濃昼山道探検

 浜益小では、隔年で濃昼山道の探検と黄金山登山を5・6年生の総合学習で行います。山道を案内してくれるのは、こがね山岳会の渡辺千秋さんです。単に山道を踏破するのではなく、事前に浜益の交通の歴史について、渡辺さんを講師に学習します。豪商伊達林右衛門が開いた山道を庄内藩の陣屋があった幕末に思いを馳せながら、歩きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濃昼山道で地域の自然と歴史を学びます。