アイヌ文化学習

長縄さんに学ぶ

毎年、長縄さんご夫妻を講師にお招きして、高学年でアイヌ文化学習を行っています。アイヌの文化や歴史について詳しく教えて頂き、楽器やアイヌ模様の切り絵等の体験学習も行います。

 

 

「イランカラプテ」

  ムックリやトンコリの演奏に子どもたちは熱心に聞き入っていました
     
 
   

  「天から役目なしにおろされたものは一つもない」というアイヌ語があります。「どんなものも、必ずそれぞれの役割を持っている。だから、むだなものは一つもない。人間も一人一人役割を持っているのだから、他をさげすんではいけないし、自分を卑下することはない」という気持ちが込められています。授業では、このようなアイヌ語や、アイヌ語に由来する地名、伝統のアイヌ文様などを学ぶとともに、音楽や踊りを体験することができ、子どもたちは意欲的に学習していました。