考えながら分母が同じ分数のたし算では分母はそのままにして分子をたして計算することを学んでいきました。終始笑顔とやり取りの会話が弾む授業でした。

1月17日(水)

地震時避難訓練(休み時間バージョン)

今日は休み時間に地震が起きた時の地震時避難訓練です。担当の高木先生の子どもたちを災害から守るんだ!という熱い思いに動かされ子どもたちに話す内容(雨天バージョンでの校内放送)を原稿に落としました。少し長い文章ですがお付き合いください。「みなさん、今日の地震時避難訓練ですがまわりの仲間や先生方と協力し、まじめにしっかり行ってくれたと思います。ありがとう。今日は校長先生から23年前の出来事について少しお話したいと思います。1995年1月17日午前5時46分、ちょうど今から23年前の朝、兵庫県の淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の直下型の巨大地震が起きました。おおきなおおきな地震です。淡路島、神戸市、芦屋市、西宮市など震度7を記録し、6435人というたくさんの人が死んでしまいました。けがをした人は約5万人、これが阪神・淡路大震災です。その日の朝、校長先生は下からゴーとうなるような音で目を覚ましました。「地震がくる」と思った次の瞬間、ゴゴゴゴという揺れがありその後グラグラと大きく揺さぶられました。地震特有の最初に縦揺れがありその後横揺れがありました。これまで経験したことのないおおきな揺れでした。揺れがおさまって窓をあけ、外を見ると電柱にかかる電線がぶらぶらとおおきく揺れていました。普段なら夜明け前、太陽が昇る東側がうっすら白んでくる時間ですがその反対の西側、神戸方面がオレンジ色に光っていたのを今でもはっきり覚えています。私はその当時、藤井寺第三中学校で保健体育の先生をしていました。普段なら車で3、40分で学校につくのですがこの日は道路には車がいっぱいで1時間半もかかりました。また、この日中学校2年生がバスで長野県にスキー学校に出発する日でしたが2時間かけて300Mしか進まず出発をあきらめました。その後、入ってくるニュースは見ていて本当に悲惨(ひさん)で悲しい映像ばかりでした。崩壊(ほうかい)した高速道路、つぶれた家、助けてと泣き叫ぶ人々、大きな火事があちこちで発生し、近づいてくる炎、つぶれた家の前で「このがれきの下にお母さんがおる」とがれきをどけている青年、そこに火が燃え移る。時間を追うごとに被害の大きさがわかってきました。校長先生の友達が神戸市の小学校で先生をしていました。17日は全く連絡を取ることができなかったのですが、次の日の夜にようやく電話がつながりました。「クラスの子ども5人と連絡が取れない。家庭訪問にいっても家がつぶれている」と泣いていました。あとでわかったことですが5人はちがう避難所に避難していて無事であることが確認されたそうです。校長先生は3日間学校を休ませてもらい西宮の小学校でボランティアをすることにしました。その小学校の体育館は500人近い避難者であふれていました、使えるトイレは1箇所しかなく、先生は3日間、ひたすらトイレ掃除とトイレの水くみをしていました。プールからポリバケツに水をくみトイレまで運ぶ作業です。校長先生はたった3日間でしたが避難者の多くはこの後8カ月間も体育館での大変不便な生活をすることになります。ただ避難者も命は助かった人たちです。命さえあれば何とかなると言い聞かせていたにちがいありません。これは23年前の出来事のほんの一部です。今日避難訓練をするにあたって校長先生も、今、みなさんの前にいる先生も思いは一つです。災害が起こったとき藤井寺小学校のこどもを一人も死なせない。そのために何ができるのかを考えています。またそのためにはみなさんの協力が必要です。訓練をしっかりおこない、防災の意識を持つことをこれからもよろしくお願いします。今から黙祷(もくとう)をします。黙祷のあいだみなさんは目をつぶり23年前に犠牲になったひとたちの事を思い「あなたたちの死を無駄にしません。私たちは地震がきたらどうしたらいいのかをしっかり考え、自分の命や仲間の命をまもります。」といのってくれたらと思います。「黙祷」「黙祷やめ」これで校長先生の話をおわります。」どうかおうちでも当時の様子を話してあげてください。また今一度、地震に対する備え(避難袋・タンスなどに取り付ける地震棒・お互いの連絡方法など)の確認をお願いします。

1月17日(水)

市役所の工事

藤井寺市役所で工事が行われるという情報があり、藤井先生が確認しにいってくれました。足場が組まれ外壁の塗装工事が行われています。近づかないかぎり危険はないと思いますが通学路にかかっています。子どもたちには注意喚起をうながします。おうちの方でもよろしくお願いします。

<

1月16日(火)

サッカー(2年1組、2組)

体育の授業(サッカー)を見学させていただきました。体育係りが前に出て体操を自分たちで行うことができていました。驚きました。さすがは2年生!たいへん立派です。サッカーはこの寒い時期にはぴったりの種目です。インサイドキックとドリブルを中心に練習しました。楽しみながらも上手な仲間と先生の動きを見本にみなさん一生懸命がんばっていましたよ。後片付けも協力しすばやい。こけてすりむいた仲間をほっとかず足を洗う手助けをしている写真です。あたりまえのように手助けをしているのは藤井寺小学校の子どもらしいと思います。

1月16日(火)

ポカポカ

久しぶりに風もない小春日和の一日です。昨日に引き続いてのリズム縄跳び。みなさん笑顔でがんばっています。それぞれ縄跳びをしていてどうやったら縄がこんなにからむのか・・・ははは、終わってしまいますよ。お昼休みにはたくさんの子どもたちが運動場に繰り出していました。暑くなったり寒くなったり、体調管理には気をつけてね。

1月15日(月)

リズムなわとび

なわとびをすると有酸素運動のため心肺機能が高まります。またそれだけでなく効果的な筋力アップにもつながります。特にふくらはぎの筋肉を鍛えることができ、手首の使い方やリズム感の習得にもやくだちます。2時間目が終了すると子どもたちは縄跳びを片手に全員元気に運動場に飛び出してきました。朝礼台では5年1組の丹さん、大山さんが見本を見せてくれています。ありがとう。5分間、一度も引っかかることなくクリアーできる人はでてくるかな。みなさん、がんばってください。

<

1月13日(土)

PTA役員会・運営委員会、元気ひろば

本日のPTA役員会・運営委員会では来年度の運営委員選出について、各委員会から、最近の学校の様子などについて話し合いや報告が行われました。藤井寺小学校のPTA活動の素晴らしいところは子どもたちの活動の支援という目的で学校と協力し、明るく前向きに話し合いや活動がおこなわれていることです。いつもありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。元気ひろばでは運動場や体育館、図書室で子どもたちが青少年指導委員の方々や先生たちと元気に活動していました。2年生の前田先生が息をハァハァさせながら子どもたちと鬼ごっこをしていたのが印象的でした。

1月12日(金)

チョコの時間

悲しいお知らせです。コヤマガーデンで飼育されているウサギのチョコが亡くなりました。今朝、5年生の飼育係の児童が水に濡れ横たわっているチョコを発見しました。すぐに水を拭き取り温かい部屋に移動させると水を飲んだり草をついばんだりと一時回復の兆しを見せたので安心していましたが、昼ごろから様態が悪化。すぐに病院にいく手配をしましたがその途中で息を引き取りました。亡くなった原因は特定できていませんが、びしょぬれの状態で発見されたことから飲み水の入った洗面器にはまってしまい今朝の冷え込みに堪えられなかった可能性が考えられます。本当にかわいそうなことうをしました。校務員の安井さんと修行僧とともにチョコを埋葬しました。また明日からも冷え込みがきついことが予想されるから他のウサギたちのためにコヤマガーデンの断熱効果が高まる処置もしました。チョコ、いままでありがとう。飼育を担当してくれた5,6年生のみなさんもありがとう。

<

1月12日(金)

給食

昨日から給食が始まっています。5年2組の松田さんが全校放送で給食ひと口メモを発信してくれました。「今日の給食は根菜のカレーライス、白身魚フライ、いよかん、牛乳です。ニンジン、ジャガイモ、レンコンなど、土の中でできる部分を食べる野菜を根菜と言います。今日は、いつものカレーにレンコンをプラスしています。穴のあいたレンコン、見つけられたかな?」。ところでみなさんは給食献立表をしっかり見ていますか。私はしっかりと見ておくべきでした。(一昨日の夕食カレー、昨日の夕食カレー、今日の朝食カレー、今日の給食カレー、今日の夕食はもしかしてカレーうどん・・トホホ・・カレーは好きですよ)

<

1月12日(金)

CAPプロジェクトⅢ(1年生)

1年生対象に行われているCAPプロジェクトの授業も今日で最終(3回目)となりました。みなさんの大切な身体に触れられる、触られることで“いやな触られ方„と“嬉しい触られ方„の違いを確認し“いやな触られ方„をされた場合の対応の仕方なども学ぶことができました。みなさんにとって“嬉しい触られ方„とは?という質問に対して、頭をなでなでされる、抱っこなどの意見がでました。“いやな触られ方„とは?いう質問に対しては、押される、たたかれるなどの意見が出ました。私たち人間社会でなかなか改善されないことの一つに立場や力の弱いものが犠牲になってしまうことがあげられます。今回のCAPではそのことにどう立ち向かっていくのか、また相手の立場にたって行動していくことの大切さについても学ぶことができました。このCAPの取り組みは教育委員会が予算を組み、藤井寺市のすべての小学校(7つの小学校)の1年生でおこなわれています。

1月12日(金)

氷点下

〝寒~い„今朝はこの冬一番の冷え込みかもしれません。朝起きて外を眺めると金剛・葛城山は白く道路にはうっすらと雪が積もっていました。すいれん鉢には氷が張り詰めその下にいるはずの金魚とメダカの姿は見当たりません。まさに氷点下です。しかし、藤小の子どもたちは元気です。本校でもインフルエンザがじわじわと流行の兆しを見せています。みなさん、手洗いとうがいをこまめに行いましょう。

<

1月10日(水)

ひまわりタイム(ひまわり)

ひまわりタウンを完成させよう!というめあてのもとみなさんはそれぞれ自分の作りたい乗り物や店の計画表を作成し、材料などの確認と制作作業を行いました。なかよし作品展でのお披露目ですがどんな街ができるのか今からワクワクしています。

1月10日(水)

CAPプロジェクト(1年生)

日本は平和で過ごしやすく一生を幸せに過ごすことができる数少ない国の一つだと思います。反面、いじめ、誘拐、性暴力(痴漢など)の暴力が私たち(子どもたち)の周りからなくならないことも事実であり、そのことは子どもたちも理解しておく必要があります。CAPとは、このような暴力を子どもが受けそうになった時、あるいは受けた時に自分自身を守るために何ができるかを、ロールプレイ(模擬劇、寸劇)などを使って一緒に考える暴力防止プログラムです。今回はキャッププロジェクトやおから梶山さま、新開さま、伊藤さま、松田さまが1年生のこどもたち対象に指導しに来校してくれました。かなり難しいテーマですが、子どもたちにもわかるように優しく丁寧に指導していただくことができました。今日明日明後日の3日間(1日1時間)、子どもたちは楽しみながら安心・自信・自由の権利を奪う側にも奪われない側にもならない方法を学んでいきます。どうぞよろしくお願いします。

1月9日(火)

消防訓練(第一保育所)

私たち小学校では9日が始業式ですが保育所はすでに始まっています。今日は消防訓練です。本当に寒い中でしたがみなさん消防車に興味津々でした。なぜか森田所長は半そでTシャツ姿です。いつも元気をもらっています。保育所のみなさん、今年もよろしくお願いいたします。

1月9日(火)

学級活動(3年2組)

始業式の後の学級活動の様子です。多小のしこみもありますが、みなさん元気よく写真撮影に協力してくれました。このあとどんな話をするのかな。31学級(ひまわり含む)でもそれぞれどんな話をしてるのでしょうか。冬休みの楽しかったことや中にはつらい思いをした仲間もいるかもしれません。いろんな事を語り合えるクラスや学校にしたいと先生方は考えています。みなさん、3学期もがんばってね。

<

1月9日(火)

始業式

朝、ヒロ先生(井上先生)のクラスをのぞいてみると、ヒロ先生と児童が五目並べをしていました。ほほえましい光景です。たくさんあった冬休みの宿題を仕上げてきたようです。よくがんばりました。3学期始業式では高木先生の指揮で全員で校歌を歌いました。校長からの話では全員が元気に3学期の始業式に参加するという2学期終業式での約束の確認をしました。また児童・先生方全員でお世話になっている人や物にたいして「ありがとう」の気持ちを込めて「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」とコールしました。その後の表彰では3年1組の濱田大起さん、2組の林理音さん、4組の長井亮さんが防火図画作品コンクールにおいて特選に選ばれ表彰されました。また映画感想文コンクール2017において藤井寺小学校が優秀団体賞を受賞し賞状を受け取りました。始業式のあと6年生の学年集会での様子です。3学期から新しい仲間が加わったことや残り少ない小学校生活を良い形でしめくくろうという確認がおこなわれるなど、学校全体がやわらかく良いスタートをきれました。

1月5日(金)

第三中学校区キャリア教育研修会

キャリア教育と聞くと小学校・中学校で行われている職業体験、中学校での進路学習などが思い浮かびますが、大阪府が推進しているキャリア教育はそれらを含めた「生き方教育」のことをさします。そういう意味ではこれまでも「キャリア教育」は教育活動の中で取り入れられてきましたが、発達段階において計画的に系統だてての取組みはこの数年間のものとなっています。今回は藤井寺幼稚園、藤井寺北幼稚園、藤井寺小学校、藤井寺北小学校、第三中学校の先生方が集まり「子どもたちのつながりを深めていくにはどんな手立てが必要か」「自尊感情を高めるために、それぞれの発達段階に応じた支援や取組みとそのアプローチの方法」についてグループ研修を行いました。グループ研修に先がけて行われた全体会では、我らが修行僧からキャリア教育の課題やアンケート結果の分析の報告がありました。また、教育委員会の松尾先生(元幼稚園園長)の講話では子どもたちへの受容と共感の大切さや子どもたちの自己肯定感や自分は必要とされているという自尊感情を高めるための言葉がけや考え方を学ぶことができました。3学期の始業式を目前に控えた今日のタイミングでこの研修会を行えたことは大変有意義であったと感じています。松尾先生、修行僧、ありがとうございました。先生方もお疲れさまでした。

1月4日(木)

初詣

元旦の朝、家族とともに地元富田林の錦織神社に初詣に行ってきました。仕事はじめの本日、教育委員会からの帰り道に葛井寺と辛国神社にお参りに行ってきました。例年であれば「お願い事」をしていたのですが、今年から先輩方(錦織神社のご近所の年配の方々)に見習って「お願い事」をするのではなく「感謝」するお参りをしてきました。錦織神社では家族のこと、葛井寺と辛国神社では藤小の子どもたちのこと(安全と健やかな成長)について感謝してきましたよ。ご利益あるかなぁ。イカンイカン、「感謝してきましたよ」「ご利益あるかなぁ」という気持ちの中には、恩着せがましい心と見返りを期待する心が混じっていますね。学校に戻って修行僧に手を合わせておきます。(もっと罰あたりかも)

<

1月4日(木)

平成30年(2018年)のスタートです

平成30年(2018年)がスタートしました。あけましておめでとうございます。旧年中はPTA・ブックママ・地域そして保護者のみなさまに大変お世話になりました。また気遣いや心遣いが足らずご心配やご迷惑もたくさんおかけしてしまいましたが、大きな力に支えられてきたことも事実です。お陰さまで藤井寺小学校のこどもたちも大きな事故や事件にまきこまれることなく学校生活を送ることができましたこと心より感謝いたしております。当然のことですが、新年を迎え教職員一同、心新たに子どもたちのためにがんばっていきます。また、このホームページ(トップページ)も時にはブログのようなページになってしまいましたが今年も引き続き更新していきたいと思っています。どうぞよろしくお願い申し上げます。さぁ、始まりました。みんな元気にしてるかな。(今のところこの冬休み、大きな事件事故の報告はありません)

<

12月28日(木)

Hero

I'll be your hero. いろんな色で染まる世界で一人で. 振り向かなくてもいい今までの君のまま進めばいいからあきらめないでeveryday. 君だけのためのhero どんな日もそばにいるよ. Oh Oh… I'll be your hero.and you are my hero. これはNHKのリオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの公式テーマソングにもなった安室奈美恵さんが歌う「Hero」の最初のフレーズです。 I'll be your hero.and you are my hero.意味は「私があなたのヒーローになるから。それはあなたが私のヒーローだから」がんばっている人に光を示せるような、希望を与えてあげられるような、そんな存在になる。そしてあなたこそが私にとってそういう存在であるというメッセージがこの歌詞にはあると思います。間もなく2018年の始まりです。私たち大人も子どもたちにとってHeroになれる、そんな年になりますように・・・

<

12月22日(金)

ウィルマンガムの不可解な行動パートⅨ

普通に廊下をサンタクロースがあるいていました。みなさん大喜び。1,2,3年生は大パニック。4、5,6年生もみんなニコニコ声をかけていきます。メリークリスマス。

12月22日(金)

四天王寺大学インターンシップ

7名のインターンシップの学生が藤井寺小学校での活動を今日で終了します。いつも子ども目線で対応してくれたことを感謝しています。教師になったあかつきには藤井寺市に戻ってきてほしいと感じさせるメンバーでした。今日まで藤小の子どもたちの健やかな成長ため大きな力を貸していただきました。本当にありがとう。終業式の後は各学年の集会もありました。ひまわりの終業式にも参加させていただきました。みなさんの成長を確認できた心温まるものでした。

12月22日(金)

終業式

終業式では代議員のみなさんがおうちに帰る時間、お年玉の使い方の注意について寸劇をしてくれました。大変よくわかるものでした。生徒指導担当の藤井先生からは冬休みの行動の注意することについてのお話がありました。私の話した内容は以下のとおりです。長い2学期もきょうで終わります。2学期には大きな行事が沢山ありましたが、どの行事でもみんなしっかりがんばっていました。本当に素晴らしいなと思ったことはどの学年の人たちも、遊ぶときは思いっきり楽しむ、学習するときはしっかり人の話を聞いて勉強するといった、けじめがちゃんとついていたと思います。 特に6年生のみなさんは、最高学年として、勉強や委員会活動などにリーダーシップを発揮してくれました。けがをした仲間がいれば支え、同じ学年の仲間だけでなく困っている下の学年の仲間がいればほっとかない。失敗しても素直に反省し、あと始末をする。そんな君たちの姿はしっかりと1年生~5年生のみなさんにひきつがれています。あと3ヵ月足らずでみなさんはこの藤井寺小学校を卒業します。3学期もみんなの良いお手本となってがんばってください。また1年生から5年生の皆さんも、勉強に運動に、そしていろいろな取り組みに、前向きに頑張ってほしいと思います。藤井寺小学校のこどもはものを大切にします。この2学期、ものがこわれるということが少なかった。傘もたたむことができたし、トイレのスリッパを揃える子も増えた。藤井寺小学校のこどもは仲間を思いやります。この藤井寺小学校、ふじいでらっこらしさを2018年も忘れないでください。最後に一つ、みなさんにかならず守ってほしい約束があります。この約束は絶対です。風邪や体調不良は許してあげます。1月9日の始業式には元気な顔を見せること!いいですか。絶対ですよ。事故などには絶対巻き込まれない。これで校長先生のお話を終わります。

12月22日(金)

水たまりの氷

7時35分に学校に到着しました。天気は良いのですがその分朝の冷え込みはキツイように感じます。にもかかわらず運動場にはすでに何人かの子どもたちが集まっていました。水たまりに張った氷を足で割り、素手でつかみ集めています。「校長先生もやる?」「校長先生、スーツと革靴やからな。やめとくわ。」ちゃんと誘ってくれます。集めた氷をみんな息を揃えて「せーの!」と割っていきます。ただそれだけのことですが楽しそうです。今日も一日が始まりました。今日は2学期終業式です。

12月21日(木)

お楽しみ会(2年生)

体育館に行くと2年生の子どもたちがクラスの枠を越えてお楽しみ会を行っていました。しばらく後ろで見学していたのですが、あまりに楽しそうなので一緒に入って仲間に入れてもらいました。明日で二学期もおわりますね。

<

12月21日(木)

南館校舎(4,5年生)

2時間目の南館校舎の4,5年生の8クラスの様子を見にいきました。クリスマス会をしているクラス。振り返り学習をしているクラス。模型の試走をしているクラスなどまちまちです。懇談会も終了し子どもたちや先生方にとっても少し一息つける貴重な二日間だと思います。今日、新聞には中学生と高校生の自殺の記事がありました。終業式が無事終了し、そして3学期の始業式には全員の笑顔が見れることを痛切に願っています。そのために今できることや確認することを子どもたち・教師・保護者のそれぞれが意識していく必要があります。よろしくお願いします。

12月20日(水)

給食終了

2017年(平成29年)最終の給食です。クリスマスメニューということもあって見るからに豪華です。美味しくいただきました。いつも優しく子どもたちや先生方に接してくれる給食配膳員の藤本さん、松下さん、中村さんが配膳室の大掃除をしてくれていました。普段から清潔感ただよう配膳室ですが更にピカピカになりました。今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

12月20日(水)

ペア交流(2年3組、4年3組)

4年生は「環境学習」に取り組んでいます。地球温暖化や水質、環境破壊などについて自分たちで調べたことを後輩たちに伝える試みです。司会者、発表者などの役割分担もしっかりこなしてくれました。クイズ形式の発表学習という工夫もあるので2年生のみなさんも飽きることはありません。2年生のこどもたちからは沢山の感想や質問もありました。いい交流に参加させていただきました。ありがとう。

12月20日(水)

ひまわりタイム

今日のひまわりタイムはクリスマス会です。3人の誕生会のあと出し物やゲームをしてみなさん楽しむことができました。校長室の前には立派なツリーがお目見えしました。イングリッシュクラブのメンバー・ウィル・修行僧・高垣先生が協力して制作したものです。6年1組のクラス全員と担任が本当に楽しそうに「ケイドロ」(私たちの時代でいえば「探偵」)をしていました。良い光景です。ほんのちょっぴり羨ましく感じます。

12月19日(火)

四天王からのメッセージ

日頃、HP上をにぎわせてくれている四天王に2017年が終わる(2018が始まる)にあたって子どもたちへのメッセージをお願いしました。ドヤ顔が得意な藤井先生⇒冬休みには1年の終わりと1年の始まりがあります。今までの振り返り・反省と新しい良いスタートを切れるように目標を決めてさまざまなことに取り組みましょう。(この写真の顔は怖いけど、素晴らしいメッセージだと思います。)不可解な行動をするウィルマンガム先生⇒Merry Christmas and a Happy New Year! Let’s make 2018 a special year!(ウィル先生の言うとおり2018が素晴らしい特別な年になるといいですね。) 白々しい笑顔の梶谷修行僧⇒日々精進!来年も輝ける一年でありますように!!(じゅうぶん輝いていると思います。) 心優しきハグリットの和田先生⇒みなさんも私のように成長し、大きな人になってくださいね。(大きいというのは大きな心という意味も含まれていますよね) さぁ、みなさん。2017年をしっかり締めくくり、元気よく2018年のスタートをきりましょう。四天王のみなさん、ありがとう。来年もよろしく!

12月19日(火)

非行防止・犯罪被害防止教室(5年生)

少年サポートセンターでは、大阪府、大阪府警察本部及び大阪府教育庁の三者による連携のもと、非行防止活動のキーステーションとして非行未然防止や立ち直り支援等、少年の健全育成のための活動を行っています。その少年サポートセンターから仙波様、倉本様に来ていただき5年生対象に非行防止・犯罪被害防止について教えていただきました。寸劇などの工夫もありお二人のお話は子どもたちにも大変わかりやすく、しかも強烈なインパクトがありました。今回のお話を聞いて子どもたちは、非行や犯罪をおかしてしまって家族を悲しませるようなことは絶対しないという気持ちを持ってくれたのではないでしょうか。仙波様、倉本様、本当にありがとうございました。私たち教員もPTA・地域と連携して子どもたちが事件や事故に巻き込まれないよう見守っていきたいと思います。

12月18日(月)

2学期もあと一週間

今週の英語は one more time.(もう一度言ってください)です。今日も運動場の水たまりには氷が張っていました。それでもその氷をさわりに子どもたちがあつまります。なぜか少しほっとします。運動場では1年生が体育の授業をしていました。寒さに負けずみんながんばっています。先日行われたPTA親学習の報告が校務員室前に掲示されています。懇談にこられるときは花壇の花や自転車置き場前のさざんかと合わせてご覧ください。明日は5年生の非行防止教室。明後日で給食が終了します。金曜日は2学期終業式です。

12月15日(金)

授業(1年2組)

今日の図工の時間は「ねんどランド」です。「みなさん、十二支とはなにか知っていますか?」担任の先生が笑顔で元気に質問します。「ハ~イ!!」そのあとみなさんブツブツと、ね・うし・とら・・・・意外とみんな知っている・・・自分の好きな干支の粘土細工がスタートしました。全員が笑顔で作業してくれていました。担任の先生はクラス全員一人ひとりの作品を見廻っています。私も楽しくなって自分の干支のヘビの作成にとりかかりました。最後に全員で品評会。授業が終わってつぶすのがもったいないほどみなさん素晴らしい出来栄えでした。

12月15日(金)

授業(1年3組)

このクラスの学級目標は「みんながたのしい1-3~なかよくやさしくはなせるクラス~」です。道徳の授業を参観させていただきました。「きょうはおしごとについての勉強をします。教科書をとじてください。」みなさん、何がはじまるのか興味津々です。まるで紙芝居のような読み聞かせがはじまりました。教材は「森のゆうびんやさん」です。ゆきの日にゆうびんやさんのくまさんがヤギじいさんの家に荷物を届けます。「先生がヤギさんだったらどんな気持ち?」子どもたちから先生に質問が・・・あれぇ~、先生と子どもが逆さまになってます。それでも担任の先生は「先生がヤギじいさんだったらきっとうれしくて笑顔になると思います。」先生もうまく対応しています。このあとヤギじいさんから手紙をもらったくまのゆうびんやさんの気持ちをみんなで考えました。

12月15日(金)

授業(1年1組)

1時間目ということで一人ひとり出席と健康チェックを確認することからはじまります。「~さん」「はい、元気です」「~さん」「はい、元気です」なかには「はい、元気です」を風邪をひいているのか、かなりのガラガラ声で返事をする仲間もいます。大丈夫かな。みなさん、無理しないでくださいね。きょうは全員出席のようです。みなさんそろってよかったですね。担任の先生の「用意はいいかい」子どもたちの「用意はいいよ」の合図のあと国語の授業がはじまりました。単元は「ずうっとずうっと大すきだよ」です。めあては「好きな場面をみつけよう」です。担任の小さな評価を確認しながら全員が音読を経験しました。みなさんがんばって取り組んでくれていました。

12月14日(木)

租税教室(6年生)

藤井寺市役所税務課から中村さん、今仲さんがきてくれました。「みなさんは税金を払ったことはありますか」という今仲さんからの質問に、わかっている何人かは手をあげます。そうですね。100円の品物を買った時108円支払います。その8円が消費税という立派な税金です。実際に税を扱う仕事に携わっている人からのおはなしには説得力があります。また、税金の大切さについても教えていただきました。寒い中、ありがとうございました。

<

12月14日(木)

心のばんそうこう(2,3年生)

教室からこどもたちの柔らかい笑い声が聞こえてきます。寒い朝にはあたたかいスープ、冷えた心にはブックママさんの絵本の読み聞かせです。こどもたちや先生方のささくれた心をつつむようにほっこりさせてくれます。

<

12月13日(水)

調理実習(6年4組)

「働かざる者食うべからず」という家庭科の掟(おきて)でもあるのでしょうか。誰ひとりさぼることなくみなさん笑顔でがんばっています。なかなか満足のいく料理ができたようです。いただきま~す。

12月13日(水)

授業(1年4組)

1年生の学年スローガンは「きらきらひかる ぼくもわたしもともだちも」。そして4組の学級目標は「こまっていたらこえかけあい、けんかしてもすぐなかなおり、やさしさいっぱい1ねん4くみ」道徳の授業に参加しました。本日の単元は「おつきさまがみている」です。みなさん正しい姿勢で本をひらきます。担任の先生はまるで絵本を読んでいるかのようなトーンと表情で静かに読み聞かせを行いました。主人公のしょういちが帰り道に美味しそうな柿を見つけます。だれも見ていません。とって食べようかと考えた時、妹のみよちゃんの「おつきさまがみているよ」という言葉をきいて柿をとることなく月に照らされながら二人仲良く岐路につくという物語です。「どうして柿をとらずに帰ったのでしょう」という先生の問いかけにいろんな答えが返ってきます。担任の先生はそれらの答えを否定することなく、それでも子どもたちは弱いこころから美しい心への気づきにつながっていきました。

12月13日(水)

ひまわりタイム(ひおまわり)

今日のひまわりタイムはなかよし作品展に向けての街にいる「人」をつくっていきました。作業中はみなさん集中して真剣です。展示物がおおきいので作るのも時間がかかりそうですが、先生方は極力こどもたちに手掛けさせるようにしていました。がんばってね。

12月12日(火)

おたのしみ会(6年2組)

6年2組担任の五島先生から「おたのしみ会」のお誘いがありました。のぞいてみると予想以上の本格的な「おたのしみ会」なのでびっくりしました。私が小学生のころはこんな楽しそうな取組みはなかったと思います。羨ましく思いました。

12月12日(火)

ウィルとの英語授業(6年生)

イングリッシュルームではウィルと担任の先生による英語学習が行われていました。ウィルの後にみなさん大きな声でしっかり発音していきます。授業が行われる前日までに活動案(学習指導案)をもとにウィルと担任の先生との打合せも入念に行い準備万端です。イングリッシュルームはすでにクリスマス仕様になっていました。

12月12日(火)

児童集会

外は雪がちらつき、水たまりには氷がはっていました。今日の朝は児童集会からの始まりです。保健委員会のみなさんが映像を活用し低学年のみなさんにもわかりやすく石鹸や水道の使い方、手洗いの方法について詳しく説明してくれました。インフルエンザが流行する季節にタイムリーな発表をしてくれてありがとう。代議員の二人からは赤い羽根募金のお知らせがありました。自分のお小遣いから募金することが基本だそうです。了解しました。駅に向かう道の西側にある「太陽生命」さんの掲示板には花いっぱいプロジェクトの様子や手紙が掲示されています。一度見に行ってください。

12月11日(月)

ウィル マンガムの不可解な行動パートⅧ

ウィルと修行僧が藤井寺幼稚園に行っていたという報告が入ってきました。藤幼イングリッシュタイムということですが、下の4枚の写真だけが真実を物語っています。園児たちにいったい何を言っているのでしょうか。1枚目の様子からウィルと修行僧の上から目線に子どもたちは縮こまり、相当おびえているようにも見えます。2枚目の写真では修行僧が紙を握りしめ強い口調で子どもたちを威嚇しているのかもしれません。さらにウィルはファイティングポーズまでとっています。3枚目は子どもたちに強制作業をさせているようにも思えます。何が行われたのか中村園長に確認しにいきたいと思います。

12月11日(月)

今週の英語

2学期も残すところあと2週間となりました。今日も子どもたちは元気に登校してくれていますが、何人かの子どもたちは風邪や体調不良などで欠席しています。みなさん、早寝・早起き・手洗い・うがいをして風邪をひかないよう気をつけてくださいね。今週の英語は Let's play dodge ball.(ドッジボールをしよう)です。寒い時こそ外で元気にあそびましょう。

<

12月9日(土)

元気ひろば・PTA親学習

土曜日の元気ひろばは更生保護女性会の皆さまの指導のもとクリスマス飾りやリースづくりをしました。たくさんの子どもたちが参加し大盛況でした。雨天などの影響もあり久しぶりの元気ひろばということで運動場も合わせると120人以上の児童が参加してくれました。同時に多目的室で行われたPTA親学習にも沢山の保護者の参加がありました。5名のファシリテーターのコーディネートにより進められました。親同士の互いのアドバイスや視野の広がりが見られ、こちらもかなりの手ごたえがあったようです。参加していただいた保護者のみなさま、ありがとうございました。

12月8日(金)

授業(2年2組)

「さーて、授業が始まる前に机のまわりにゴミは落ちていませんか」「あった」「すててくれてありがとう」やはり2年生の授業は簡単には始まりません。でもとても大切な時間だと思います。国語の時間を見せていただきました。漢字5問からのスタートです。2組では最近班がえがあったようです。新しい班のメンバーとどんな班やクラスをつくっていくんでしょうねぇ。楽しみです。今日は八木先生も一緒にはいってくれました。2組のみなさんは担任の先生に注意される場面も時にはありますが、それ以上に担任の問いかけや発問には姿勢をただし、ハッキリキッパリ答えることができるメンバーが多いようにも感じます。なかなか立派ですよ。教室の後ろにはカブトムシやクワガタムシの精巧なイラストが掲示されていました。だれの作品かな。

12月8日(金)

幼稚園・保育所給食交流Ⅱ(5年生)

ゲームを一緒に取り組み一緒に笑う。良い感じに交流がすすんでいきます。手を洗う時やトイレなどに関しても5年生がやさしく丁寧な対応をしてくれています。給食も一緒に笑いながら食べることができました。5年生のみなさん、先生方、ありがとう!

12月8日(金)

幼稚園・保育所給食交流Ⅰ(5年生)

来年度は1年生と6年生、ペア学年となることから5年生は幼稚園・保育所との交流を行います。今日は給食交流です。

12月7日(木)

食育(3年生)

給食センターからミワコ先生とユイ先生がやってきました。「野菜の大切さを知ろう」ということで藤井寺市で作られている果物や野菜やいものヒミツなどについて教えていただきました。今日の給食も美味しかったですね。いつもありがとうございます。

<

12月7日(木)

授業(3年1組)

20分休憩のリズムなわとびの後の授業で少し始まりがおくれるかなと思っていました。しかしチャイムが鳴って30秒後に教室に入らせていただきましたがすでに全員が着席し授業がスタートしていました。すごい!算数の授業は前回の振り返りからのスタートです。先生と子どもたちのやりとりをききながら掲示物の「ふしぎなチョウチョ」の出来映えに感心して見入ってしまいました。油断していました。「それではこの答えをスペシャルゲストの校長先生にジェスチャーで答えていただきましょう」担任の先生の目が一瞬左にむいたような・・そちら側にジェスチャーするとみなさん拍手してくれました。あぶないあぶない。授業は前を向いてしっかりききましょうね。みなさん。きょうのめあては「三角形の角のひみつを調べよう」です。実際に紙を三角形に切っての実習です。予想する⇒やってみる⇒確認してみる⇒気づき・不思議・理解につながる授業でした。

12月7日(木)

授業(2年4組)

2年生の授業はそう簡単にははじまりません。「この上着はだれのですか」「体育館シューズを出しっぱなしにしてるのはいったいだれなんでしょう」授業環境が整うまで担任の先生はそう簡単にゆるしてくれません。特に低学年はしっかり躾けられます。躾(しつけ)という言葉自体、今の教育では使われることが少なくなってきましたが大切な一面もあります。みなさん整ったところで国語の授業がスタートしました。まずは漢字の小テストからです。一問目はこうじょう(工場)、一問一問答え合わせをします。答え合わせでは丁寧に書き順やはらいの確認がおこなわれていました。5問が終わったところで担任の先生が「はい、今日はここまで」というと「エェー」「仕方ない、もう一問だけよ」という会話のあと一問追加されていました。余分に学べて良かったね。「わたしはおねえちゃん」という単元でめあては「すみれちゃんがしたこととその理由をかんがえよう」です。難しい長文でしたがみなさん姿勢を正し、しっかりがんばっていました。後ろの壁がきれいに整えられていました。新しく掲示物が張り替えられるそうです。なにが貼られるのかな。楽しみです。

12月7日(木)

冬の花

自転車置き場横の冬の花、サザンカの花がまもなく咲き誇ろうとしています。園芸ボランティアのみなさんが整備してくれた花壇にもきれいな花がさいています。以前撤去の可能性をお伝えしていたトーテムポールについてはまだ連絡はありません。

12月7日(木)

カブトムシ飼育Ⅱ(3,4年生)

カブトムシ飼育をお手伝いしていただいている中村さんからメールで幼虫の写真がとどきました。みんな元気そうです。無事この冬をこしてくれるといいですね。

<

12月6日(水)

カブトムシ飼育(3,4年生)

カブトムシの中村さんが土の点検と飼育マット交換をしてくれます。幼虫たち、みんな元気にしてるかな。本当にありがとうございます。⇒(続報)3時間後、中村さんが点検と交換を終えて再び来校してくれました。幼虫はみんな状態も良く元気だったということです。よかった。

<

12月6日(水)

藤井寺小学校区交通安全点検

みなさんも記憶に新しいと思います。2012年(平成24年)4月23日に京都府亀岡市で登校中の児童と引率の保護者の列に軽自動車が突っ込み、計10人がはねられて3人が死亡、7人が重軽傷を負った交通事故。あの痛ましい事故を受けて翌年から藤井寺市においても「藤井寺市通学路交通安全プログラム」がスタートし、通学路の安全について定期的な合同点検が実施されています。羽曳野警察交通課、富田林土木事務所、市役所からは生涯学習課と道路水路課、区長、PTA会長、教頭の11人が校区の危険箇所の視察を行いました。また、足立PTA会長からは側溝のふたの危険性(豪雨)のご指摘もありその観点での視察をすることができました。毎年少しずつ改善されています。しかし、何年も改善されていない箇所もあります。地道な作業ですがよろしくお願いします。

<

12月5日(火)

人権週間Ⅱ

人権週間を機会に先生方と確認したことを掲載します。⇒人権週間では人の命や権利について子どもたちと考える時間をとる。【具体的には】①今年度に入って、それぞれの学年で取組んだ人権感覚を養う学習を振り返り確認する。②世界中の紛争において人の命や心が粗末に扱われたり、住むところを奪われたりしてしまっている人たちがいるという事実を子どもたちと語る。(高学年)(参考)現在の世界の人口は73億人。そのうち紛争地域に住む人は23億3000万人といわれています。27カ国で32の武力紛争がおこっており、世界人口の3人に1人は、戦禍に巻きこまれている計算になる。どんな戦争であろうと、いちばん被害(虐殺、略奪、強盗、暴行など)を受けるのはそこにくらす人びと。③私たちが普段なにげなく発している言葉やとっている態度が周りの人たちの心を傷つけることになっていないかを確認していく。 教室での「とげのある言葉」「笑い」「マイナスの言葉」などを逃さない人権感覚を子どもたちとともにみがく。※発達段階に応じて発信する。⇒おうちでも子どもと一緒に考えてみてくださいね、

<

12月4日(月)

リズム縄跳び(全校児童)

さむーい冬は温かい室内ばかりにいると身体がなまります。20分休みを利用したリズム縄跳びが始まりました。この冬、10回にわたっておこなわれます。低学年のみなさんは懸命に縄跳びがからまないようがんばっています。高学年のみなさんはさすがです。朝礼台で見本をみせてくれているのは6年1組の西尾さんと飯田さんです。ありがとう。

12月4日(月)

人権週間

12月4日~10日は人の命や権利について考える人権週間です。人権週間ではかけがえのない命を大切にするという当たり前のことについて再確認し、人の権利について学び考えることが大切だと思います。世界中にはいまだに人の命や心が粗末に扱われたり、住むところを奪われたりしてしまっている人たちがいるという事実を子どもたちと考えていきたいと思います。同時に私たちが普段なにげなく発している言葉やとっている態度が周りの人たちの心を傷つけることになっていないかも確認していく必要があると思います。5年生の森川さんが描いてくれた絵がポスターになりました。すばらしい作品を描いてくれてありがとう。今週の英語はRecess!(リーセス=休み時間)です。学校での休み時間には外で楽しく遊ぶ、友達や先生と話をする、本を読む、休けいする、次の準備をする時間ですがみなさんは何をしているのかな。

<

12月1日(金)

ペア交流(2年生と4年生)

4年生の先生方に「2年生とのペア交流、どうでした?」と尋ねたところ「大変良かったです」「何が良かったのですか」①2年生のみなさんの説明が丁寧でしかもおもちゃのクオリティーがたかかったこと。②4年生も2年生もともに楽しめたこと。③私たち教師も楽しかったこと。などを4人の担任の先生がニコニコしながら報告してくれました。

12月1日(金)

出前授業「体験してみよう、障がい者スポーツ!」(3年生)

3年生のみなさんがフライングディスクとアキュラシー競技(アイマスクを着用しての競技)を体験しました。講師はファインプラザ大阪(スポーツ振興地域展開事業・障がい者スポーツ出前授業)の方々です。今回は障がい者スポーツの体験を中心に現場での実体験に基づいたお話も聞くことができました。子どもたちはたのしくできた事はもちろんですが、ハンディを持った人と一緒にできることがうれしいという感想を持ってくれたことがいいなぁと先生方も感じたようです。なかなかできない体験でしたね。

11月30日(木)

Hurry up!(急いで!)

今週の英語はHurry up!(急いで!)です。学校やおうちでもあちらこちらで使われている言葉です。できることなら使いたくない言葉の一つだと思いますが、子どもに向かってつい使ってしまいます。横断歩道をわたるときなどは仕方ないですが、大人から見て子どもがグズグズしている場合にあまり言ってしまうとそのうち子どもたちは「今やろうと思ってたのに」→「うるさいなぁ」→「だまれ」に変化してしまうかもしれません。心に余裕をもてるようお互いに気をつけましょう。もう一枚の写真はイングリッシュクラブのメンバーが制作してくれたものです。きれいですね。この松ぼっくり、どこかで見たような気がしますが・・・忘れてしまいました。

<

11月29日(水)

まほら藤井寺

日曜日のまほら藤井寺の表彰式に間に合わなかったのですが、参加しておられた市内の校長先生からお写真をいただきました。ありがとうございました。表彰式での態度は立派だったと聞いています。

<

11月29日(水)

授業(2年3組)

担任の先生が怖い顔をしています。どうやら休み時間に小さなトラブルがあったようです。子どもたちも私も先生がどんな話をするのか息をひそめて見守ります。「みなさん、休み時間に運動場で遊ぶことは大変いいことだと思います。縄跳びをする人は縄跳びをする。鬼ごっこをする人は安全に気を使いながら鬼ごっこを楽しむ。それはいいことだと思います。ただ、縄跳びをしていた人が急に縄跳びをしながら鬼ごっこに加わってしまったことはみなさんどう思いますか。先生は大変あぶないと思っています。」みなさん理解できたところで、急に先生の顔がおだやかな笑顔にかわりました。ほんの2分間の出来事でした。そして算数の授業を参観しました。まずはじめに「かけ算プリント50問」からのスタートです。「用意、はじめ!」みなさん真剣に取組んでいます。1分以内に完成するひともいました。答え合わせでは「先生、間違えた」という児童と「また明日がんばればいいよ」という担任。なかなかいい感じです。今日のめあては「長方形と正方形と直角三角形をかこう」です。みなさんしっかりと学習にはげんでくださいね。教室の後ろには先日収穫したさつまいもが描かれていました。たいへん上手だと思います。

11月29日(水)

おもちゃランド(2年生とひまわり)

2年生とひまわりの子どもたちが楽しく交流することができました。教頭先生の言葉をかりるとワチャーとなっていて誰が誰かもよくわかりませんが、みなさんの活気と楽しそうな笑い声が教室内をこだます楽しい交流となりました。2年生の子どもたちがそれぞれのブースでルールを説明してくれます。私にも一生懸命説明してくれます。よく理解できない説明もありましたが、ゲームが正く進んでいるところをみるとお互いは理解できているようです。ジェネレーションギャップを感じました。

11月28日(火)

クイズラリー(1,6年生)

お昼休みに行われている図書委員会とブックままさん主催のクイズラリーに1年生と6年生が参加しました。ラリーを制覇すると景品がもらえるそうです、1年生のみなさんも6年生に支えられながら一緒にがんばっていました。

11月28日(火)

靴の叫び(5年4組)

勝手に靴の叫びとよんでいますが、素晴らしい作品が掲示されていました。5年ルームには算数の公式などがいっぱいでひと目見てわかる仕掛けがありました。道徳で学習したのかな。テリー伊藤さんもなかなか良いことをいうと感心していました。

11月28日(火)

習熟度別学習教育委員会学校訪問(4,5年生)

算数における習熟度別学習授業の参観に藤井寺市教育委員会の高橋指導主事と岸指導主事がきてくれました。習熟度による少人数での授業は学習効率もあがりきめ細かな学習指導もできるため、教育委員会にはその加配確保のため大変努力していただいております。児童のみなさんもしっかり授業をがんばってくれています。修行僧も委員会視察とあって、左足を台にのせ張り切っています。

11月28日(火)

ドッジボール大会(4年生)

昨日4年生ドッジボール大会がおこなわれました。参加した修行僧の話では晴天のもと全員が一生懸命にボールを追いボールを投げ、熱のこもった応援も素晴らしく見ていて気持ち良かったそうです。修行僧に「どこが優勝したのですか」と尋ねると少し間を置き「勝敗うんぬんよりも全員が全力を出し切ったことに価値があるのです」となかなかイキな答えが返ってきます。「で、どこが優勝したのですか」「ははは、知りません」さすが修行僧、白々しさ満点です。(注、本人了解済・多小着色有・文責校長)

<

11月27日(月)

ウィルマンガムの不可解な行動パートⅦ

思い返してみるとウィルのしでかす不可解な行動も七度目を数えることになります。だいたい1ヵ月に1回のペースです。もしかして発見しているのは氷山の一角なのかもしれません。またもや修行僧と自転車置き場付近でコソコソと怪しい行動をとっていました。怪しんでいることをさとられないように平静を装い、できるだけ自然にそしてさわやかに「何してるの?」と問いかけると驚いた様子の修行僧が作成しているのもを隠すように「秘密です」と答えました。証拠写真は残してあります。またご報告します。

11月27日(月)

脱穀作業(5年生)

5年生のお米づくり、本日脱穀作業にとりかかりました。慣れない作業ですが一粒一粒丁寧に脱穀していきます。みなさんがんばってくださーい。

11月26日(日)

青少年健全育成市民会議・まほら藤井寺

青少年健全育成市民会議では6年2組の宮本さん、まほら藤井寺では3年2組の木原さん、1年1組の梶川さん、4組の梶原さんが表彰されるということで参加させていただきました。(まほら藤井寺での表彰式には間に合わなかったのが残念です)10月と11月は休日に沢山のイベントや行事があります。みなさん、楽しんでください。

<

11月24日(金)

モンゴルの白い馬(全学年)

2年に一度の観劇がありました。(音楽鑑賞と観劇が一年おきにあります)劇団風の子による「モンゴルの白い馬」。鑑賞し終わった子どもの中には涙する子どももいました。ライブはTVや映像と違い、五感で役者の心や息遣いを感じることができます。

11月22日(火)

第48回大阪府小学校道徳教育研究発表大会

道徳教育は子どもたちの心のトレーニングの場であるともいえます。今日行われた大会は「よりよく生きるための基盤となる道徳性を養う道徳教育」の主題のもと、5ヵ月後から実施されます「特別の教科 道徳」での実際の授業と評価を想定し、指導と評価の一体化のあり方についての研究の一端を公開いたしました。1-4、2-1、2-3、3-1、3-3、4-1、4-4、5-1、5-4、6-3の先生方と児童のみなさん、本当にお疲れさまでした。みなさんの授業が大阪府に発信されました。たくさんの来賓や先生方に藤小のこどもは素晴らしいと言っていただきました。

11月22日(火)

ひまわりタイム(ひまわり)

3学期に富田林のすばるホールで「なかよし作品展」が開催されます。心を込めて制作された力作が多く毎年楽しみに見学させていただいています。藤井寺小学校では「自分たちのまちをつくろう」というコンセプトで作品づくりが始まりました。立体的な自分の家をまちに設置していきます。ところでみなさん、4枚目の写真の家は何に見えますか。私が制作者に答えを言うと「ブッブー、チョコレート味のソフトクリームの家」だそうです。失礼しました。どんなまちができるのかな。当日を楽しみにしています。

11月21日(火)

児童集会

全校児童が集まるのは7日の音楽集会以来です。今日は集まりも切り替えも早く前回の反省がいかされています。「校長先生からのお話」では失敗から学ぶということについての話をしました。先日地域の方からお怒りの電話がありました。内容は「本校児童数人が入ってはいけない場所に入っていること」「移動させてはいけないものを移動させていること」でした。本人たちは反省と謝罪をし、自分たちの判断で現場の後片付けを担任の先生と一緒におこないました。失敗してもそこから責任(後始末)について学び、大きく成長してくれたと感じています。話かわり安全担当の高木先生からは不審者が校内に入ってきた場合のとるべき行動の詳しい説明がありました。またその時に流れるサイレン音、第2段階の笛の音、第3段階の放送内容の説明がありました。「みなさん、わかりましたか!」「ハ~イ!!」体育館を揺らすほどの元気な返事が返ってきました。フムフム。しかし本当にわかっているのでしょうか。子どもたちは「返事だけは100点満点」ということが時々あります。少し心配です。おうちでも確認しておいてください。また先日のMOAの表彰も行いました。写真は産経新聞社賞を受賞した絵画の部の2年生の舛杏香さん、書写の部の5年生の大橋凛乃さんです。おめでとう。今日はみなさんしっかり反応し集中できた良い集会でした。教室への帰り道の廊下で1年生の男子児童が泣いているのを見かけました。すでに6年生の男子児童2名が対応してくれていました。「おまえら泣かしたんか」「ちゃうわい」とからかわれながらも、泣いている理由(腹痛)を聞き、なだめながらも最後まで寄り添い担任に引き渡していました。小学校では毎日色々な出来事がありますがまずは良い一日のスタートです。ありがとう。

<

11月20日(月)

秋ランド(1年生)

先日の秋みつけで採集したものを利用して1年生のみなさんが保育所・幼稚園のお友だちを招待して秋ランドを開催しました。1年生のお兄ちゃんお姉ちゃんが保育所・幼稚園のお友だちを気づかう場面が随所にみられ、自分たちも楽しみながらおもてなしの実践をしてくれていました。みなさん偉かったよ。今日はまだ11月というのに冬のような冷たい雨が降っています。みなさん、よく食べ、早寝早起きをして風邪をひかないように気をつけてください。

11月20日(月)

Make a line. Make two lines.

今週の英語はMake a line.(列にならんで) Make two lines.(2列に並んで)です。体育の授業などで活用できます。2時間目、1年生のこどもたち主催の秋ランドに参加するため幼稚園と保育所のこどもたちがやってきました。

<

11月19日(日)

藤井寺ブロック自主防災訓練②

本校のこどもたちも家族とともに参加してくれていました。また、若い世代の参加もあり、訓練としては素晴らしかったと思います。関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。写真は先日の台風21号の時にも活躍された地区の消防団員のみなさまです。藤井寺市をよろしくお願いいたします。

11月19日(日)

藤井寺ブロック自主防災訓練

本当にたくさんの方々の参加のもと、本校運動場で藤井寺ブロック自主防災訓練が実施されました。藤井寺工科高校の生徒会を中心とした生徒のみなさんも救助する側として訓練に参加してくれていました。運搬法、災害準備品、初期消火訓練、煙霧体験、心肺蘇生法、バケツリレー、高度救助訓練、天ぷら油引火の消火方法など学びの多かった訓練でした。

11月17日(金)

九九名人(2年生)

毎日ぞくぞくと九九名人が誕生しています。教室でできていても校長室に入ると緊張し、3秒オーバーしてしまう児童も続出しています。がんばれ2年生!

<

11月16日(木)

おいもほり(2年生)

2年生がさつまいもの栽培をしていたなんて知りませんでした。運動場教室前の植え込みです。立派なさつまいもが収穫されました。さつまいもの周りの土の中にはコガネムシの幼虫もいましたね。土が自然で健康なあかしです。

11月16日(木)

むかしあそび

20分休みを利用して本校体育館でむかしあそび体験がおこなわれました。指導していただく先生は民生委員児童委員のみなさんです。参加してくれた教頭先生にどうでした?と尋ねたところ「ワチャーってなってましたわ。でもメッサ楽しそうでした。」メッサじゃなくメッチャでしょう。いやいや、正しくは「とても楽しそうでした」ですね。

11月16日(木)

Good!藤井寺大好き絵画コンクール

藤井寺大好き絵画コンクールの入賞者は3年2組の木原さん、1年1組の梶川さん、4組の梶原さんです。26日に城山古墳特設ステージで表彰され、12月12日から一ヶ月間市役所ロビーで展示されます。やりましたね。

<

11月16日(木)

Good!国際平和ポスター(6年生)

国際平和ポスターの藤井寺市最優秀賞は6年の利光さんです。市で2名の優秀賞は鷲尾さん。佳作が中方さん、福永さん、芝滝さん、松川さん、岡崎さんでした。藤小スゴイ!

<

11月16日(木)

Good!人権啓発ポスター

人権啓発ポスター入選者のみなさんです。本校から特選がでております。ゆりの花と共に写っているのが5年2組の森川さんです。入選者は5年1組の大橋さん、今井さん、山本さん、宮原さん、松永さん、萩原さん、5年3組の東さん、安藤さん、5年4組谷村さん、藤本さん、4年1組河内さん、平野さん、4年2組の宗清さんでした。おめでとう!

11月16日(木)

絵本の読み聞かせ(1,2年生)

今日の絵本の読み聞かせは1,2年生です。8名のブックママさんに来ていただきました。写真は1年生1組~4組の様子です。校内にはオルゴールの音色が聴こえるか聴こえないかの音量で流れています。子どもたちは目で絵本の絵を確認しながらブックママさんたちの声の抑揚で場面の変化や心情をライブで感じとっていきます。

11月14日(火)

藤井寺市小中交流会(ひまわり)

藤井寺市の小学校・中学校の交流会が本校体育館で行われました。あいにくの天候と寒さでしたが体育館は温かい空気に包まれた二時間でした。「今日の交流を終えてどうでしたか」という質問に道明寺中学校の生徒の答えがみなさんの心にのこる締めくくりとなりました。「小学校6年生と中学校3年生にとっては最後の交流会です。たた、小学校6年生は中学校になればまた会えるけど中学校3年生にとっては本当に最後の交流になります。私は楽しかったこの交流会に参加できて良かったと思っています。」出会いがあり、つながりが生まれ、別れがある、またいつかお互い成長しての再会を楽しみにしておこうね。

11月13日(月)

藤井寺ブロック防災訓練

11月19日(日)9:00~12:00に本校運動場で藤井寺ブロック防災訓練があります。今日の放課後、レスキューが本校において事前打合せを行っていました。かなり大がかりな訓練になりそうです。

<

11月13日(月)

Let's study English.今から英語の勉強を始めます。

今週の英語はLet's study English.(今から英語の勉強を始めます)です。小学校での英語教育の本格実施が始まっていきます。ウィルがいつものように英語の教材を作成しています。人生で初めて話をする外国人がウィルという子どもたちも多いはず。それがすなわち英語との出会いになり、ウィルはいつもその出会いを大切にしています。

<

11月13日(月)

花いっぱいプルジェクト(1年生)

春に行われた2年生の取組みに続き秋は1年生の役割となった今回の花プロ。ベンチ班、プランター班に分かれて花植えを行いました。植え替えが終わったあとは近くの事業所の方々に水やりをお願いして回ります。みなさん、よくやった。またレポートします。保護者の皆様もありがとうございました。

11月12日(日)

藤井寺支援学校文化祭

「やってみよう!同じ日は二度とないんだから、一緒に走ろう、そこがスタートだ!!」を合言葉に藤井寺支援学校文化祭がスタートしました。「ちいさなくつやさん」「ブレーメンのおんがくたい」「みんながみんな英雄」の劇をみせていただきました。とても良かったです。先生方とともに演じ切った作品に会場は一つになっていたと感じています。藤小とは全く関係ないですが、写真は紅葉に染まる淡山神社です。プロと私の写真の違いに・・・やっぱりプロはすごい。

11月11日(土)

元気ひろば・MOA美術館藤井寺市児童作品展

11日の土曜日はあいにくの天候のため元気ひろばは図書館にみの開放でした。それでもたくさんの子どもたちがやってきてくれました。雨が続いて行事が延期になったり中止になったりしていますがみなさん静かに本を読んでいました。体育館ではMOA美術館藤井寺市児童作品展の表彰式が行われました。MOAとは美術館の創始者である(岡田茂吉氏)モキチ・オカダ・アソシエーションのことです。次の世代を担う子どもの創作活動を奨励するという大きなスローガンのもと長年にわたって活動されている実行委員の皆様の熱意と努力に感謝します。本校からは絵画の部で2年生の舛杏香さん、5年生の大橋凛乃さんが産経新聞社賞を受賞したほか108名の特選・入選作品がありました。かなりの力作がそろっていました。審査員講評ではわれらが修行僧が「自分の作品の良さをもう一度確認するとともに他の人の作品の素晴らしいところを発見してください」と締めくくってくれました。

11月10日(金)

Upro3(藤井寺北小学校)

藤井寺市学力向上推進支援事業、それがUpro3(アップロスリー)です。プロフェッショナル(専門性)、プロセス(研究過程)、プログレス(前進する)の3つのプロにアップをかけたネーミングです。藤井寺北小学校で行われた研究会に本校教員も全員で参加しました。先生方の授業力向上は子どもたちの学力向上につながります。講師の山本先生の「言葉の基礎体力」「発信するには蓄えが必要」という教えが胸に刺さりました。

11月10日(金)

社会見学(3年生)

3年生のみなさんと一緒に校区にある山田紙管株式会社に社会見学に行ってきました。原材料から製品に仕上がる様子を社長さん自らが説明してくれました。社員さんたちの説明も子どもの目線でわかりやすく、作業中の社員のみなさんにもたくさん協力していただきました。2時間近くも時間を割いていただき本当に感謝です。それにしても3年生のみなさんの聞き上手さに感心します。説明にたいして「へぇ~」「すごーい!」などのリアクションが絶妙です。たのしく学びの多かった社会見学でした。

11月10日(金)

お米づくり(5年生)

5年生のみなさんが吉田さんの指導を受けながら愛情をこめて育てたお米が無事成長し収穫の時期を迎えました。一人ひとりはじめて手にするカマを持って収穫していきます。近くで見学しているだけですが土の匂いと稲穂の香りが心地よく、子どもたちの嬉しそうな様子も感じとることができました。古澤先生が右手にカマを持って子どもを指導しています。今怒らせると危険ですよ。みなさん、しっかり作業しましょう。

11月9日(木)

授業(3年2組)

行事続きでじっくりと子どもたちの授業の様子を参観するのは久しぶりです。今日は3年2組の授業(算数)にお邪魔しました。次の時間が体育ということなのか大半の児童が半そで半パンの体操服でした。もう11月の半ば。スーツでも寒いと思う季節ですが写真だけみると季節は夏です。みなさん本当に元気です。昔は「こどもは風の子」とよく言ったものですが・・今の時代でもこのクラスには当てはまるようです。プリントを使いながらの授業ですが2組の子どもたちはよく手があがりよく発言します。先生との言葉のやり取りも多く元気いっぱいです。千の位、百の位、十の位、一の位、小数点、その下の位の質問がありました。「んっ?言葉がでてきません」少数第一位でした。みなさん、がんばってね。

11月8日(水)

連合音楽会(5年生)

7つの小学校、それぞれの特徴があり見ごたえのある素晴らしい音楽会でした。準備いただいた方々に感謝しなくてはなりませんね。私は13時過ぎにパープルホールに到着しましたが、客席にはすでに藤井寺小学校5年生のみなさんが緊張した面持ちで座っていました。本校5年生の先生方も全員みなさんと一緒に同じ目線で着席していました。5年生の一体感が伝わってきました。この時すでにみなさんの合唱と合奏の成功を確信しました。おうちの人にも聞かせてあげたかったなぁ。

11月8日(水)

九九の最終試験

2年生では九九の最終試験に合格すると免許がもらえるそうです。最終試験の試験官は校長です。「コンコン」「どうぞ」「失礼します」「2年~組の~です。九九の試験を受けにきました」2年生とは思えない対応です。すばらしい!試験は5問連続正解で合格、1問につき持ち時間は3秒しかあたえません。今日のメンバーは無事合格しました。「はい!写真とるので後ろを向いてください」後ろ向きなのに姿勢がいいのでこちらは笑顔になります。ありがとう。

<

11月8日(水)

ひまわり交流会(6年生)

今日のひまわりタイムは6年生のみなさんとの交流です。班ごとに工夫された出し物に互いの交流がすすみます。交流がすすむと顔見知りになり困っている時も助け合える存在にもなります。「どうしたん?」「大丈夫?」「なにかあったの?」「よかったね」大人も子どもも交流は楽しいし大切です。

11月7日(火)

音楽集会(全校児童)

音楽委員のみなさんが進行や楽器を担当し、全校児童が各クラスで練習してきたことを発表する音楽集会がありました。今日はじめて合わせたことを考えると大変良かった感じています。音楽委員のみなさん、今日までの準備本当にお疲れさまでした。ただし全校児童のみなさんは少し反省しなくてはなりません。2学期に入ってこれまでの集会では先生に注意されることなく聞く姿勢と態度ができていたみなさんですが、今日の集会では出番があるからなのか、なかなか集中できなかったですね。これは反省ですよ。次回の集会を期待しています。しかし、そんな他学年児童をだまらせる迫力が5年生の発表にはありました。すごかったし感動しました。明日の連合音楽会が楽しみです。明日は互いを信じて150%でいきましょう。

11月7日(火)

立派です!

先日行われた市民表彰で本校2年1組の浅野秀明さんが人命救助賞を受賞しました。昨年度の1月、側溝に転落し動けなくなったご年配の女性を浅野さんは友人(藤北小)とともに発見、大人に通報し女性も無事救助されたということです。浅野さんは「僕は何にもしてないのに表彰された」と担任の先生に言っていたそうです。特別なことをしたという認識がないところにさらに尊さを感じます。人の命を救ったということを考えると浅野さんとお友だちのしたことは表彰以上に立派な行為だと思います。偉かった!

<

11月6日(月)

中学校体験入学(藤井寺第三中学校)

第三中学校ではたくさんのクラスにわかれて中学校の授業を体験しました。部活動体験はないものの生徒会からのお話や歓迎の催しがありました。あと5カ月でみなさんの中学校生活がスタートしますね。どんな中学校生活になるのかな。「期待以上のものに出会うよ、でも覚悟しておくといい。言えないから連れてきた思いは育たないままでしまってある」BUNP OF CHICKENの魔法の料理の歌詞のフレーズです。さぁ、楽しみにしておいてください。でも同時に中学生になるという自覚や覚悟も必要なのかもしれませんね。

11月6日(月)

中学校体験入学(藤井寺中学校)

藤井寺中学校、広島市出身の坂戸竜之助(たつのすけ)先生の広島弁が笑いとともに教室を包みます。出席を取っているだけなのにみなさん笑っています。国語の授業をしていただきました。部活動も建て替え工事のため小さい運動場ですがみなさん楽しく体験していました。みなさんの入学と同時に新校舎での生活がスタートする予定です。

11月6日(月)

今週の英語と給食理事会

今週の英語は「What't ~ in English?」「~は英語で何ですか」です。職員朝礼でウィルの後に続いて読みあげます。どちらかというと英語が苦手なわたしでも少しずつ慣れてきたような気がします。話変わり本日給食理事会がありました。参加者は藤井寺市、柏原市の全校長と委員会、給食センター、PTA代表です。学校給食会には理事会の他に給食主任会、業者選定委員会、献立委員会、物資購入委員会、給食費対策委員会があり学校給食について話し合われています。昭和46年より始まった藤井寺市の給食、今年で46年目になるそうです。歴史を感じます。

<

11月2日(木)

すごいぞ!

「青少年健全育成作文」の選考結果がでました。6年2組の宮本拓さんが優秀賞にえらばれました。11月26日の青少年健全育成藤井寺市民会議の中で表彰されます。おめでとう。続いて「明るい選挙啓発ポスターコンクール」において6年3組の山根久乃さんの作品が1次審査、2次審査を通過し3時審査に入りました。これはスポーツでいうと地区予選→大阪大会→全国大会に匹敵する結果だそうです。おめでとう!

<

11月2日(木)

絵本の読み聞かせ(読書タイム)

修学旅行、台風21号、22号、3年5年生藤井寺支援交流、秋みつけ、ハロウィン、藤幼運動会、日曜参観など子どもたちも先生も行事がつづいています。その疲れがピークに達すると思われる木曜日の朝の読み聞かせ活動は子どもたちにとってもまた教師にとっても心が整いかなりの癒やしになります。本来の目的とは少し違うかもしれませんが、ブックママさん、ありがとう。昨日話題にさせていただいた親学習についてですが、申し込み期限が10月末日となっていました。申し訳ありません。期限は過ぎていますがまだ参加者を募集しています。参加、よろしくお願いします。

11月1日(水)

PTA親学習

12月9日(土)にPTA主催、保護者対象の親学習が実施されます。親学習とは、子育てについての身近なエピソードを題材に保護者どうしや地域の人といっしょに親と子の関係や子育ての楽しさについて話し合い、伝え合うことをとおして、親自身が成長していく学びでだそうです。写真はファシリテーターのみなさんです。ファシリテーターの話によると、これまでこの研修を実施して「参加して良かった」と帰られる方が多いそうです。参加申し込み用紙はすでにお子さんを通じて配布済みです。確認しておいてください。

<

11月1日(水)

給食試食会

今日は保護者のみなさまに来ていただいての給食試食会です。給食センターの栄養士さまからのお話の後、みなさんで試食しました。美味しかったとなかなかの好評でした。担任が手洗いセットを持っています。風邪の季節、食事前の手洗いうがいは必須ですね。佐原学級マスク着用率100%をうけて修行僧が配膳室前でおたけびのガッツポーズをしています。決してあばれているわけではありません。ご安心ください。

10月27日(金)

秋みつけ(1年生)②

みんなと木陰でお弁当。美味しそうです。ハグリットとハリーポッターがホグワーツ城近くにある禁断の森(禁じられた森)に入っていきます。あっ、違います。和田先生と男子児童が城山近くの森(茂み)に入っていきます。藤井先生が「校長先生、あたらし先生みたいに、藤井先生は葉っぱに何を話しかけているのでしょうか、というのはどうですか」と白々しいポーズをとっています。近づかないようにしましょう。

10月27日(金)

秋みつけ(1年生)①

秋をみつけに1年生のみんなでお弁当を持って城山古墳に行ってきました。秋みつけには最高のお天気です。秋はみつけられたかな。世界文化遺産になる可能性が高くなった古墳です。古代ロマンが子どもたちをやさしく包みます。あちらこちらで先生こけた~という子どもたち。見ていてハラハラしますが、多小のすりきずはしかたないかなぁ。でも本当に楽しそうでした。

10月23日(月)

キセキの修学旅行⑨(6年生)

パルケエスパーニャには「ピレネー」という心臓に悪い乗り物がありました。古澤先生に連れられて乗ってみました。二度と乗らないと決意して帰りました。この二日間、楽しかったことはもちろんですが、信楽での陶芸というものづくりの経験、水族館での生き物の不思議と飼育員の様子、お宿でのおもてなしの心、買い物での明るく楽しく感じさせてくれるお店の方々の雰囲気、先生や仲間とのつながり、本当に良い修学旅行でした。みんなお疲れ様。ありがとう。

10月23日(月)

キセキの修学旅行⑧(6年生)

朝のさんぽは気持ち良かったなぁ。クラスみんなで海を見つめています。このころに戻ってみたくなりました。

10月23日(月)

キセキの修学旅行⑦(6年生)

夜の学年レクの様子です。みなさん、いままであまりお話をしたことのない人とも話すことができました。ブルゾンちえみも登場しました。

10月23日(月)

キセキの修学旅行⑥(6年生)

夜のお買いもの散歩も楽しかったですね。昔ながらのお土産やさんは「千と千尋の神隠し」の世界に入り込んだようです。私とのスリーショットは右から道明寺南小学校の浅野校長先生、次に帽子をかぶりメガネをかけているのが道明寺東小学校の多田校長先生です。あ、間違えました。その隣です。みなさん周りの雰囲気になじんでいてなんとなく妖怪っぽく見えますね。

<

10月23日(月)

キセキの修学旅行⑤(6年生)

浜千代旅館の女将さんからは食事の注意点、火災時の避難方法、地震時の避難方法を中心に保護者や先生方に対する感謝の心、仲間とのつながりと別れ、そして再会などについて女将さんの経験を通して教えていただきました。地震と火災では避難する方向も場所も違いましたね。一流旅館のプロ意識を感じさせるとても良いお話でした。

10月23日(月)

キセキの修学旅行④(6年生)

鳥羽水族館では道明寺南小学校も一緒でした。たくさんのお魚や水生動物を見ることができました。さて、問題です。あたらし先生はいったい何をしているのでしょうか。次の三つから選んでください。①水槽で泳ぐ魚たちを見つめ、ひとり静かにたそがれている。②水槽で泳ぐ魚たちに魚言葉で話しかけ会話を楽しんでいる。③水槽で泳ぐ魚たちを見つめ、どの魚が美味しそうなのかをぎんみしている。正解はあたらし先生ご本人に直接聞いてみて下さい。優しく答えてくれますよ。

10月23日(月)

キセキの修学旅行③(6年生)

信楽での昼食風景です。冷えた身体に暖かいおうどんが最高でした。タヌキたちの中に藤井先生がいます。見つけられるかな?

10月23日(月)

キセキの修学旅行②(6年生)

陶芸体験の様子です。未来の陶芸作家はいるのかな。土をこねている間は無心になれますね。二ヶ月後のでき上がりが待ち遠しいです。藤小には心優しき勇者がたくさんいます。常にこういうシーンを見ることができました。

10月23日(月)

キセキの修学旅行①(6年生)

あいにくの雨、しかし、この二日間、信じられないような不思議な天候が続きました。今年度の修学旅行を「キセキの修学旅行」と名付けました。雨の中の出発、バス走行中も雨、ところが信楽に到着してクラス写真撮影の20分間だけ雨が止み、陶芸教室中は雨。その後のバスも雨、鳥羽水族館も雨でしたが、またもやクラス写真撮影の20分間だけ雨が止みました。伊勢に到着し駐車場からお宿に移動中も雨がやみました。お宿に到着し、部屋に入る頃再び小雨。夜の散歩(お土産タイム)には雨が止み、宿舎に戻ったタイミングで小雨。2目の朝の散歩(夫婦岩)には雨が止み、パルケまでのバスはけっこうな本降り。しかし、パルケ到着5分前に雨があがりました。本当に「キセキの修学旅行」でした。

<

10月16日(月)

トイレの神様(5年2組)

5年2組男子4名がトイレ掃除をしたので点検してほしいと訪ねてくれました。あいにく私が不在でしたので教頭先生が確認してくれました。私も後ほど確認しましたが、南館3Fトイレは隅々まで掃除されピカピカで清潔感が漂っていました。「トイレの神様」という長い歌の歌詞の中にこんなフレーズがあります。「トイレにはそれはそれは綺麗な女神さまがいるんだよ。だから毎日綺麗にしたら女神さまみたいにベッピンさんになれるんだよ」ここでいうベッピンさんとはその人の心じゃないかと感じています。4人の心もきっとベッピンさんになっていると思います。そこを使う人の心もベッピンさんになっていきますね。ありがとう。マスコットキャラクターの名前が決定しました。「ふじのん」です。みなさん、よろしく!。今日は寒かったですね。秋が深まってきました。ウサギたち、冬の期間大丈夫かな。みなさん、風邪をひかないよう気をつけてね。

10月3日(火)

ホームページ四天王

「ホームページ四天王ってだれのことですか」という質問を保護者からもこどもからも受けてしまいました。紹介します。一人目は不可解な行動をとるテキサス州出身のアメリカン、本校ALTのウィル・マンガム先生。いつも子どもたちに発音の良すぎる英語を教えています。二人目は白々しい笑顔が得意な修行僧、本校首席の梶谷先生。頭にタオルをまいてマンマルお目々をしています。三人目は現金すくいのドヤ顔スプリンター、本校生徒指導担当の藤井先生。カブトムシ飼育に成功しています。四人目は心優しきハグリット、ひまわり担当のジャイアント和田先生。和田先生の手に乗っているのは、四天王の座を虎視眈々(こしたんたん)と狙っている小西先生です。お叱りを受けない程度に登場してくれますので今後ともよろしくお願いいたします。(注:本人了解済。今年度限り有効。判断基準は主観)

9月26日(火)

全校集会とウィル・マンガムの不可解な行動パートⅥ

今日の全校集会は見ごたえがありました。風紀委員のみなさんが正しい廊下の歩き方や正しいスリッパの揃え方等学校生活におけるいくつかの点をとりあげ寸劇をしてくれました。帽子をかぶらなかったお兄さんは倒れていましたね。その後、安全担当の高木先生からJアラートが実際に発令された時にとる行動の話や実際にどんな音がなるのかを聞かせてくれました。不気味な音でしたね。集会も終盤にさしかかった頃、またもや本校ALTのウィルが児童数人を従えて前にでてきました。久しぶりの登場です。「マスコットキャラクターの名前の候補が二つにしぼられた。次回の集会で投票してもらうので考えておけ」というものでした。あの赤い箱はどうなったのでしょうか。不可解です。

平和を意識した1日

今日は1年生の給食センター見学、5年生の保育所・幼稚園交流、6年生のキッズ商店街の3つの大きな行事がありました。駅前の2年生が育てた花、壁に掲示された子どもたちの作品、そして子どもたちの笑顔を見ていると、この笑顔を消さないために私たちには何ができるんだろう、何をしなければならないのだろうかと考えます。藤井寺小学校には戦争を体験した人は一人もいません。子どもたちとともに平和の意味と大切さを共に考えていきたいと思います。今日の朝、全国瞬時警報システム(Jアラート)が発動されました。子どもたちの不安をあおる必要はないと考えていますが、万が一の対応については今後考えていく必要があると思います。

9月7日(木)

集団下校訓練(全校児童)

心配していた集団下校訓練でしたが、今回は計画時間よりも早く下校体制が整い、大きな混乱もなく集団下校することができました。前回の訓練がいかされています。さすがは藤小生ですね。訓練ではまず1年生が全員体育館に集合します。2~6年生は地区コースごとにわかれて決められた教室に集合します。その教室から6年生が体育館にいる1年生を迎えにいきます。欠席児童の確認、学童の把握などは教師が担当します。また、地区毎に教師が引率します。1年生のみなさんは6年生に手をつないでもらい帰っていきました。今回カメラにSDカードを入れ忘れてしまったので、よく似た写真を見つけてきました。児童のみなさんは1枚目のように集合し、2枚目のように帰っていきました。

<

8月7日(月)

ウィル・マンガムと修行僧と南方系の怪しい植物(経過報告と注意喚起)

本校ALTのウィル・マンガムと首席の梶谷修行僧の密会の様子です。いつになく真剣なまなざしで2学期に向けた企みを話し合っています。夏休みに入ってこのような場面が益々ふえてきたことが気がかりです。もう1枚の写真は南方系の怪しい植物から採取されたものです。爆発物の可能性があり危険です。みなさん、お気をつけください。

<

7月20日(木)

親愛なる藤井寺小学校の仲間たちへ

1学期、本当に良くがんばりました。たくさんの感動をありがとう!!また、元気な顔を見せてくださいね。みんな、待ってるよ!!       職員打合せに出席せず、教師集団から外れている二人(藤井先生と小西先生)。なぜこんなに大きい態度をとるのか、理由がよくわかりません。二人ともパンダに見えてきました。夏休みとはいえ要観察です。

7月19日(水)

生命(いのち)

今日、登校(通勤)途中、外環状線を車で走行していると、生まれて間もない白い仔猫が死んでいました。車にはねられたのだと思います。悲しい気持ちで校門にさしかかると、3人のこどもが集まっています。羽化寸前のセミの幼虫が転がって死んでいました。そっと植え込みにおいてやりましたが、大空を自由に飛び回りたかったのだろうと思うとやはり悲しい気持ちになりました。あるお医者さんがこんなことばを残しています。「命とはそれぞれに与えられた時間」。仔猫とセミの幼虫の時間は止まりました。再びこの子たちの時間が動くことはありません、そんなとき、3年3組担任の須田先生がにこやかに校長室にやってきました。3組のカブトムシが卵を産み、その卵から小さな幼虫が生まれたそうです。3年生がしっかりといのちをつないでくれました。カブトムシの時間が動き出しました。本当にうれしかったです。大切な生命(いのち)、大切な時間。ところで、南方系の怪しい植物もとうとう花を咲かせました。見覚えのある花ような気もします・・・これも大切ないのちかな、修行僧・・・「そうです。大切ないのちです。」画面の向こうからまんまるおめめの修行僧の声が聞こえてきそうです。明日は1学期終業式。

<

7月7日(金)

ALTウィル・マンガムの不可解な行動(パートⅤ)

ウィルと修行僧の姿が校内のどこにも見あたりません。まさか!と思いお隣の幼稚園をのぞいてみると、またもや園児たちに良からぬ踊りと変に発音の良い英語を教え込んでいます。下の写真は、子どもたちに睨みをきかせているウィル・マンガムと白々しい笑顔の梶谷修行僧の様子です。飴とムチを巧みに使い分けていることが伺えます。とうとう藤井寺幼稚園の三浦園長代理、本校の西村教頭まで良からぬ踊りを披露し、仲間に加わってしまいました。教育委員会に報告・連絡・相談を検討しています。

6月30日(金)

ALTウィル・マンガムの不可解な行動(パートⅣ)

ひそかに張り込みを初めて10日目の今日、ついに本校ALTウィル・マンガムが動き出しました。藤井寺幼稚園で梶谷修行僧と合流し、しきりに2人でウィルの故郷であるテキサス州の事を英語を交えて語っています。写真では梶谷修行僧がウィルの指示で園児の一人をロープで縛ろうとしている風にも見えます。幼稚園イングリッシュの取り組みは、幼稚園と小学校の段差(小1プロブレム)の軽減、できるだけ早い時期から英語にふれる、幼稚園と小学校の交流などを目的にウィルが来た3年前からスタートしました。スクールフレンドやインターンシップの学生さんも参加し、園児たちも楽しそうにスライド・会話・ゲームに参加してくれました。・・・表向きは・・・しかし、終始にこやかなウィルのメガネに隠された瞳、アイアイのようなまんまるな梶谷修行僧の目の奥の瞳が笑っていないことを私は気付いています。

6月22日(木)

思わず、シャッターをきってしまいました。

集団下校訓練の前の一コマです。4年生児童とヒロ先生、二人で給食配膳車を眺めながら語り合っています。心があったかくなり、思わず、シャッターをきってしまいました。もう一つは、校務員の乾さんがプールの危険と思われる個所を整備してくれています。感謝です。

<

6月20日(火)

本校ALTのウィル・マンガムが仕事をしています。パートⅡ・スクープ!!(6年生)

ウィル・マンガムが今日もまじめに仕事をしています。しかも、担任の宗野先生とのコラボは面白く引き込まれてしまいます。引き込まれてしまってはウィルの思うつぼです。右の写真はウィル・マンガムと梶谷修行僧の密会の現場をカメラにおさめたものです。距離があったので話の内容は聞き取れませんでしたが「当分・・・おとなしく・・・」という言葉が聞こえた気がします。当分はウィルもまじめに仕事をすると思われます。また情報が入り次第お知らせします。

<

6月2日(金)

藤井寺小学校の誇り高き勇者たち

昨日の大雨で運動場がぬかるんでいます。先生方と有志の子どもたちが集まって水たまりの水をスポンジで吸い取ってくれています。運動会を成功させようという意気込みが彼らから感じることができます。この仕事をしていると、教師という仕事を選んで本当に良かったと思うことが何度かあります。今日はそういう1日でした。朝から運動会前の最後の練習が低学年から高学年の順で行われました。ほんのふた月前に入学ばかりの1年生、どうなることかと心配していましたが、なんとか本番に間に合いました。首にバンダナを巻き、大きなポンポンを持って必死に笑顔で踊る姿は愛らしくかわいかったです。2年生の演技は複雑で本当によくここまでしあげたと感心しています。3年生は終始笑顔の素晴らしい演技でした。さすがは3年生です。4年生の旗を使った演技は切れがあり華やかさも兼ね備えた見ごたえのあるものとなっています。みなさんは大空に吸い込まれていくような声を聞いたことがありますか。私は今日、5年生の最終演技でそれを聞くことができました。鳥肌が立つような本当に素晴らしい演技でした。私たち教員が目指す笑顔、その笑顔が6年生の最終練習で見ることができました。達成感とそこからくる満足感から湧きあがってくる子どもたちの笑顔。私たち教員が運動会を通して目標にしているものです。明後日が待ち遠しいかぎりです。感激したといえばもう一つ、PTA広報「HIROBA」の出来映えです。先生方の特徴をうまく表現していただいて本当にありがとうございました。

5月31日(水)

ひまわりタイムと運動会4日前

今日のひまわりタイムは体育館でのミニ運動会。サーキットトレーニングとゲーム活動です。いくつかのルールとマナーを守りながら楽しく参加することができました。朝の職員打合せで、今日は気温が高いこと、湿度が昨日異常に高いこと、先生や子どもたちも疲れがたまっていること、運動会4日前で気持ちが高ぶっていること、これらのことから今日は熱中症の起こる条件がそろっているということを先生方に伝えました。こんな時こそ十分な睡眠とバランスの取れた食事、規則正しい時間の使い方をして体調を万全にすることが大切です。よろしくお願いします。右の写真は運動会を4日後に控え、5年生の演技を見つめる6年生の姿です。6年生は何を思い5年生の演技を見つめているのでしょうか。最高学年の意地とプライドを見せることができるのか、本番を楽しみにしています。

<

5月29日(月)

全体練習Ⅱとウィル・マンガムの不可解な行動パートⅢ

運動会まで1週間をきりました。日に日に練習にも気合と気持ちが入ってきます。今回は全体練習の2回目です。暑いくらいの天気のなか、1回目とは見違える動きをみせてくれていますが、入場行進など合格点にはまだまだです。ただ、放課後に練習を重ねてきた応援団のメンバーはかなりのところまで仕上がっています。どちらも本番がたのしみです。今のところ週間天気によると雨は大丈夫のようです。放課後、体育館に応援団の練習風景を見に行きました。ふと、上を見上げてみると外国人らしき人物と修行僧らしき人物の姿が・・・。近づいてよくみてるとまたもや本校ALTのウィル・マンガムが怪しい作業を首席の梶谷先生に指示しています。窓をみると大きな張り紙に「助け」。Help me(助けて)ということでしょうか。距離を置いて見張っていると、二人は笑いながらその場を後にしました。引き続き、要観察です。

<

5月27日(土)

元気ひろばと拡大PTA運営委員会

今年度1回目の元気ひろばがありました。運動場・体育館・図書室にわかれて子どもたちは元気に活動します。(図書室では静かに落ち着いて本をよんでいます)サッカーゴール目がけて強烈なシュートを放つも和田先生の大きな体が簡単にボールを止めてしまいます。それにしても和田先生は子どもたちと並ぶとハグリットとハリー・ポッターのようです。大人も子どもも真剣勝負!みなさん楽しんでいます。多目的室では拡大PTA運営委員会が行われ、主に運動会について話し合われました。明るい雰囲気の中で、会議がすすめられていきます。今年のPTA種目は藤小オリジナル大玉おくりです。

<

5月23日(火)

児童朝会とウィル・マンガムの不可解な行動パートⅡ

全校児童が体育館に集合し、児童朝会が行われました。代議員の皆さんが運動会のスローガンを掲げてくれました。とてもいいものができ上がりました。代議員のみなさん、ご苦労さま。「う」の文字が逆さまになっているのも愛きょうです。給食委員のみなさんも給食の服装や後片付けについて説明してくれました。ありがとうございました。児童朝会も終盤に差し掛かかった時、突然、本校ALTのウィル・マンガムが児童二人を従えて登場しました。英語のような日本語のような言葉で私を錯乱させますが、子どもたちには理解できているようです。どうやら、藤小のマスコットキャラクターを決めたので皆さんで名前を考えろ、そしてこのポストに投函しろ、ということらしいのです。あんなマスコットキャラクターの存在など聞いていません。どうも怪しい。今しばらく見守りたいとおもいます。

<

5月17日(水)

ウィル・マンガムの不可解な行動

本校ALTのウィル・マンガムが1F作業室でコソコソと何やら赤くて怪しいものを作っています。事情を確認すると、子どもたちとの手紙のやり取りをするためのポストを作っているとのこと。危険性がないことを確認できましたので後日ご紹介します。

<

ナビゲーション

平成30年7月の主な行事予定

  3日(火)

  • 全校朝会

  5日(木)

  • 歯磨き指導(3年生)
  •  6日(金),10日(火) 
  • 6年つどうホール体験
  • 12日(木)
  • 花プロ(6年生)
  • 13日(金)
  • 非行防止教室(6年生)
  • 個人懇談スタート(18日まで)

 14日(土)

  • わくわくランド

 17日(火)

  • 大井水処理場社会見学(4年生)
  • 18日(水)  
  • 携帯安全教室、給食終了
  • 20日(金)  
  • 終業式
  • 23日(月)  
  • サマースクール(ひまわり)
  • 26日(木)27日(金)  
  • 林間学校(5年生)